Top > Search of Japanese Patents > MICROCHAMBER ARRAY DEVICE AND METHOD OF ANALYZING INSPECTION OBJECT USING THE SAME

MICROCHAMBER ARRAY DEVICE AND METHOD OF ANALYZING INSPECTION OBJECT USING THE SAME

Patent code P170014351
File No. S2016-0164-N0
Posted date Jun 30, 2017
Application number P2015-229660
Publication number P2017-093359A
Date of filing Nov 25, 2015
Date of publication of application Jun 1, 2017
Inventor
  • (In Japanese)藤井 輝夫
  • (In Japanese)金 秀▲弦▼
  • (In Japanese)緒方 謙
Applicant
  • (In Japanese)一般財団法人生産技術研究奨励会
Title MICROCHAMBER ARRAY DEVICE AND METHOD OF ANALYZING INSPECTION OBJECT USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a microchamber array device incorporating a reaction microchamber which can dramatically increase the efficiency of cell collection and which can increase a dilution rate simultaneously, and to provide a method of analyzing an object to be inspected using the same.
SOLUTION: In a micro chamber array device, a microchamber array 1 for capturing cells by dielectrophoresis on which a substrate 2, an electrode 3 and a photoresist 4 are arranged; and a reaction microchamber array 6 consisting of a reaction microchamber 8 consisting of a microchannel 7 which is separated from the cell capturing-microchamber array 1 and which is arranged to face the microchamber array 1 are provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、細胞集団において、個々の細胞における遺伝子発現には大きなばらつきがあることが指摘されており、1細胞単位で遺伝子発現量を解析する研究が行われている。これに伴い、細胞集団を単一細胞レベルで同時に遺伝子発現解析することが強く求められている。細胞の遺伝子発現解析を行うため、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(Reverse transcription polymerase chain reaction, RT-PCR)がよく用いられる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、マイクロチャンバーアレイ装置およびそれを用いた検査対象物の解析方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基板と電極とフォトレジストからなり誘電泳動により細胞を捕捉する細胞捕捉用マイクロチャンバーを備える細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイと、
該細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイとは分かれており、該細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイと対向するように配置される、マイクロチャネルからなる反応用マイクロチャンバーを備える反応用マイクロチャンバーアレイとを具備することを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置。

【請求項2】
 
請求項1記載のマイクロチャンバーアレイ装置において、前記細胞捕捉用マイクロチャンバーと前記反応用マイクロチャンバーの位置を対応させ、解析時には前記細胞捕捉用マイクロチャンバーと前記反応用マイクロチャンバーによって密閉化されたマイクロチャンバーを形成可能にすることを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載のマイクロチャンバーアレイ装置において、前記細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイと前記反応用マイクロチャンバーアレイ間に細胞懸濁液および解析用の溶液を導入可能であることを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置。

【請求項4】
 
請求項1~3記載のマイクロチャンバーアレイ装置において、前記反応用マイクロチャンバーの寸法は、直径20μm~200μm、高さ10μm~1000μmであることを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置。

【請求項5】
 
請求項1~4記載のマイクロチャンバーアレイ装置において、前記細胞は前記細胞捕捉用マイクロチャンバーに1つずつ捕捉され、前記反応用マイクロチャンバーの高さを高くして解析時の前記細胞の希釈率を高くするとともに、細胞の回収効率を90%以上に保つことができることを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置。

【請求項6】
 
細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイと反応用マイクロチャンバーアレイとの間に細胞懸濁液を導入し、誘電泳動による細胞捕捉を行い、解析用の溶液を導入して試薬の交換を行い、前記細胞捕捉用マイクロチャンバーアレイと前記反応用マイクロチャンバーアレイとで捕捉された細胞のシーリングを行い、該細胞の解析を行うことを特徴とするマイクロチャンバーアレイ装置を用いた検査対象物の解析方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015229660thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close