Top > Search of Japanese Patents > STOMACH MODEL DEVICE

STOMACH MODEL DEVICE meetings

Patent code P170014231
Posted date Jun 23, 2017
Application number P2013-011949
Publication number P2014-142535A
Patent number P6168585
Date of filing Jan 25, 2013
Date of publication of application Aug 7, 2014
Date of registration Jul 7, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小林 功
  • (In Japanese)市川 創作
  • (In Japanese)植村 邦彦
  • (In Japanese)神津 博幸
  • (In Japanese)中田 友輝
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title STOMACH MODEL DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a human stomach model device performing a movement approximate to the peristaltic movement of a human stomach and capable of being observed from the outside.
SOLUTION: When a motor 40 is driven to rotate a drive pulley 41, a driven pulley 42 is rotated via a timing belt 43. A driven pulley 44 rotates in a reverse direction in linkage with the rotation of the driven pulley 42. When the driven pulley 42 rotates, a drive sprocket 24 rotates via a timing belt 45, and a chain 26 which runs between the drive sprocket 24 and a driven sprocket 25 travels. A roller 28 fitted to the chain 26 moves downward from above so as to draw an arc while pushing an elastic plate 8 inward. A roller 38 also moves downward from above so as to draw the arc by the same mechanism. The movement approximate to the peristaltic movement of the human stomach is performed by these rollers 28, 38.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1には、医療トレーニング用のシミュレーションモデルの1つとして胃モデルが提案されている。この提案では非磁性物質にて生体模型を成形し、視覚的に確認できない部分を3次元グラフィックにより表示し、また挿入する器具に磁気センサを用いることで、内視鏡、指などの位置と動きを3次元グラフィック上にリアルタイムで把握できるようにしている。

特許文献2には、患者の自然胃に置き換えるための人工胃が提案されている。この人工胃は胃の内部を食物リザーバ、サーボリザーバ及び液圧流体リザーバに分け、ポンプを用いてサーボリザーバと液圧流体リザーバ間で液体の出し入れを行うことで、食物リザーバ内の食物を食道から空腸に向けて送り込むようにしている。

非特許文献1には2つのタイプのシミュレーションモデルが提案されている。1つはTIM(TNO gastric-amall intestinal model)で、他の1つはDGM(Dynamic gastric model)である。
TIMモデルは、透明なチューブをつなげて食道、胃、小腸に模したものであり、チューブの途中から、胃液などの消化液を送り込むことができる構造になっており、DGMモデルは下方が絞られた透明な筒で胃体部を構成し、この胃体部の下方に幽門部を接続し、この幽門部の動きで食物を下方に送るようにしている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、食品の消化挙動の観察に適した胃モデル装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも前面が透明とされ下部が絞られ下端部に小孔が形成された胃本体と、この胃本体の下方に向かって絞られる左右の側壁を構成する弾性板と、前記胃本体の左右の側壁の外側に配置されるぜん動運動付与機構からなり、前記ぜん動運動付与機構は前記胃本体の左右の側壁と平行に配置された長円若しくは楕円軌道と、この軌道にアームを介して取り付けられ前記左右の側壁を構成する弾性板を内側に押し込みつつ弧を描くように下方に移動する一対のローラを備え、前記一対のローラの下方への移動により胃本体内の空間のうち一対のローラによって絞られる部分よりも下側の空間の容積が小さくなることを特徴とする胃モデル装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013011949thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close