Top > Search of Japanese Patents > PHOTOGRAPHING DEVICE, PHOTOGRAPHING METHOD, AND MEAT QUALITY EVALUATION METHOD FOR CARCASS

PHOTOGRAPHING DEVICE, PHOTOGRAPHING METHOD, AND MEAT QUALITY EVALUATION METHOD FOR CARCASS UPDATE_EN meetings

Patent code P170014209
File No. S2015-1988-N60
Posted date Jun 14, 2017
Application number P2015-208902
Publication number P2017-083523A
Date of filing Oct 23, 2015
Date of publication of application May 18, 2017
Inventor
  • (In Japanese)口田 圭吾
  • (In Japanese)鹿野 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人帯広畜産大学
  • (In Japanese)一般社団法人ミート・イメージ ジャパン
Title PHOTOGRAPHING DEVICE, PHOTOGRAPHING METHOD, AND MEAT QUALITY EVALUATION METHOD FOR CARCASS UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photographing device capable of acquiring a focused image in the whole area of a plane, even when photographing the plane existing in the narrow space of a gap including the incision surface of carcass from an oblique direction and to provide a photographing method and a meat quality evaluation method for the carcass.
SOLUTION: A photographing device 1 for photographing the plane forming the gap from a diagonal upper side includes a lens 32, an imaging element 50 which receives light after passing through the lens 32, and a rotation support part 40 to which the imaging element 50 is fixed and which adjusts the inclination of the imaging element 50 with respect to the lens 32. The photographing device 1 can adjust the inclination of the imaging element 50, so that the image element surface of the imaging element 50 crosses a straight line formed by crossing the plane and the lens main surface of the lens 32.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

肉牛を市場に流通させるにあたり肉質、とりわけ脂肪交雑、すなわち霜降りの程度を適切に評価することは、牛枝肉の価格を決定するために重要な要素である。多くの食肉センターでは、牛枝肉をわずかな切開幅、例えば約3cmの長さだけ切開し、検査員が隙間の狭い切開面を斜め方向から目視することで肉質の評価が行われている。

しかし、目視による肉質の評価では、肉質の評価にばらつきが生じるおそれがあると共に、その評価により市場価格が決定されるため検査員への精神的な負担も大きい。このため、特許文献1に開示されるような肉質を客観的に評価する方法が提案されている。牛枝肉の肉質を客観的に評価するためには、牛枝肉の切開面を鮮明に撮影した画像を取得する必要がある。

また、近年、衛生面への配慮から購買者等が牛枝肉を直接観察できない仕組みを採用する食肉センターが増加している。牛枝肉に近づけない購買者等が牛枝肉の切開面を観察するためにも、牛枝肉の切開面を鮮明に撮影した画像を取得する必要がある。しかし、図19の撮影装置301に示されるように、隙間の狭い牛枝肉100の切開面110は上方から撮影することができない。このため、例えば、特許文献2には、図19の撮影装置302に示されるように、隙間の狭い牛枝肉100の切開面110を斜め方向から撮影する撮影方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、撮影装置及び撮影方法に関する。より詳しくは、枝肉の切開面を撮影するための撮影装置及び撮影方法、並びに枝肉の肉質評価方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
隙間を形成している平面を斜め上方から撮影する撮影装置であって、
レンズと、
前記レンズを通過した光を受光する撮像素子と、
前記撮像素子が固定され、前記レンズに対する前記撮像素子の傾きを調整する回転支持手段と、を備えており、
前記平面と前記レンズのレンズ主面が交わって形成される直線に前記撮像素子の撮像素子面が交わるように前記撮像素子の傾きを調整することができる撮影装置。

【請求項2】
 
前記平面に対してピントが合う所定の位置に前記撮影装置を位置決めするための位置決め手段を備える、請求項1に記載の撮影装置。

【請求項3】
 
前記所定の位置は、前記平面に対する前記撮影装置の傾きと、前記平面から前記撮影装置までの距離により規定される、請求項2に記載の撮影装置。

【請求項4】
 
前記位置決め手段は、少なくとも三対のレーザ光源を備えており、
前記少なくとも三対のレーザ光源は、それぞれ前記平面上の異なる位置でレーザ光が交差するように配置される、請求項2又は3に記載の撮影装置。

【請求項5】
 
前記位置決め手段は、それぞれラインレーザ光を同一平面に沿って出射し得る少なくとも二対のラインレーザ光源を備えており、
前記少なくとも二対のラインレーザ光源は、それぞれ前記隙間を形成している前記平面上の異なる位置で前記ラインレーザ光が交差するように配置される、請求項2又は3に記載の撮影装置。

【請求項6】
 
前記位置決め手段は、前記撮影装置に対して所定の向きに固定された少なくとも3つレーザ距離計を備えており、
前記レーザ距離計は、前記レーザ距離計から前記平面までの距離を測定する、請求項2又は3に記載の撮影装置。

【請求項7】
 
前記平面として枝肉の切開面を撮影するように構成された請求項1乃至6のいずれか1項に記載の撮影装置。

【請求項8】
 
請求項2乃至6及び請求項2を引用する請求項7のいずれか1項に記載の撮影装置を用いた撮影方法であって、
前記位置決め手段を用いて前記平面に対してピントが合う位置に前記撮影装置の位置を調整する工程と、
前記撮影装置の位置が調整された状態で前記平面を斜め方向から撮影する工程と、
を含む撮影方法。

【請求項9】
 
請求項7に記載の撮影装置により撮影された前記枝肉の切開面の画像を用いた枝肉の肉質評価方法であって、
制御手段が前記枝肉の切開面の画像を正面像に変換する工程と、
制御手段が正面像に変換された前記枝肉の切開面の画像に基づいて前記枝肉の脂肪交雑の程度を評価する工程と、
を含む枝肉の肉質評価方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015208902thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close