Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)グルタミン酸による動脈管開存症の予防又は治療

(In Japanese)グルタミン酸による動脈管開存症の予防又は治療

Patent code P170014084
File No. (S2014-0686-N0)
Posted date May 9, 2017
Application number P2016-507411
Patent number P6396424
Date of filing Feb 17, 2015
Date of registration Sep 7, 2018
International application number JP2015054277
International publication number WO2015137056
Date of international filing Feb 17, 2015
Date of international publication Sep 17, 2015
Priority data
  • P2014-050206 (Mar 13, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)横山 詩子
  • (In Japanese)石川 義弘
  • (In Japanese)藤田 秀次郎
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
Title (In Japanese)グルタミン酸による動脈管開存症の予防又は治療
Abstract (In Japanese)新規な動脈管開存症予防薬又は治療薬を提供する。
グルタミン酸又はその塩を有効成分として含有する、動脈管開存症の予防薬又は治療薬。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、高齢出産の増加や不妊治療による多胎妊娠の増加などの影響により、総出生数に対する低出生体重児の割合は徐々に増加している。平成24年度の厚生労働省の統計によれば、特に慎重な管理を要する1000g未満の超低出生体重児は総出生数の約0.3%(3195人)である。

新生児医療が長足の進歩を遂げた昨今でも、超低出生体重児の急性期管理には難渋することが少なくない。なかでも未熟児動脈管開存症は心不全、呼吸不全、壊死性腸炎など生命予後を左右する合併症の要因となるため、その治療は最重要課題の一つである。

超低出生体重児のおおむね4割程度が動脈管開存症の治療を必要とする。従来の治療法としては、外科手術による動脈管結紮術とインドメタシンを使用する内科治療(非特許文献1)の2種があるが、いずれも循環動態の不安定な低出生体重児では生命に関わる合併症のリスクも少なくない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、グルタミン酸による動脈管開存症の予防又は治療に関し、より詳細には、動脈管開存症の予防薬又は治療薬としてのグルタミン酸の使用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
グルタミン酸又はその塩を有効成分として含有する、動脈管開存症の予防薬又は治療薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016507411thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close