Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)アンブレインの製造方法

(In Japanese)アンブレインの製造方法 meetings

Patent code P170014293
File No. (S2013-1240-C0)
Posted date Jun 26, 2017
Application number P2015-535401
Patent number P6429243
Date of filing Aug 12, 2014
Date of registration Nov 9, 2018
International application number JP2014071333
International publication number WO2015033746
Date of international filing Aug 12, 2014
Date of international publication Mar 12, 2015
Priority data
  • P2013-184143 (Sep 5, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 努
  • (In Japanese)上田 大次郎
  • (In Japanese)星野 力
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人新潟大学
Title (In Japanese)アンブレインの製造方法 meetings
Abstract (In Japanese)テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素を3-デオキシアキレオールAに反応させて、アンブレインを得ること、を含むアンブレインの製造方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

龍涎香(ambergris)は、7世紀ごろから世界各地で使用されてきた高級香料であり、漢方薬としても使用されている。龍涎香は、マッコウクジラが食物(タコ、イカ等)の不消化物を消化管分泌物により結石化させ、排泄したものと考えられているが、詳細な生成メカニズムは不明である。龍涎香の主成分はアンブレインであり、龍涎香が海上を浮遊する間に日光と酸素によって酸化分解を受け、各種の香りを持つ化合物を生成すると考えられている。

龍涎香の主成分アンブレインは、香料又は薬剤として用いられているが、自然界から大量に入手することは不可能である。このため、種々の有機合成法が提案されている。
例えば、特開平10-236996号公報には、(+)-アンブレインを簡便かつ安価に効率よく製造する方法として、アンブレノリドから、新規なスルホン酸誘導体を製造し、これにγ-シクロゲラニルハライドの光学活性体をカップリングさせる工程を含む方法が開示されている。
また、Tetrahedron Asymmetry, (2006) Vol.17, pp.3037-3045には、(±)(5,5,8a-トリメチルオクタヒドロ-1H-スピロ[ナフタレン-2,2’-オキシラン]-1-イル)メタノールから合成した2-((1R,2R,4aS,8aS)-2-(メトキシメトキシ)-2,5,5,8a-テトラメチルデカヒドロナフタレン-1-イル)アセトアルデヒドと、(±)メチル 6-ヒドロキシ-2,2-ジメチルシクロヘキサンカルボキシレートから合成した5-((4-((S)-2,2-ジメチル-6-メチレンシクロヘキシル)ブタン-2-イル)スルホニル)-1-フェニル-1H-テトラゾールとを、Juliaカップリング反応によって収束的合成して、アンブレインを得る方法が開示されている。

一方、スクアレン-ホペン環化酵素の変異型酵素(D377C、D377N、Y420H、Y420W等)を用いることによって、スクアレンから、単環性トリテルペンである3-デオキシアキレオールAを得る方法が知られている(Biosci. Biotechnol. Biochem., (1999) Vol.63, pp.2189-2198、Biosci. Biotechnol. Biochem., (2001) Vol.65, pp.2233-2242、Biosci. Biotechnol. Biochem., (2002) Vol.66, pp.1660-1670)。
また、テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素が、テトラプレニル-β-クルクメンから4環性のC35テルペノールを生成する反応と、スクアレンから2環性のトリテルペンを生成する反応と、の2つの反応に関与する二機能性酵素であることが報告されている(J. Am. Chem. Soc., (2011) Vol.133, pp.17540-17543)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アンブレインの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素を3-デオキシアキレオールAに反応させて、アンブレインを得ること、を含むアンブレインの製造方法。

【請求項2】
 
テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素が、バチルス属細菌由来である、請求項1に記載のアンブレインの製造方法。

【請求項3】
 
テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素が、バチルス・メガテリウム、バチルス・サブチリス及びバチルス・リケニフォルミスのいずれか由来である、請求項1又は請求項2に記載のアンブレインの製造方法。

【請求項4】
 
スクアレンから3-デオキシアキレオールAを生成可能な変異型スクアレン-ホペン環化酵素を、スクアレンに反応させて、3-デオキシアキレオールAを得ること、をさらに含む、請求項1~請求項3のいずれか1項に記載のアンブレインの製造方法。

【請求項5】
 
変異型スクアレン-ホペン環化酵素が、配列番号1で示されるアミノ酸配列における377位、420位、607位及び612位からなる群より選択される少なくとも1つの部位にアミノ酸置換を有する、請求項4に記載のアンブレインの製造方法。

【請求項6】
 
変異型スクアレン-ホペン環化酵素が、配列番号2、配列番号3、配列番号4、配列番号5、配列番号6、配列番号7及び配列番号8のいずれかで示されるアミノ酸配列を有する、請求項4又は請求項5に記載のアンブレインの製造方法。

【請求項7】
 
テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素を3-デオキシアキレオールAに反応させてアンブレインを得ることを特徴とするアンブレインの製造方法に用いるための、テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素を含む組成物

【請求項8】
 
前記テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素が、バチルス属細菌由来であることを特徴とする、請求項7に記載の組成物

【請求項9】
 
前記テトラプレニル-β-クルクメン環化酵素が、バチルス・メガテリウム、バチルス・サブチリス及びバチルス・リケニフォルミスのいずれか由来であることを特徴とする、請求項7又は請求項8に記載の組成物
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close