Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)リンポルフィリン化合物及びその製造方法、並びに生体分子損傷剤

(In Japanese)リンポルフィリン化合物及びその製造方法、並びに生体分子損傷剤

Patent code P170014106
File No. (S2014-0925-N0)
Posted date May 9, 2017
Application number P2016-517852
Patent number P6469096
Date of filing Apr 16, 2015
Date of registration Jan 25, 2019
International application number JP2015061717
International publication number WO2015170562
Date of international filing Apr 16, 2015
Date of international publication Nov 12, 2015
Priority data
  • P2014-097016 (May 8, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)平川 和貴
  • (In Japanese)欧陽 東彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title (In Japanese)リンポルフィリン化合物及びその製造方法、並びに生体分子損傷剤
Abstract (In Japanese)下記一般式(1)で表されるカチオンを有するリンポルフィリン化合物が開示される。
【化1】
 
(省略)
R1は水酸基、アミノ基、アンモニウム基及びフルオロ基から選ばれる少なくとも1種の置換基で置換されていてもよい炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示し、R2は炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示す。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、がんを低侵襲的に治療できる療法として光線力学的療法が注目されている。非特許文献1には、光線力学的療法において用いられることを想定した光増感剤として、ジメトキシリン(V)テトラフェニルポルフィリンクロライド(MeO2P(V)TPP)及びテトラキス(1-メチル-4-ピリジニオ)ポルフィリン(H2TMPyP)といったポルフィリン化合物が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、リンポルフィリン化合物及びその製造方法、並びに生体分子損傷剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)で表されるカチオンを有するリンポルフィリン化合物。
【化1】
 
(省略)
[式(1)中、R1はメチル基、又は、水酸基で置換されている炭素数1~4の飽和脂肪族炭化水素基を示し、R2は炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示し、同一分子中の複数のR1及びR2は、それぞれ同一でも異なっていてもよい。]

【請求項2】
 
請求項1に記載のリンポルフィリン化合物を製造する方法であって、
下記一般式(2)で表されるカチオンを有する化合物と、R1OHで表される化合物(R1はメチル基、又は、水酸基で置換されている炭素数1~4の飽和脂肪族炭化水素基を示す。)とを反応させて、前記一般式(1)で表されるカチオンを有するリンポルフィリン化合物を生成させる工程を備える、方法。
【化2】
 
(省略)
[式(2)中、Xはブロモ基又はクロロ基を示し、R2は炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示し、同一分子中の複数のR2は、同一でも異なっていてもよい。]

【請求項3】
 
下記一般式(1)又は(2)で表されるカチオンを有するリンポルフィリン化合物を含む、生体分子損傷剤。
【化3】
 
(省略)
[式(1)中、R1はメチル基、又は、水酸基で置換されている炭素数1~4の飽和脂肪族炭化水素基を示し、R2は炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示し、同一分子中の複数のR1及びR2は、それぞれ同一でも異なっていてもよい。]
【化4】
 
(省略)
[式(2)中、Xはブロモ基又はクロロ基を示し、R2は炭素数1~4の飽和又は不飽和の脂肪族炭化水素基を示し、同一分子中の複数のR2は、同一でも異なっていてもよい。]

【請求項4】
 
550~670nmの光を照射することを含む方法によって生体分子を損傷させるために用いられる、請求項3に記載の生体分子損傷剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016517852thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close