Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF PROTEIN FILM

PRODUCTION METHOD OF PROTEIN FILM

Patent code P170014218
File No. S2014-0811-N0
Posted date Jun 14, 2017
Application number P2014-102455
Publication number P2015-218245A
Patent number P6519039
Date of filing May 16, 2014
Date of publication of application Dec 7, 2015
Date of registration May 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)堀 勝
  • (In Japanese)石川 健治
  • (In Japanese)池原 譲
  • (In Japanese)池原 早苗
  • (In Japanese)榊田 創
  • (In Japanese)秋元 義弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • (In Japanese)学校法人杏林学園
  • (In Japanese)株式会社ニコン
Title PRODUCTION METHOD OF PROTEIN FILM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method of a protein film which enables formation of a protein film while suppressing denaturation of the protein.
SOLUTION: A production method of a protein film includes a protein aqueous solution preparation step of preparing a protein aqueous solution PAS1 by mixing protein with an aqueous solvent and a plasma irradiation step of irradiating the protein aqueous solution PAS1 with plasma generated by a plasma generator 100. The plasma density of the plasma generated by the plasma generator 100 is 1×1013 cm-3 to 1×1015 cm-3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

タンパク質を合成することにより得られる膜は、工業用材料や食品用材料として応用されてきている。食品用材料として、湯葉用食品等が挙げられる。例えば、特許文献1には、膜状に形成した豆乳などの大豆蛋白質含有物に過熱水蒸気を当てることにより、湯葉様食品を製造する技術が開示されている。

また、工業用材料として、フィルムや繊維等が挙げられる。例えば、特許文献2には、ケラチン含有物質を水性媒体中、蛋白質変成剤の存在下で、還元剤により還元し、不溶物を除去した後、塩析することにより還元ケラチンを製造する技術が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、タンパク質膜の製造方法に関する。さらに詳細には、タンパク質水溶液からタンパク質膜を製造する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水系溶媒にタンパク質を混合してタンパク質水溶液を作製するタンパク質水溶液作製工程と、
プラズマ発生装置により発生させたプラズマを前記タンパク質水溶液に照射するプラズマ照射工程と、
を有し、
前記プラズマ発生装置が発生させるプラズマのプラズマ密度が、
1×1013cm-3以上1×1015cm-3以下の範囲内であること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項2】
 
溶媒にタンパク質が混合されたタンパク質水溶液を準備することと、
プラズマ発生装置により発生させたプラズマを前記タンパク質水溶液に照射して前記タンパク質の膜状凝固物を生成することと、
を含み、
前記プラズマ発生装置が発生させるプラズマのプラズマ密度が、
1×1013cm-3以上1×1015cm-3以下の範囲内であること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置は、
筒状の第1の電極と、
第2の電極と、
絶縁管と、
を有し、
前記第1の電極の第1の先端部は、
前記絶縁管の内部に配置されており、
前記第2の電極は、
前記絶縁管の外部に配置されており、
前記第1の電極の前記第1の先端部は、
突出部を有し、
前記突出部は、
マイクロホローを有すること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項4】
 
水系溶媒にタンパク質を混合してタンパク質水溶液を作製するタンパク質水溶液作製工程と、
プラズマ発生装置により発生させたプラズマを前記タンパク質水溶液に照射するプラズマ照射工程と、
を有し、
前記プラズマ発生装置は、
筒状の第1の電極と、
第2の電極と、
絶縁管と、
を有し、
前記第1の電極の第1の先端部は、
前記絶縁管の内部に配置されており、
前記第2の電極は、
前記絶縁管の外部に配置されており、
前記第1の電極の前記第1の先端部は、
突出部を有し、
前記突出部は、
マイクロホローを有すること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項5】
 
溶媒にタンパク質が混合されたタンパク質水溶液を準備することと、
プラズマ発生装置により発生させたプラズマを前記タンパク質水溶液に照射して前記タンパク質の膜状凝固物を生成することと、
を含み、
前記プラズマ発生装置は、
筒状の第1の電極と、
第2の電極と、
絶縁管と、
を有し、
前記第1の電極の第1の先端部は、
前記絶縁管の内部に配置されており、
前記第2の電極は、
前記絶縁管の外部に配置されており、
前記第1の電極の前記第1の先端部は、
突出部を有し、
前記突出部は、
マイクロホローを有すること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項6】
 
請求項3から請求項5までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置は、
前記絶縁管の外側に配置された第3の電極を有し、
前記第3の電極は、
前記絶縁管からみて前記第2の電極よりも遠い位置に配置されていること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項7】
 
請求項6に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置では、
前記第2の電極および前記第3の電極は、
いずれも筒状の電極であり、
前記第2の電極は、
前記第3の電極の筒の内側に配置されていること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項8】
 
請求項3から請求項7までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置では、
前記第1の電極の第2の先端部の側には、
放電ガスを供給するガス供給部が配置されており、
前記ガス供給部は、
前記第1の電極の筒状の内部と連通していること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項9】
 
請求項1から請求項8までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記タンパク質水溶液の液面において室温とほぼ等しい温度の前記プラズマを発生させること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項10】
 
請求項1から請求項9までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマの照射距離を選択して前記プラズマを前記タンパク質水溶液に照射すること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項11】
 
請求項1から請求項10までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記タンパク質は、アルブミン、グロブリン、グルテリン、プロラミン、フェチュイン、および卵白のうち少なくとも1つを含むこと
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項12】
 
請求項1から請求項11までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記タンパク質は血清タンパク質含むこと
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項13】
 
請求項2に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置は、第1の電極と第2の電極とを備え、
前記第1の電極と前記第2の電極との間に電圧を印加して前記プラズマを発生させること
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項14】
 
溶媒にタンパク質が混合されたタンパク質水溶液を準備することと、
プラズマ発生装置により発生させたプラズマを前記タンパク質水溶液の液面に照射して前記タンパク質の膜状凝固物を生成することと、
を含み、
前記タンパク質は、アルブミン、グロブリン、グルテリン、プロラミン、フェチュイン、卵白、血清タンパク質のうち少なくとも1つを含むこと
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。

【請求項15】
 
請求項1から請求項14までのいずれか1項に記載のタンパク質膜の製造方法において、
前記プラズマ発生装置における放電ガスは、希ガスと、窒素または酸素と、を含むこと
を特徴とするタンパク質膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014102455thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close