Top > Search of Japanese Patents > PRESSURE SENSOR, ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE APPARATUS

PRESSURE SENSOR, ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE APPARATUS UPDATE_EN

Patent code P170014210
File No. S2016-0066-N0
Posted date Jun 14, 2017
Application number P2015-213208
Publication number P2017-080177A
Patent number P6601727
Date of filing Oct 29, 2015
Date of publication of application May 18, 2017
Date of registration Oct 18, 2019
Inventor
  • (In Japanese)植木 賢
  • (In Japanese)上原 一剛
  • (In Japanese)野澤 誠子
  • (In Japanese)佐々木 強
  • (In Japanese)丸本 恵
  • (In Japanese)原田 隼人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
  • (In Japanese)株式会社日本マイクロシステム
Title PRESSURE SENSOR, ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE APPARATUS UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To achieve proper compression detection even on a bending part of an insertion part of an endoscope.
SOLUTION: A pressure sensor 30 which is attached to an insertion part 10 of an endoscope 2, in which the insertion part is configured so that, a tip end part 11, a bending part 12 which is bent following to an operation of an operation part 20, and a soft part 13 are continuous, comprises an annular part which is attached to the periphery of the bending part 12, and an inner periphery of the annular part is formed into a size corresponding to the bent part of the bending part 12.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

消化器系の内視鏡検査に用いられる内視鏡スコープとしては、被術者(内視鏡検査の被検者)の体内に挿入される挿入部の先端部分に圧力センサを装着して、その先端部分に加わる外力を圧力センサにより検出することで、その外力の大きさを術者(内視鏡スコープの操作者)に提示できるようにしたものがある(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、内視鏡スコープに用いられる圧力センサ、その圧力センサを備えた内視鏡スコープ、および、その内視鏡スコープを備えて構成された内視鏡装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
先端部と、操作部の操作に応じて屈曲する湾曲部と、軟性部とが連なるように構成された内視鏡スコープの挿入部に装着されて用いられる圧力センサであって、
前記湾曲部の周囲に装着される環状部分を有して構成されるとともに、前記環状部分の内周が前記湾曲部の屈曲箇所に対応する大きさとして、当該湾曲部の非屈曲時の外周の大きさに対して所定の屈曲変化想定量を加味した大きさに形成される圧力センサ。

【請求項2】
 
前記湾曲部の屈曲極点の周囲に装着されるとともに、前記環状部分の内周が前記屈曲極点に対応する大きさに形成される請求項1記載の圧力センサ。

【請求項3】
 
前記湾曲部の周方向に沿って延びるリング状の第1電極と、
圧力を受けることで生じた変形量に応じて電気的特性が変化する弾性体からなる感圧部材と、
前記第1電極の延在方向とは交差する方向に延びる線状の第2電極と、
が順に積層されてなる積層体を備え、
前記積層体が前記環状部分を構成する請求項1または2に記載の圧力センサ。

【請求項4】
 
所定の間隔で配列された複数の導電性糸を有する異方導電性布を備え、
前記異方導電性布における前記導電性糸が前記第2電極を構成する
請求項3に記載の圧力センサ。

【請求項5】
 
一端が前記湾曲部のセンサ装着位置よりも前記先端部の側で前記挿入部の外周に取り付けられ、他端が前記湾曲部のセンサ装着位置にて前記環状部分の外周に取り付けられ、前記一端から前記他端に向けて拡がるテーパ形状に形成された第1ガイド部を備える請求項1から4のいずれか1項に記載の圧力センサ。

【請求項6】
 
一端が前記湾曲部のセンサ装着位置にて前記環状部分の外周に取り付けられ、他端が前記湾曲部のセンサ装着位置よりも前記軟性部の側で前記挿入部の外周に取り付けられ、前記一端から前記他端に向けて窄まる逆テーパ形状に形成された第2ガイド部を備える請求項1から5のいずれか1項に記載の圧力センサ。

【請求項7】
 
前記第1電極は、前記湾曲部の軸方向に沿って延びる複数の直線部分を有するとともに、前記複数の直線部分を繋ぎ合わせることで全体としてリング状を構成している請求項3に記載の圧力センサ。

【請求項8】
 
請求項1から7のいずれか1項に記載の圧力センサが前記湾曲部の周囲に装着されてなる内視鏡スコープ。

【請求項9】
 
請求項8に記載の内視鏡スコープと、
前記内視鏡スコープに装着された前記圧力センサからの検出信号を取得して処理する制御部と、
前記制御部による信号処理結果を出力する信号出力部と、
を備える内視鏡装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015213208thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close