Top > Search of Japanese Patents > RUBBING AND ABRASION TESTING MACHINE

RUBBING AND ABRASION TESTING MACHINE

Patent code P170014394
File No. P16-040
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2017-009447
Publication number P2018-119803A
Date of filing Jan 23, 2017
Date of publication of application Aug 2, 2018
Inventor
  • (In Japanese)岩井 智昭
  • (In Japanese)赤池 豊
  • (In Japanese)西堀 淳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title RUBBING AND ABRASION TESTING MACHINE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a rubbing and abrasion testing machine having high test reliability with a simple configuration.
SOLUTION: A rubbing and abrasion testing machine includes: a holder part for holding a test piece; and a rubbing member to have sliding contact with a test piece. The machine includes: a motion mechanism for allowing a test piece and the rubbing member to relatively perform a reciprocative motion or a rotational motion; and a switching mechanism for mechanically switching a state of a test piece with the rubbing member between a sliding contact state and a separation state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

材料の摩擦摩耗試験は、試験片を相手面に押し当て相対運動させる摩耗試験であるが、摩擦面を無潤滑で行う乾式と、摩擦面に水,油等の潤滑剤を供給して行う湿式とがある。
一般的に乾式は、摩擦面の摩耗が安定しない。
これに対して、潤滑性液体を用いた潤滑下の湿式摩擦試験では、摩擦面の異常発熱を抑え、摩耗量の再現性が高い。
しかし、従来の摩擦摩耗試験では試験片を相手面に常に接触させた状態で、相対的な往復運動又は回転運動させるために摩擦面から潤滑剤が排除され、枯渇潤滑状態になりやすく、再現性の高い正しい摩耗試験結果が得られない課題があった。

特許文献1には、摩擦係数測定装置ではあるものの、第5図に案内板19に設けられたパターン設定カム20bを有するスライド面のパターン設定構造を開示する。
しかし、同公報の第3図を見ると明らかなように、両側の支柱16a,16bに門構え状に固定されたガイドシャフト15a,15bに固定した本体支柱14を有し、この本体支柱14に対して上下動するアーム10に、摩擦係数を測定するための工具3が固定されている。
このことから、工具3はパターン設定カム20bに沿って直接上下動するものではなく、このパターン設定カム20bの形状をセンサー等にて検出し、その電気信号によりベロフラムシリンダーが伸縮するものと認められ、機械的に直接接触パターンを制御するものではなく、電気的な複雑な制御である。
よって、上下の機械的構造も複雑となっている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、材料の摩擦摩耗試験機に関し、特に摩擦面の潤滑切れ防止構造に係る。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
試験片を保持するホルダー部と、前記試験片に摺接する摩擦部材とを備え、
前記試験片と前記摩擦部材とを相対的に往復運動又は回転運動させるための運動機構と、
前記試験片と前記摩擦部材との摺接状態と離間状態とを機械的に切り換えるための切換機構とを有することを特徴とする摩擦摩耗試験機。

【請求項2】
 
前記切換機構は倣い機構又はカム機構であることを特徴とする請求項1記載の摩擦摩耗試験機。

【請求項3】
 
摩擦係数の計測手段を備えたことを特徴とする請求項1又は2記載の摩擦摩耗試験機。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017009447thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close