TOP > 国内特許検索 > フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法

フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P170014191
整理番号 FU719
掲載日 2017年6月13日
出願番号 特願2017-073172
公開番号 特開2018-172605
出願日 平成29年3月31日(2017.3.31)
公開日 平成30年11月8日(2018.11.8)
発明者
  • 米沢 晋
  • 金 在虎
  • 鰐淵 秀久
出願人
  • 国立大学法人福井大学
発明の名称 フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法 コモンズ 新技術説明会
発明の概要 【課題】 本発明は、染色可能なポリカーボネート樹脂を提供することを目的とする。
【解決手段】 X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ100に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、20~50である表面層を有することを特徴とする、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材である。X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ1に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、2~50である表面層の厚さが、10~5000nmであると、好ましい。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


ポリカーボネートは、強度が高いため、その強度を利用し、眼鏡用レンズや建材、各種生活道具等に利用されている。このポリカーボネートが使用される種々の用途で、着色の要求がある。



しかし、各種樹脂材料の中で、ポリカーボネートは難染色性の材料であり、現在、ポリカーボネー着色するためには、顔料や染料の練り込みや、界面活性剤を用いた比較的高温での染色、表面に着色樹脂フィルムを貼り付ける等の方法が行われている(特許文献1、2等)。

産業上の利用分野


本発明は、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法に関する。さらに詳しくは、例えば、染色可能なフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ1に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、2~50である表面層を有することを特徴とする、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項2】
X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ1に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、2~50である表面層の厚さが、10~5000nmである、請求項1記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項3】
X線光電分光法分析で、535~540eVの領域にカーボネート基またはフッ素化による影響を受けたカーボネート基に含まれる酸素の1s軌道電子由来の、半値幅が5eV以下のピークが少なくともひとつの存在し、535~540eVの半値幅が5eV以下のピークを1としたとき、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、0.5~1.5である表面層を有する、請求項1または2記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項4】
X線光電分光法分析で、535~540eVの領域にカーボネート基またはフッ素化による影響を受けたカーボネート基に含まれる酸素の1s軌道電子由来の、半値幅が5eV以下のピークが少なくともひとつの存在し、535~540eVの半値幅が5eV以下のピークを1としたとき、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、0.5~1.5である表面層の厚さが、10~5000nmである、請求項1~3のいずれか1項記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項5】
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを、純度が70%以上のフッ素ガス雰囲気下、0.1~50kPaの減圧下で、接触させるフッ素処理の60分後の水との接触角をθwと、グリセリンとの接触角をθG1とし、フッ素処理の72時間後の水との接触角をθw72グリセリンとの接触角をθG72としたとき、〔(θw72)/(θw0)〕/〔(θG72)/(θG0)〕が、1.1~10である表面層を有する、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項6】
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを、純度が70%以上のフッ素ガス雰囲気下、0.1~3kPaの減圧下で、接触させる、請求項1~5のいずれか1項記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材の製造方法。

【請求項7】
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを接触させる際のフッ素ガスの温度が、0~100℃である、請求項6記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017073172thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close