Top > Search of Japanese Patents > POLYCARBONATE RESIN BASE MATERIAL HAVING FLUORINE-CONTAINING SURFACE LAYER AND METHOD FOR PRODUCING SAME

POLYCARBONATE RESIN BASE MATERIAL HAVING FLUORINE-CONTAINING SURFACE LAYER AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings

Patent code P170014191
File No. FU719
Posted date Jun 13, 2017
Application number P2017-073172
Publication number P2018-172605A
Date of filing Mar 31, 2017
Date of publication of application Nov 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)米沢 晋
  • (In Japanese)金 在虎
  • (In Japanese)鰐淵 秀久
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title POLYCARBONATE RESIN BASE MATERIAL HAVING FLUORINE-CONTAINING SURFACE LAYER AND METHOD FOR PRODUCING SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polycarbonate resin that can be colored.
SOLUTION: Provided is a polycarbonate resin base material having a fluorine-containing surface layer characterized in having a surface layer in which the peak height of the C-F bond shown at 292 to 294 eV with respect to the peak height 100 of the C-C bond shown at 286 to 288 eV by X-ray photoelectron spectroscopy is 20 to 50. It is preferable when the thickness of the surface layer in which the peak height of the C-F bond shown at 292 to 294 eV with respect to the peak height 1 of the C-C bond shown at 286 to 288 eV by X-ray photoelectron spectroscopy analysis is 2 to 50, is 10 to 5000 nm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ポリカーボネートは、強度が高いため、その強度を利用し、眼鏡用レンズや建材、各種生活道具等に利用されている。このポリカーボネートが使用される種々の用途で、着色の要求がある。

しかし、各種樹脂材料の中で、ポリカーボネートは難染色性の材料であり、現在、ポリカーボネー着色するためには、顔料や染料の練り込みや、界面活性剤を用いた比較的高温での染色、表面に着色樹脂フィルムを貼り付ける等の方法が行われている(特許文献1、2等)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法に関する。さらに詳しくは、例えば、染色可能なフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材、およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ1に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、2~50である表面層を有することを特徴とする、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項2】
 
X線光電分光法分析で、286~288eVに示されるC-C結合のピーク高さ1に対して、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、2~50である表面層の厚さが、10~5000nmである、請求項1記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項3】
 
X線光電分光法分析で、535~540eVの領域にカーボネート基またはフッ素化による影響を受けたカーボネート基に含まれる酸素の1s軌道電子由来の、半値幅が5eV以下のピークが少なくともひとつの存在し、535~540eVの半値幅が5eV以下のピークを1としたとき、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、0.5~1.5である表面層を有する、請求項1または2記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項4】
 
X線光電分光法分析で、535~540eVの領域にカーボネート基またはフッ素化による影響を受けたカーボネート基に含まれる酸素の1s軌道電子由来の、半値幅が5eV以下のピークが少なくともひとつの存在し、535~540eVの半値幅が5eV以下のピークを1としたとき、292~294eVに示されるC-F結合のピーク高さが、0.5~1.5である表面層の厚さが、10~5000nmである、請求項1~3のいずれか1項記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項5】
 
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを、純度が70%以上のフッ素ガス雰囲気下、0.1~50kPaの減圧下で、接触させるフッ素処理の60分後の水との接触角をθw0と、グリセリンとの接触角をθG1とし、フッ素処理の72時間後の水との接触角をθw72グリセリンとの接触角をθG72としたとき、〔(θw72)/(θw0)〕/〔(θG72)/(θG0)〕が、1.1~10である表面層を有する、フッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材。

【請求項6】
 
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを、純度が70%以上のフッ素ガス雰囲気下、0.1~3kPaの減圧下で、接触させる、請求項1~5のいずれか1項記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材の製造方法。

【請求項7】
 
ポリカーボネート樹脂基材とフッ素ガスとを接触させる際のフッ素ガスの温度が、0~100℃である、請求項6記載のフッ素含有表面層を有するポリカーボネート樹脂基材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017073172thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close