Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF PRODUCING CHAMBER ARRAY

METHOD OF PRODUCING CHAMBER ARRAY

Patent code P170014399
File No. P16-013
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2016-232100
Publication number P2018-085975A
Date of filing Nov 30, 2016
Date of publication of application Jun 7, 2018
Inventor
  • (In Japanese)古寺 哲幸
  • (In Japanese)豐田 貴大
  • (In Japanese)内橋 貴之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title METHOD OF PRODUCING CHAMBER ARRAY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of producing a chamber array that can be easily produced with a large area and high density.
SOLUTION: The method of producing a chamber array 1 in which a plurality of chambers 12 are formed in a resin 10 comprises: a bead placement process of placing a plurality of beads 22 on a substrate 20; a contact imprinting step of providing a liquid resin 10a on the substrate 20 and the plurality of beads 22 and curing; a separation step of separating the resin 10 from the substrate 20 after curing; and a removal step of removing the plurality of beads 22 from the resin 10 separated from the substrate 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、生物学、材料学その他の研究分野では、細胞、生体分子、その他の微小粒子等に生じる現象または反応を観察したり、所定のパラメータの測定を行ったりすることが一般的に行われている。そのような細胞、生体分子、その他の微小粒子等を観測したり、細胞、生体分子、その他の微小粒子等を反応させたりするための試料ホルダーとして、基板に複数の凹部(チャンバー)が形成されたチャンバーアレイが知られている(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1では、基板の上面にサブミクロンオーダーのチャンバーが複数形成されたマイクロチャンバーチップが開示されている。マイクロチャンバーチップは、例えばマイクロチャンバーの形状に対応する凸部を有する金型を用いて形成する方法、シリコーン樹脂などを用いて射出成型する方法、または、リソグラフィによる微細加工により熱可塑性樹脂等のポリマー、金属またはガラスなどからなる基板に凹部を直接加工する方法などにより形成される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、チャンバーアレイの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
樹脂に複数のチャンバーが形成されたチャンバーアレイの製造方法であって、
基板上に複数のビーズを配置するビーズ配置工程と、
前記基板および前記複数のビーズ上に液状の前記樹脂を配置し、硬化させるコンタクトインプリンティング工程と、
硬化後の前記樹脂を前記基板から剥離する剥離工程と、
前記基板から剥離した前記樹脂から前記複数のビーズを除去する除去工程とを含む
チャンバーアレイの製造方法。

【請求項2】
 
前記ビーズ配置工程において、
前記複数のビーズを、それぞれ独立して前記基板上に配置させる
請求項1に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項3】
 
前記基板は、基板表面に第1の官能基を有し、
前記複数のビーズのそれぞれは、ビーズ表面に第2の官能基を有し、
前記第1の官能基と前記第2の官能基とが化学架橋することにより、前記複数のビーズは前記基板上に配置される
請求項2に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項4】
 
前記除去工程において、
前記樹脂および前記複数のビーズに超音波を印加することにより、前記複数のビーズを前記樹脂から除去する
請求項1~3のいずれか1項に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項5】
 
前記除去工程において、
有機溶剤により前記複数のビーズを前記樹脂から除去する
請求項1~3のいずれか1項に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項6】
 
前記第2の官能基は、アミノ基である
請求項3に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項7】
 
前記第2の官能基は、カルボキシル基である
請求項3に記載のチャンバーアレイの製造方法。

【請求項8】
 
前記樹脂は、ポリジメチルシロキサン(PDMS)である
請求項1~7のいずれか1項に記載のチャンバーアレイの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016232100thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close