Top > Search of Japanese Patents > SCREENING METHOD FOR PEST CONTROL COMPONENT

SCREENING METHOD FOR PEST CONTROL COMPONENT

Patent code P170014201
File No. S2015-2122-N0
Posted date Jun 14, 2017
Application number P2015-207010
Publication number P2017-077212A
Date of filing Oct 21, 2015
Date of publication of application Apr 27, 2017
Inventor
  • (In Japanese)野地 澄晴
  • (In Japanese)石丸 善康
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人徳島大学
Title SCREENING METHOD FOR PEST CONTROL COMPONENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a screening method for a pest control component, a pest control agent, a poison bait, and a genetically modified plant having pest resistance.
SOLUTION: A screening method for a pest control component includes selecting Hentai factor (Hf) inhibitory substance. There are also provided a pest control agent comprising Hf inhibitory substance, a poison bait comprising the pest control agent, and a genetically modified plant that expresses dsRNA to inhibit the expression of a gene encoding Hf.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

幼若ホルモン(JH)は、昆虫の変態抑制、性成熟、寿命などに関わる重要なホルモンであり、脳の後部にあるアラタ体で合成され、分泌される。多くの昆虫の若齢幼虫期体内には高濃度のJHが存在しており、幼虫脱皮が繰り返されるが、それぞれの種に固有の終齢幼虫の大きさに達するとJH濃度が著しく減少し、変態に至る。JHの合成過程は前期経路と後期経路に分けられ、後期経路で機能するメチルトランスフェラーゼ(S-アデノシルメチオニン依存性メチルトランスフェラーゼ:JHAMT)がJH合成に重要であることが知られている。JHAMTの発現はJH合成と相関しており、JHAMTの発現低下に伴いJH量が著しく減少する。そのため、JHAMTの発現抑制が昆虫の変態に必須と考えられるが、その発現抑制機構はいまだ不明である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、害虫駆除成分のスクリーニング方法、害虫駆除剤、毒餌剤、および害虫抵抗性を有する遺伝子組み換え植物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Hentai factor(Hf)の阻害物質を選択することを含む、害虫駆除成分のスクリーニング方法。

【請求項2】
 
Hfの阻害物質が、Hfをコードする遺伝子の発現を阻害する物質である、請求項1に記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
Hfを発現する細胞と、Hfの阻害物質の候補物質とを接触させる工程、および
前記候補物質が前記候補物質の非存在下と比較してHfをコードする遺伝子の発現を減少させた場合に、前記候補物質を害虫駆除成分として選択する工程
を含む、請求項1または2に記載のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
Hfをコードする遺伝子のプロモーターを含む配列と機能的に連結されたレポーター遺伝子をコードするヌクレオチド配列を含む細胞と、候補物質とを接触させる工程、および、
前記候補物質が前記候補物質の非存在下と比較してレポーター遺伝子の発現を減少させた場合に、前記候補物質を害虫駆除成分として選択する工程、
を含む、請求項1または2に記載のスクリーニング方法。

【請求項5】
 
Hfの阻害物質を含む、害虫駆除剤。

【請求項6】
 
Hfの阻害物質が、Hfをコードする遺伝子の発現を阻害するdsRNAまたはその発現ベクターである、請求項5に記載の害虫駆除剤。

【請求項7】
 
dsRNAが配列番号2または3の配列に少なくとも90%の配列同一性を有する配列を含む、請求項6に記載の害虫駆除剤。

【請求項8】
 
dsRNAが配列番号2または3の配列を含む、請求項7に記載の害虫駆除剤。

【請求項9】
 
請求項5~8のいずれかに記載の害虫駆除剤を含む、毒餌剤。

【請求項10】
 
Hfをコードする遺伝子の発現を阻害するdsRNAを発現する遺伝子組み換え植物。

【請求項11】
 
dsRNAが配列番号2または3の配列に少なくとも90%の配列同一性を有する配列を含む、請求項10に記載の遺伝子組み換え植物。

【請求項12】
 
dsRNAが配列番号2または3の配列を含む、請求項11に記載の遺伝子組み換え植物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close