Top > Search of Japanese Patents > SEQUENCE GENERATION APPARATUS, ENCODING PROCESSING APPARATUS AND TRANSMITTING APPARATUS

SEQUENCE GENERATION APPARATUS, ENCODING PROCESSING APPARATUS AND TRANSMITTING APPARATUS

Patent code P170014390
File No. P16-033
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2016-207576
Publication number P2018-072867A
Date of filing Oct 24, 2016
Date of publication of application May 10, 2018
Inventor
  • (In Japanese)藤崎 礼志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title SEQUENCE GENERATION APPARATUS, ENCODING PROCESSING APPARATUS AND TRANSMITTING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sequence generation apparatus capable of generating a large number of a sequence which is uncorrelated with each other, having arbitrarily specified autocorrelation characteristics and uniform distribution, an encoding apparatus using the sequence, a transmitting apparatus, and a receiving apparatus.
SOLUTION: A sequence generation apparatus 100 is provided with a generation unit 130 for generating a first sequence, depending on a division monotonous increase Markov conversion slope established based on predetermined correlation characteristics, and a conversion unit 150 for converting a first sequence to a second sequence on the basis of a conversion condition established based on a predetermined distribution and the division monotonous increase Markov conversion slope.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

擬似乱数が使用される分野は、情報通信系、暗号系、計算機科学、経済学(数理ファイナンス)、地球科学(地球シミュレーション)、気象学、ゲノム・サイエンスと枚挙に暇がない。また、学術分野のみならず、高機能携帯端末(スマートフォン)、通信、金融と情報技術(IT)を融合させたフィンテック(電子決済、クラウド会計)、多元センサーのランダム制御(自動給水装置及び自動給水システム)を証左として、「擬似乱数は我々の社会生活に必要不可欠なインフラ技術の一つである」と言っても過言ではない。

例えば、特許文献1には、区分単調増加マルコフ変換を用いて最大周期列を生成するアルゴリズムが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、系列生成装置、符号化処理装置、送信装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の相関特性に基づいて設定された区分単調増加マルコフ変換の傾きに応じて、第1系列を生成する生成部と、
所定の分布と前記区分単調増加マルコフ変換の傾きとに基づいて設定された変換条件に基づいて、前記第1系列を第2系列に変換する変換部と、
を備える系列生成装置。

【請求項2】
 
前記所定の分布は、均等分布である、請求項1記載の系列生成装置。

【請求項3】
 
前記所定の相関特性は、下記式のρである、請求項1又は2記載の系列生成装置。
【数1】
 
(省略)
ここで、Zは、前記第1系列の確率変数である。

【請求項4】
 
前記変換部は、下記式により、前記第1系列を前記第2系列に変換する、請求項1乃至3のうちいずれか1項記載の系列生成装置。
【数2】
 
(省略)
ここで、Xは前記第1系列であり、Φは前記変換条件を表すブロック符号であり、Yは前記第2系列であり、Sは、Lブロック全体の集合{0,1,2}L上のシフト変換であって、v=v1v2・・・vL∈{0,1,2}Lに対して下記式で表される。
【数3】
 
(省略)

【請求項5】
 
前記変換条件を表すブロック符号は、下記式で定義される、請求項4記載の系列生成装置。
【数4】
 
(省略)
【数5】
 
(省略)

【請求項6】
 
前記変換条件を表すブロック符号は、下記式で定義される、請求項4又は5記載の系列生成装置。
【数6】
 
(省略)

【請求項7】
 
前記第2系列は、拡散符号である、請求項1乃至6のうちいずれか1項記載の系列生成装置。

【請求項8】
 
前記第2系列は、暗号化又は復号のための系列である、請求項1乃至6のうちいずれか1項記載の系列生成装置。

【請求項9】
 
第1系列から変換された第2系列を、記憶する記憶部と、
前記第2系列に基づいて、信号列の符号化を行う符号化部と、
を備え、
前記第1系列は、所定の相関特性に基づいて設定された区分単調増加マルコフ変換の傾きに応じて生成された系列であり、
前記第2系列は、前記第1系列を、所定の分布と前記区分単調増加マルコフ変換の傾きとに基づく変換条件に基づいて変換した系列である、
符号化処理装置。

【請求項10】
 
前記第2系列は、前記第1系列から変換された拡散符号であり、
前記符号化は、前記信号列の拡散である、
請求項9記載の符号化処理装置。

【請求項11】
 
前記符号化は、前記信号列の暗号化である、請求項9記載の符号化処理装置。

【請求項12】
 
第1系列から変換された第2系列に基づいて、信号列の符号化を行う符号化部と、
前記符号化後の前記信号列を、他の装置に送信する送信部と、
を備え、
前記第1系列は、所定の相関特性に基づいて設定された区分単調増加マルコフ変換の傾きに応じて生成された系列であり、
前記第2系列は、前記第1系列を、所定の分布と前記区分単調増加マルコフ変換の傾きとに基づく変換条件に基づいて変換した系列である、
送信装置。

【請求項13】
 
前記第2系列は、前記第1系列から変換された拡散符号であり、
前記符号化は、前記信号列の拡散である、
請求項12記載の送信装置。

【請求項14】
 
前記符号化は、前記信号列の暗号化である、請求項12記載の送信装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016207576thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close