Top > Search of Japanese Patents > ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING AND METHOD FOR MANUFACTURING ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING

ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING AND METHOD FOR MANUFACTURING ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING meetings

Patent code P170014388
File No. P15-096
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2016-153481
Publication number P2018-020404A
Date of filing Aug 4, 2016
Date of publication of application Feb 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)小谷野 智広
  • (In Japanese)古本 達明
  • (In Japanese)細川 晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING AND METHOD FOR MANUFACTURING ELECTRODE FOR ELECTROLYTIC PROCESSING meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electrode for electrolytic processing which can quickly eliminate an electrolyte solution from between electrodes, and to provide a method for manufacturing an electrode for electrolytic processing.
SOLUTION: An electrode 1 for electrolytic processing, which has a discharge port 12 on a head of a hollow electrode body portion 10 having an electrolyte solution supply path 11 therein and jets an electrolyte solution from the discharge port, has a porous portion 20 blocking the electrolyte solution supply path only inside of the discharge port. The electrolyte solution is jetted from only a central portion of an end face of the electrode body, and accordingly a flow from the central portion toward the outer edge portion can be formed, and an electrolyte solution 30 can be quickly eliminated from the electrodes to the outside together with an electrolyte product 201. Boiling of the electrolyte solution can be also surely prevented. The electrode for electrolytic processing enables electrolytic processing to be applied even to a processing shape which has been conventionally difficult to application of the electrolytic processing.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

電解加工は陰極の工具電極と陽極の被加工物とを所定の間隔を空けて対向させておき、電解液中で電圧を印可して電流を供給する。そして、被加工物の表面のうち工具電極に対向する面(加工面)を電解作用により電解液中に溶出させることで被加工物を所望の形状に加工する。
溶出した金属は水酸化物や酸化物となり、陰極の工具電極上には水素が発生する。これら電解生成物が極間に蓄積すると電流の流れが阻害されて短絡が生じるなど加工の妨げになる。また、極間のジュール発熱による電解液の沸騰を防ぐ必要がある。
そこで、図13に示すように工具電極の内部を中空にして電解液供給路とし、先端に設けた吐出口から電解液を噴出させながら循環再利用することで加工中に生じる極間の電解生成物を除去し且つ電解液の沸騰を防ぐ技術が知られている。
しかし、加工面のうち特に吐出口と対向する箇所では電流分布が不均一になるため加工が不十分になり、未加工部が突起して残るという問題が知られている。
そこで、例えば特許文献1には、図14に示すように多孔質の焼結金属からなる封止材を、中空の電極本体の端面全体を覆うように取り付けた電極が開示されている。この電極によれば封止材の多孔質部分から電解液が流れ出るので、加工面全体に亘り電解液及び電流をある程度均一に分布させることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は電解加工用電極及び電解加工用電極の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内部に電解液供給路を備える中空の電極本体部の先端に吐出口を備えており、当該吐出口から電解液を噴出する電解加工用電極において、
前記電解液供給路を塞ぐポーラス部を前記吐出口の内側だけに備えることを特徴とする電解加工用電極。

【請求項2】
 
前記電極本体部と前記ポーラス部とが一体成形されていることを特徴とする請求項1に記載の電解加工用電極。

【請求項3】
 
前記ポーラス部の空孔率が前記電解液供給路の中心部から外縁部に向かって次第に小さくなることを特徴とする請求項1又は2に記載の電解加工用電極。

【請求項4】
 
内部に電解液供給路を備えており、先端に電解液を噴出する吐出口を備える中空の電極本体部と、前記吐出口の内側だけに形成されて前記電解液供給路を塞ぐポーラス部とを金属粉末焼結積層造形法により一体成形することを特徴とする電解加工用電極の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016153481thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close