Top > Search of Japanese Patents > ASSEMBLY, INCLUSION COMPOUND, AND LIGHT EMITTING MATERIAL

ASSEMBLY, INCLUSION COMPOUND, AND LIGHT EMITTING MATERIAL

Patent code P170014389
File No. P16-036
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2016-175615
Publication number P2018-039758A
Date of filing Sep 8, 2016
Date of publication of application Mar 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)生越 友樹
  • (In Japanese)土田 啓
  • (In Japanese)丸山 圭佑
  • (In Japanese)角田 貴洋
  • (In Japanese)山岸 忠明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title ASSEMBLY, INCLUSION COMPOUND, AND LIGHT EMITTING MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light emitting material that emits phosphorescence.
SOLUTION: The present invention provides an assembly of a compound selected from the group consisting of a compound represented by formula (1) and a compound represented by formula (2).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、発光材料に関する検討が種々行われている。特に、燐光を発する材料(燐光発光材料)は、その発光効率の高さから、種々の材料開発がなされている。
例えば、非特許文献1においては、1,4-ジエトキシベンゼンに関して、燐光が観測される旨が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、会合体、包接体、および、発光材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(1)で表される化合物、および、式(2)で表される化合物からなる群から選択される化合物の会合体。
【化1】
 
(省略)
式(1)中、R1は、それぞれ独立に、アルキル基を表す。mは0以上の整数を表す。
式(2)中、R2は、それぞれ独立に、アルキル基を表す。nは6以上の整数を表す。

【請求項2】
 
mが0~3の整数を表す、請求項1に記載の会合体。

【請求項3】
 
nが6~8の整数を表す、請求項1または2に記載の会合体。

【請求項4】
 
R2で表されるアルキル基の炭素数が、3~15である、請求項1~3のいずれか1項に記載の会合体。

【請求項5】
 
CuKα線による粉末X線回折スペクトルにおいて18.0~22.0°の間にピークを有する、請求項1~4のいずれか1項に記載の会合体。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の会合体と、前記会合体内部に内包されたゲスト化合物とを有する包接体。

【請求項7】
 
前記ゲスト化合物が、蛍光化合物である、請求項6に記載の包接体。

【請求項8】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の会合体、または、請求項6若しくは7に記載の包接体を含む、発光材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close