Top > Search of Japanese Patents > MICROORGANISMS CAPABLE OF DEGRADING ALKYLENE GLYCOL MONOALKYL ETHER AND USES THEREOF

MICROORGANISMS CAPABLE OF DEGRADING ALKYLENE GLYCOL MONOALKYL ETHER AND USES THEREOF meetings

Patent code P170014237
File No. (2015-P05)
Posted date Jun 23, 2017
Application number P2016-193359
Publication number P2017-086065A
Date of filing Sep 30, 2016
Date of publication of application May 25, 2017
Priority data
  • P2015-217773 (Nov 5, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)前田 理久
  • (In Japanese)宮崎 達
Applicant
  • (In Japanese)日本乳化剤株式会社
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title MICROORGANISMS CAPABLE OF DEGRADING ALKYLENE GLYCOL MONOALKYL ETHER AND USES THEREOF meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide reduction of the amount of byproducts and wastes generated in alkylene oxide addition reaction by degrading alkylene glycol monoalkyl ethers using microorganisms.
SOLUTION: Described herein are: a method for degrading an alkylene glycol monoalkyl ether by using a microorganism of the genus Cupriavidus; a method for producing polyhydroxyalkanoate from an alkylene glycol monoalkyl ether by using a microorganism of the genus Cupriavidus; and a microorganism of the genus Cupriavidus that can produce polyhydroxyalkanoate from an alkylene glycol monoalkyl ether. One embodiment of the microorganism of the genus Cupriavidus is a microorganism of which chromosomal 16SrRNA DNA is represented by the nucleotide sequence SEQ ID NO:1 or a nucleotide sequence 97% or more identical to SEQ ID NO:1. Another embodiment of the microorganism of the genus Cupriavidus is a microorganism of which chromosomal 16SrRNA DNA is represented by the nucleotide sequence SEQ ID NO:2 or a nucleotide sequence 97% or more identical to SEQ ID NO:2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

アルキレングリコールモノアルキルエーテル類(以下、単にグリコールエーテルとも称する)の合成法の一つとして、アルキレンオキサイド(例えば、酸化エチレン、酸化プロピレン、酸化ブチレン)付加反応が挙げられる。同合成法においては目的物合成の際、所望のモル数のみを付加した目的物を合成することは不可能であり、付加モル数に幅がある分布品として得られることが知られている。当分布品から目的物を得るためには、蒸留等の精製工程が必要であり、目的物が含まれる主留分以外の留分(初留分、後留分、釜残など)は、その後の利用価値の少ないものが多く、再利用、廃棄共に処理を必要とするものが多い。

グリコールエーテル類は、アルキレンオキサイド付加反応における副生成物の一つであるが、微生物の分解を受けにくく、グリコールエーテル類分解微生物の報告例は殆ど知られていない。トリエチレングリコールモノブチルエーテル(BTG)のように炭素鎖が長く、反応性が低いと推測されるグリコールエーテル類においては、微生物で分解することはさらに困難であった。

一方で、生分解性プラスチックであるポリヒドロキシアルカン酸(PHA)の製造に関し、微生物による合成が知られている。例えば、特許文献1では、ラウリン酸含量の高い油脂からPHAをカプリアビダス属細菌より生産する方法が報告されており、特許文献2では、酢酸を炭素源としてシュードモナス属細菌によりPHAを生産する方法が報告されている。

しかしながら、微生物による分解を受けにくいグリコールエーテル類を微生物により分解、すなわちグリコールエーテル類を炭素源とし、PHAを生産する方法は知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アルキレングリコールモノアルキルエーテル類を分解することができる微生物及びその使用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Cupriavidus属の微生物を用いて、下記の式(I)で表されるアルキレングリコールモノアルキルエーテルを分解する方法。
R-O-(AO)n-H (I)
(式中、Rは炭素数1~18のアルキル基であり、Aは、それぞれ、独立に、エチレン基、プロピレン基又はブチレン基であり、nは、1~50の整数である。)

【請求項2】
 
Cupriavidus属の微生物を用いて、下記の式(I)で表されるアルキレングリコールモノアルキルエーテルから、ポリヒドロキシアルカン酸を生産する方法。
R-O-(AO)n-H (I)
(式中、Rは炭素数1~18のアルキル基であり、Aは、それぞれ、独立に、エチレン基、プロピレン基又はブチレン基であり、nは、1~50の整数である。)

【請求項3】
 
下記の式(I)で表されるアルキレングリコールモノアルキルエーテルから、ポリヒドロキシアルカン酸を生産することができるCupriavidus属の微生物。
R-O-(AO)n-H (I)
(式中、Rは炭素数1~18のアルキル基であり、Aは、それぞれ、独立に、エチレン基、プロピレン基又はブチレン基であり、nは、1~50の整数である。)

【請求項4】
 
染色体DNAの16SrRNAが配列番号1のヌクレオチド配列又は配列番号1のヌクレオチド配列と97%以上の同一性を有するヌクレオチド配列で表される、Cupriavidus属の微生物。

【請求項5】
 
染色体DNAの16SrRNAが配列番号2のヌクレオチド配列又は配列番号2のヌクレオチド配列と97%以上の同一性を有するヌクレオチド配列で表される、Cupriavidus属の微生物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close