Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ノイズ付加装置及びノイズ付加方法

(In Japanese)ノイズ付加装置及びノイズ付加方法

Patent code P170014029
File No. (S2014-0372-N0)
Posted date Apr 10, 2017
Application number P2015-557858
Patent number P6501228
Date of filing Jan 14, 2015
Date of registration Mar 29, 2019
International application number JP2015050846
International publication number WO2015108087
Date of international filing Jan 14, 2015
Date of international publication Jul 23, 2015
Priority data
  • P2014-005188 (Jan 15, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)合志 清一
  • (In Japanese)越前 功
Applicant
  • (In Japanese)学校法人工学院大学
  • (In Japanese)大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
Title (In Japanese)ノイズ付加装置及びノイズ付加方法
Abstract (In Japanese)電子シャッタ(12)を映画投影機(16)のレンズユニット(16A)の光出射側に配置し、映画館で鑑賞する観客の視覚には影響を与えずに、ビデオカメラ等のカメラで撮影した場合に撮影映像を劣化させる所定の周波数で電子シャッタ(12)を駆動するように制御装置(14)が制御する。なお、上記所定の周波数は、映像を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ盗撮カメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される周波数を選択する。これによって、省スペースな構成で、盗撮の対象物を見る人間の視覚には影響を与えずに、撮影された映像の画質を劣化させることができる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

映画は、膨大な経費が投資されて作成されている。一方、小型化及び高感度化されたビデオカメラの普及により、映画館内における違法な盗撮行為が大きな問題となっている。

近年では、映画館内において上映開始前に盗撮が犯罪行為であることを説明する映像が流されているが、完全な対策にはなっていない。例えば、盗撮されたと考えられる新作映画のインターネット上への流出や、DVD(Digital Versatile Disk)等の各種メディアの海賊版の販売等が行われているのが現状である。これらの違法行為は、映画産業に莫大な損害を与え続けている。

そこで、映画の盗撮を防止する技術として種々の技術が考えられている。例えば、特開2010-278573号公報では、映画投影機とは別の照射部を用いて、特定の周波数でスクリーンに光を照射することにより、盗撮した画像にフリッカを生じさせることが提案されている。これにより、盗撮画像の画質を低下させることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、劇場等で上映される映画やプロジェクタ等によって投影される映像などの各種映像や、美術品、劇場での演者等を不正にカメラで盗撮されることを防止するノイズ付加装置及びノイズ付加方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
映像を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記映像をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化するノイズを、映像光に重畳させるための信号を生成する信号生成部と、
前記信号生成部で生成された信号に基づいて、前記映像光の光路上に設けられた電子シャッタを前記所定の周波数で開閉させて、前記映像光に前記所定の周波数のノイズを重畳する重畳部と、
を含み、
前記電子シャッタを、前記映像を投影する投影機とスクリーンとの間であって、前記投影機に当接するように配置し、
前記所定の周波数は、予め定められた複数の周波数であり、
前記信号生成部は、前記映像の平均輝度を算出し、前記算出した映像の平均輝度に応じて、前記複数の周波数の何れかを選択し、選択された周波数で変化するノイズを、映像光に重畳させるための信号を生成するノイズ付加装置。

【請求項4】
 
前記所定の周波数をN、人間の眼に知覚されないノイズの周波数をZ1、人間の眼に知覚されるノイズの周波数をZ2、前記映像のフレーム周波数をP、前記カメラの撮影時のフレーム周波数をVとしたとき、
前記所定の周波数Nは、以下の(1)式及び(2)式を満たす値である(ただし、m、n、kは、正または負の整数である。)請求項1に記載のノイズ付加装置。
Z1=mP+nN ・・・(1)
Z2=mP+nN+kV ・・・(2)

【請求項5】
 
前記Z1は、6Hzから14Hzまでを除く値であり、前記Z2は6Hzから14Hzまでの値である請求項4に記載のノイズ付加装置。

【請求項6】
 
前記Z1及びZ2の値の範囲を入力する入力部を更に含む請求項4に記載のノイズ付加装置。

【請求項7】
 
前記重畳部は、映像光に同期して前記所定の周波数のノイズを重畳する請求項1~6の何れか1項に記載のノイズ付加装置。

【請求項9】
 
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、予め定めた所定の周波数で変化する、画像信号に重畳させるためのノイズ信号を記憶するノイズ信号記憶部と、
前記ノイズ信号記憶部から読み出したノイズ信号を、前記画像信号に重畳する重畳部と、
を含み、
前記所定の周波数をN、人間の眼に知覚されないノイズの周波数をZ1、人間の眼に知覚されるノイズの周波数をZ2、前記画像信号のフレーム周波数をP、前記カメラの撮影時のフレーム周波数をVとしたとき、
前記所定の周波数Nは、以下の(1)式及び(2)式を満たす値である(ただし、m、n、kは、正または負の整数である。)ノイズ付加装置。
Z1=mP+nN ・・・(1)
Z2=mP+nN+kV ・・・(2)

【請求項10】
 
映像を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記映像をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、所定の周波数で変化する画像を、映像光に重畳させるための信号を生成し、
前記生成した信号に基づいて、前記映像光の光路上に設けられた電子シャッタを前記所定の周波数で開閉させて、前記映像光に前記所定の周波数のノイズを重畳する
ノイズ付加方法であって、
前記電子シャッタを、前記映像を投影する投影機とスクリーンとの間であって、前記投影機に当接するように配置し、
前記所定の周波数は、予め定められた複数の周波数であり、
前記映像光に重畳させるための信号を生成することでは、前記映像の平均輝度を算出し、前記算出した映像の平均輝度に応じて、前記複数の周波数の何れかを選択し、選択された周波数で変化するノイズを、映像光に重畳させるための信号を生成するノイズ付加方法。

【請求項12】
 
盗撮の対象物を目視した際に人間の眼には知覚されず、かつ前記対象物をカメラで撮影した撮影映像を目視した際に人間の眼に知覚される、予め定めた所定の周波数で変化する、画像信号に重畳させるためのノイズ信号を記憶するノイズ信号記憶部から、ノイズ信号を読み出し、読み出したノイズ信号を前記画像信号に重畳する
ノイズ付加方法であって、
前記所定の周波数をN、人間の眼に知覚されないノイズの周波数をZ1、人間の眼に知覚されるノイズの周波数をZ2、前記画像信号のフレーム周波数をP、前記カメラの撮影時のフレーム周波数をVとしたとき、
前記所定の周波数Nは、以下の(1)式及び(2)式を満たす値である(ただし、m、n、kは、正または負の整数である。)ノイズ付加方法。
Z1=mP+nN ・・・(1)
Z2=mP+nN+kV ・・・(2)。

【請求項13】
 
前記Z1及びZ2の値の範囲を入力する入力部を更に含む請求項9に記載のノイズ付加装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015557858thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)は、我が国唯一の情報系に特化した研究所です。NIIでは、外部資金による研究成果の社会還元を中心に、技術移転活動に積極的に取り組んでいます。上記の発明にライセンス対象や共同開発対象として関心をお持ちいただいた方は、国立情報学研究所 社会連携推進室までお気軽にお問合せください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close