Top > Search of Japanese Patents > BUBBLE GENERATING DEVICE AND BUBBLE GENERATING METHOD

BUBBLE GENERATING DEVICE AND BUBBLE GENERATING METHOD meetings

Patent code P170014172
File No. 16P004
Posted date Jun 1, 2017
Application number P2016-102492
Publication number P2017-023996A
Date of filing May 23, 2016
Date of publication of application Feb 2, 2017
Priority data
  • P2015-141304 (Jul 15, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)五島 崇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title BUBBLE GENERATING DEVICE AND BUBBLE GENERATING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology capable of efficiently generating micronized bubbles without a large-scaled structure.
SOLUTION: A bubble generating device 100 is equipped with a gas channel 10 of which a downstream end 10a is disposed in liquid L, a solenoid valve 20 which is connected to an upstream end 10b of the gas channel 10; a gas tank 30 and a vacuum pump 40 which are connected to the solenoid valve 20; and a valve control device 50 which controls the solenoid valve 20. A gas pressure control device composed of the solenoid valve 20, gas tank 30, vacuum pump 40 and valve control device 50 decompresses the inside of the gas channel 10 to suck the liquid L from the downstream end 10a so as to make the liquid L mix with gas in the gas channel 10, and then pressurizes the inside of the gas channel 10 to jet the liquid L and gas in the gas channel 10 from the downstream end 10a.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、化学工業や生物工業等の分野で、液体中に生成した気泡、特にファインバブルと呼ばれる直径100μm以下の気泡が利用されている。気泡を生成する手法を開示した文献として、下記特許文献1及び2が挙げられる。

特許文献1は、下流端が液体中に配置されたガス管の上流端から、オーディオスピーカで生成した音波を導入する手法を提案している。特許文献1は、音波の振動によって、ガス管の下流端から気泡が生成されると説明している。

特許文献2は、気泡を噴出する微細孔が多数形成された円盤を液体中で回転させる手法を開示している。円盤の回転によって気泡に剪断力が作用し、この剪断力によって気泡が微細化される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、気泡生成装置及び気泡生成方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下流端が液体中に配置されるガス流路と、
前記ガス流路内を減圧することにより、前記液体が前記ガス流路内のガスと混ざり合うように、前記液体を前記下流端から吸い込ませたのち、前記ガス流路内を加圧することにより、前記ガス流路内の前記液体及び該液体と混ざり合った前記ガスを、前記下流端から前記液体中に噴出させるガス圧制御装置と、
を備える気泡生成装置。

【請求項2】
 
前記ガス流路の下流端が、前記液体の流れを絞る絞り部を有するノズルで構成され、
前記ガス圧制御装置によって前記ガス流路内が減圧された際に、前記ノズルから吸い込まれた液体が、前記絞り部から前記ガス流路の上流端側に向かって噴出することにより、前記ガス流路内のガスと混ざり合う請求項1に記載の気泡生成装置。

【請求項3】
 
前記ガス圧制御装置が、
第1及び第2の入力ポート並びに出力ポートの少なくとも3つのポートを有し、前記出力ポートに前記ガス流路の上流端が接続される弁と、
前記第1の入力ポートに接続されるガスタンクと、
前記第2の入力ポートに接続される真空ポンプと、
前記第1の入力ポートが前記出力ポートに連通された状態と、前記第2の入力ポートが前記出力ポートに連通された状態とが交互に切り替えられるように、前記弁を制御する弁制御装置と、
を有する請求項1又は2に記載の気泡生成装置。

【請求項4】
 
前記ガス流路の下流端が配置される前記液体を貯留する液体貯留部を有する蓄気室と、
前記液体貯留部を、前記蓄気室の外部において液体を貯留する液槽に連通させる液体連通路と、をさらに備え、
前記ガス圧制御装置が、前記ガス流路の上流端からガスを送り込む際に前記蓄気室を加圧し、前記ガス流路内を減圧する際に前記蓄気室を減圧する制御を行う請求項1から3のいずれか1項に記載の気泡生成装置。

【請求項5】
 
前記蓄気室が前記ガス流路と連通している請求項4に記載の気泡生成装置。

【請求項6】
 
下流端が液体中に配置されたガス流路内を減圧することにより、前記液体が前記ガス流路内のガスと混ざり合うように、前記液体を前記下流端から吸い込ませるステップと、
前記吸い込ませた液体及び該液体と混ざり合った前記ガスを、前記ガス流路内を加圧することにより、前記下流端から前記液体中に噴出させるステップと、
を含む気泡生成方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016102492thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close