Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)吸水材、その製造方法及びゲル

(In Japanese)吸水材、その製造方法及びゲル

Patent code P170014010
File No. (S2014-0313-N0)
Posted date Apr 7, 2017
Application number P2015-555866
Patent number P6534041
Date of filing Nov 13, 2014
Date of registration Jun 7, 2019
International application number JP2014080030
International publication number WO2015102068
Date of international filing Nov 13, 2014
Date of international publication Jul 9, 2015
Priority data
  • P2013-273722 (Dec 30, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)星野 勝義
  • (In Japanese)田川 麗央
  • (In Japanese)小林 誠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title (In Japanese)吸水材、その製造方法及びゲル
Abstract (In Japanese)導電性を有する吸水材及びその製造方法を提供する。本発明の一観点にかかる吸水剤は、チオフェン重合体を含むことを特徴とする。またこの観点において、チオフェン重合体は、アルコキシチオフェン、アミノチオフェン、ヒドリキシチオフェン、及び、アルキルチオフェンの少なくともいずれかが重合したものであることが好ましい。また、本発明の他の一観点にかかる吸水剤の製造方法は、酸化剤を用いてチオフェンを重合してチオフェン重合体を含む溶液とし、チオフェン重合体を含む溶液を乾燥させることを特徴とする。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

吸水性ゲルは、紙おむつでよく知られており、水分を吸収してゲル化し、容易に廃棄できる形にすることのできる機能性ポリマーである。そして、その材料としては、ポリアクリル酸ナトリウムが主流となっている。ポリアクリル酸ナトリウムに関する公知の技術としては、例えば下記特許文献1に記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、吸水材及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
重量平均分子量の分布ピークが200以上30000以下の範囲内にあるチオフェン重合体を含む吸水材であって、
前記チオフェン重合体が、アルコキシチオフェンを重合したものであり、下記一般式で示される構造のみを有することを特徴とする吸水材。
【化1】
 
(省略)
(Rは置換基を、nは2以上の自然数を表す。)

【請求項2】
 
前記チオフェン重合体は、塩化物イオン、臭化物イオン、ヨウ化物イオン、フッ化物イオン、硝酸イオン、亜硝酸イオン、硫酸イオン、硫酸水素イオン、亜硫酸イオン、チオ硫酸イオン、酢酸イオン、水酸化物イオン、シアン化物イオン、炭酸イオン、炭酸水素イオン、チオシアン酸イオン、過マンガン酸イオン、リン酸イオン、リン酸二水素イオン、リン酸一水素イオン、パラトルエンスルホン酸イオン、クエン酸イオン、ヘキサシアノ鉄(II)酸イオン、又はポリスチレンスルホン酸の少なくともいずれかがドーピングされたものである請求項1記載の吸水材。

【請求項3】
 
酸化剤を用いてチオフェンを重合して重量平均分子量の分布ピークが200以上30000以下の範囲内にあるチオフェン重合体を含む溶液とし、前記チオフェン重合体を含む溶液を乾燥させる吸水材の製造方法であって、
前記チオフェン重合体が、アルコキシチオフェンを重合したものであり、下記一般式で示される構造のみを有することを特徴とする吸水材の製造方法。
【化1】
 
(省略)
(Rは置換基を、nは2以上の自然数を表す。)

【請求項4】
 
請求項1又は2に記載された吸水材に水を加えることで吸水させてゲル化させて得られたゲル。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015555866thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close