Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)L―システインの製造方法

(In Japanese)L―システインの製造方法

Patent code P170014048
File No. (S2013-1385-N0)
Posted date Apr 19, 2017
Application number P2015-535442
Patent number P6400587
Date of filing Aug 28, 2014
Date of registration Sep 14, 2018
International application number JP2014072567
International publication number WO2015033849
Date of international filing Aug 28, 2014
Date of international publication Mar 12, 2015
Priority data
  • P2013-183237 (Sep 4, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)大津 厳生
  • (In Japanese)河野 祐介
  • (In Japanese)高橋 砂予
  • (In Japanese)舟橋 依里
  • (In Japanese)城山 真恵加
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
Title (In Japanese)L―システインの製造方法
Abstract (In Japanese)本発明は、L-システインを効率的な製造方法、具体的には腸内細菌科に属する細菌を培地中で培養して得られた培養物からL-システインを採取する、L-システインの製造方法であって、前記腸内細菌科に属する細菌が、glp Eタンパク質、yee Dタンパク質、psp Eタンパク質、sse Aタンパク質、yce Aタンパク質、及びsir Aタンパク質からなる群より選択される少なくとも1種の硫黄転移ドメイン含有タンパク質が過剰発現するように改変されていることを特徴とする、製造方法を提供する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

システイン・シスチン類は、医薬品、化粧品、食品等の多岐にわたる分野で利用されている。システインは、主に、人・動物の毛に多く含まれるアミノ酸であることから、古典的にはこれらの毛を加水分解することにより製造されてきた。しかし、製品の安全性をより高めるという観点、及び環境への影響をより少なくするという観点から、多くの他のアミノ酸と同様に発酵法によって製造することが望まれている。

従来から、腸内細菌科に属する細菌を用いた発酵法によりシステインを製造する方法が各種報告されている(特許文献1及び2)。腸内細菌科に属する細菌、例えば大腸菌には、システインを生合成する経路として、硫黄源として硫酸塩を利用する経路(硫酸経路)と、硫黄源としてチオ硫酸塩を利用する経路(チオ硫酸経路)の2つの経路が存在することが知られている(非特許文献1)。

しかしながら、システイン生合成経路にはいまだ未知の部分が多く、他の経路が存在すること、ましてやチオ硫酸経路として新たな経路が存在することは全く知られていなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規チオ硫酸経路を利用したL-システインの効率的な製造方法、及び該方法に適した細菌に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エシェリヒア属細菌を培地中で培養して得られた培養物からL-システインを採取する、L-システインの製造方法であって、
前記エシェリヒア属細菌が、yee Dタンパク質、及びsir Aタンパク質からなる群より選択される少なくとも1種の硫黄転移ドメイン含有タンパク質が過剰発現するように改変されており、且つ
前記エシェリヒア属細菌がyee Dタンパク質が過剰発現するように改変されている場合は、前記培地が炭素源としてグリセロールを含むことを特徴とする、製造方法。

【請求項2】
 
前記エシェリヒア属細菌が、さらにglp Eタンパク質、psp Eタンパク質、sse Aタンパク質、及びyce Aタンパク質からなる群より選択される少なくとも1種の硫黄転移ドメイン含有タンパク質が過剰発現するように改変されている、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記培地が硫黄源としてチオ硫酸塩を含む、請求項1又は2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記培地が硫黄源として硫酸塩を含む、請求項1~3のいずれかに記載の製造方法。

【請求項5】
 
sir Aタンパク質が過剰発現するように改変され、且つ
O-アセチルセリンスルフヒドリラーゼBの活性が低下するように改変されているエシェリヒア属細菌。

【請求項6】
 
さらにglp Eタンパク質、yee Dタンパク質、psp Eタンパク質、sse Aタンパク質、及びyce Aタンパク質からなる群より選択される少なくとも1種の硫黄転移ドメイン含有タンパク質が過剰発現するように改変されている、請求項5に記載の細菌。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close