Top > Search of Japanese Patents > ELECTRODE FOR DETECTING FUCOSE

ELECTRODE FOR DETECTING FUCOSE meetings

Patent code P170014183
File No. 160075JP01
Posted date Jun 9, 2017
Application number P2017-020395
Publication number P2018-128310A
Date of filing Feb 7, 2017
Date of publication of application Aug 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)楠岡 諒
  • (In Japanese)武田 康太
  • (In Japanese)中村 暢文
  • (In Japanese)大野 弘幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title ELECTRODE FOR DETECTING FUCOSE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for easily detecting fucose, and a method for easily measuring the concentration of fucose.
SOLUTION: An electrode for use in electrochemical measurement, capable of detecting fucose, carries pyrroloquinoline quinone-dependent pyranose dehydrogenase derived from Coprinopsis cinerea on the surface. The enzyme has a catalyst domain in absence of cytochrome b domain.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

フコース(fucose)は、デオキシ糖の一種である6-デオキシ-ガラクトースであり、六炭糖、単糖に分類される。天然にはL型が動植物に幅広く存在し、L-フコースは生体内で複合糖鎖の非還元末端に結合している。肝臓癌又は嚢胞性線維症等の疾患を持つ患者においては、L-フコースの代謝経路が異常となり、L-フコースが尿中に遊離して尿中のL-フコース濃度が上昇することが知られている。したがって、尿等の体液中のL-フコースを検出し、濃度を測定することは癌等の疾患の判定に役立てられる。

従来、L-フコースの濃度を測定する方法としては、β-ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADPH)を補酵素とする脱水素酵素(NADPH依存型フコース脱水素酵素)を用いた分光学的な測定法(非特許文献1~4)、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いた定量法(非特許文献5)、さらに、NADPH依存型フコース脱水素酵素を用いた電気化学的フコース測定法(非特許文献6)が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、フコースを検出するための電気化学測定用電極、フコース濃度測定用バイオセンサ、フコース検出方法及びフコース濃度測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フコースを検出する、電気化学測定用電極であって、
前記電極は、表面に、コプリノプシス・シネレア(Coprinopsis cinerea)由来のピロロキノリンキノン依存性ピラノース脱水素酵素を担持しており、
前記酵素は、シトクロムbドメインを欠損し、触媒ドメインを有している、電極。

【請求項2】
 
作用極及び対極を含む電極系を備え、
前記作用極は、表面に、コプリノプシス・シネレア(Coprinopsis cinerea)由来のピロロキノリンキノン依存性ピラノース脱水素酵素を担持しており、
前記酵素は、シトクロムbドメインを欠損し、触媒ドメインを有している、
フコース濃度測定用バイオセンサ。

【請求項3】
 
電極系に電圧を印加するステップと、
前記電圧に応じて前記電極系に流れる電流値に基づいて被検試料中のフコースを検出するステップとを含む、フコース検出方法であって、
前記電極系は作用極及び対極を含み、
前記作用極は、表面に、コプリノプシス・シネレア(Coprinopsis cinerea)由来のピロロキノリンキノン依存性ピラノース脱水素酵素を担持しており、
前記酵素は、シトクロムbドメインを欠損し、触媒ドメインを有している、方法。

【請求項4】
 
前記電圧が、-50~+150mV vs.標準水素電極(NHE)である、請求項3に記載の方法。

【請求項5】
 
電極系に電圧を印加するステップと、
前記電圧に応じて前記電極系に流れる電流値に基づいて被検試料のフコース濃度を測定するステップとを含む、フコース濃度測定方法であって、
前記電極系は作用極及び対極を含み、
前記作用極は、表面に、コプリノプシス・シネレア(Coprinopsis cinerea)由来のピロロキノリンキノン依存性ピラノース脱水素酵素を担持しており、
前記酵素は、シトクロムbドメインを欠損し、触媒ドメインを有している、方法。

【請求項6】
 
前記電圧が、-50~+150mV vs.標準水素電極(NHE)である、請求項5に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close