TOP > 国内特許検索 > 光ビーム投影装置

光ビーム投影装置 コモンズ

国内特許コード P170014068
整理番号 FU718
掲載日 2017年4月26日
出願番号 特願2017-015683
公開番号 特開2018-124394
出願日 平成29年1月31日(2017.1.31)
公開日 平成30年8月9日(2018.8.9)
発明者
  • 勝山 俊夫
  • 奥野 信男
出願人
  • 国立大学法人福井大学
発明の名称 光ビーム投影装置 コモンズ
発明の概要 【課題】光ビーム投影装置に関し、光源と合波器等の設置工程をワンタッチ装着可能にする。
【解決手段】互いに異なる複数の波長の光を導波し、前記複数の波長を合波する複数の導波路を備えた合波器と、前記各導波路に対して対応する波長の光を入射する半導体発光素子を載置した支持基板とを設け、前記合波器と前記支持基板に互いに位置合わせする位置合わせ機構を設ける。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


従来、レーザビーム等の光ビームを走査投影する装置として、様々な形の光ビーム投影装置が知られている。その中で、半導体レーザと光導波路型合波器を組み合わせた3原色光ビーム投影装置は、装置を小型化、低電力化できる特長があり、レーザビーム走査型カラー画像投影装置へ応用されている(例えば、特許文献1、特許文献2及び特許文献3参照)。

産業上の利用分野


本発明は、光ビーム投影装置に関するものであり、例えば、光源、合波器、光走査ミラー等を組み合わせて光源からの光ビームを投影或いは走査するための光ビーム投影装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
互いに異なる複数の波長の光を導波し、前記複数の波長を合波する複数の導波路を備えた合波器と、
前記各導波路に対して対応する波長の光を入射する半導体発光素子を載置した支持基板とを有し、
前記合波器と前記支持基板は互いに位置合わせする位置合わせ機構を有する光ビーム投影装置。

【請求項2】
前記合波器と前記支持基板が、共通の実装基板上に設けられている請求項1に記載の光ビーム投影装置。

【請求項3】
前記位置合わせ機構が、前記合波器に設けた第1の凹部構造或いは第1の凸部構造と、前記第1の凹部と嵌合或いは係合する前記支持基板に設けた第2の凸部構造或いは前記第1の凸部構造と嵌合或いは係合する第2の凹部構造からなる請求項1または請求項2に記載の光ビーム投影装置。

【請求項4】
前記位置合わせ機構が、前記合波器に設けた第1の鋸歯構造と、前記第1の鋸歯構造と歯合する前記支持基板に設けた第2の鋸歯構造からなる請求項1または請求項2に記載の光ビーム投影装置。

【請求項5】
前記位置合わせ機構が、前記合波器に設けた第1のバーニア構造と、前記第1のバーニア構造との間で位置合せする前記支持基板に設けた第2のバーニア構造からなる請求項1または請求項2に記載の光ビーム投影装置。

【請求項6】
前記位置合わせ機構が、前記互いに異なった各波長の半導体発光素子を載置した支持基板毎に設けられた請求項3乃至請求項5のいずれか1項に記載の光ビーム投影装置。

【請求項7】
前記位置合わせ機構が、前記互いに異なった各波長の半導体発光素子を載置した共通の支持基板に設けられた請求項3乃至請求項5のいずれか1項に記載の光ビーム投影装置。

【請求項8】
前記共通の支持基板が、前記合波器に設けた複数の導波路と光学的に接続する複数の接続導波路を有する請求項7に記載の光ビーム投影装置。

【請求項9】
前記位置合わせ機構が、前記実装基板に設けた対合波器用の位置合わせ機構と対支持基板用の位置合わせ機構と、前記合波器に設けた第1の対実装基板用の位置合わせ機構と、前記支持基板に設けた第2の対実装基板用の位置合わせ機構とからなり、
前記対合波器用の位置合わせ機構と前記対支持基板用の位置合わせ機構が第1の凹部または第1の凸部からなり、
前記合波器に設けた第1の対実装基板用の位置合わせ機構が、前記第1の凹部または前記第1の凸部と嵌合或いは係合する第2の凹部または第2の凸部からなり、
前記支持基板に設けた第2の対実装基板用の位置合わせ機構が、前記第1の凹部または前記第1の凸部と嵌合或いは係合する第3の凹部または第3の凸部からなる請求項2に記載の光ビーム投影装置。

【請求項10】
前記合波器に対して、さらに位置合わせ機構を有する光学部品を設けた請求項1乃至請求項9のいずれか1項に記載の光ビーム投影装置。

【請求項11】
前記光学部品が、集光レンズ、光ファイバ或いは光走査ミラーのいずれかである請求項10に記載の光ビーム投影装置。

【請求項12】
前記半導体発光素子が、半導体レーザチップである請求項1乃至請求項11のいずれか1項に記載の光ビーム投影装置。

【請求項13】
前記半導体レーザチップが、青色半導体レーザチップ、緑色半導体レーザチップ、赤色半導体レーザチップ、黄色半導体レーザチップ、赤外線半導体レーザチップ及び紫外線半導体レーザチップの内の少なくとも二種類の半導体レーザチップを含む請求項12に記載の光ビーム投影装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017015683thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close