TOP > 国内特許検索 > 有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法

有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法 新技術説明会

国内特許コード P170014420
整理番号 P16-056
掲載日 2017年7月12日
出願番号 特願2017-022527
公開番号 特開2018-127421
出願日 平成29年2月9日(2017.2.9)
公開日 平成30年8月16日(2018.8.16)
発明者
  • 黒田 浩介
  • 高橋 憲司
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
  • 学校法人金沢工業大学
発明の名称 有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法 新技術説明会
発明の概要 【課題】外部刺激を加えるだけで特性を制御できる有機塩を提供する。
【解決手段】一般式(c1)で表されるカチオン部と、一般式(a1)で表されるアニオン部と、を有する有機塩。当該有機塩からなるイオン液体、並びに、これを利用した可変抵抗器及びバイオエタノール製造装置。式(c1)中、XC+は、カチオン基を表す。式(a1)中、YA-は、アニオン基を表す。RとRとは、互いに結合して動的共有結合を形成し得る官能基を表す。
[化1]



【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


反応溶媒又は電解質に利用できる媒体として、イオン液体が注目されている。
イオン液体は、融点が低く、室温付近でも液体状態で存在するイオン(カチオン、アニオン)のみから構成される有機塩である。かかる有機塩は、熱安定性、化学的安定性及びイオン伝導性が高く、不揮発性、不燃性等の特性を有し、様々な用途への利用が検討されている。



かかる有機塩は、そのイオン構造のデザイン性が高く、僅かな構造の違いにより性質が大きく変わり得る。
非特許文献1では、イオン構造が相互に類似する有機塩(カチオン、アニオン)と双性イオンとにおいて、イオン構造に含まれる炭素原子の個数が同じであっても、水との相溶性が異なり、有機塩の方が双性イオンに比べて水との相溶性が高いこと、が報告されている。

産業上の利用分野


本発明は、有機塩、動的共有結合を有する化合物、イオン液体、並びに、可変抵抗器及び抵抗値の制御方法、バイオエタノール製造装置及びバイオエタノールの製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記一般式(c1)で表されるカチオン部と、下記一般式(a1)で表されるアニオン部と、を有する有機塩。
【化1】


[式中、XC+は、カチオン基を表す。YA-は、アニオン基を表す。RとRとは、互いに結合して動的共有結合を形成し得る官能基を表す。]

【請求項2】
水への溶解度は、0.5[g/100g-HO]超である、請求項1に記載の有機塩。

【請求項3】
イミダゾリウム塩である、請求項1又は2に記載の有機塩。

【請求項4】
ホスホニウム塩である、請求項1又は2に記載の有機塩。

【請求項5】
下記一般式(z1)で表される化合物。
【化2】


[式中、XC+は、カチオン基を表す。YA-は、アニオン基を表す。RXYは、動的共有結合を有する基を表す。]

【請求項6】
前記一般式(z1)中のXC+は、イミダゾリウムカチオン基である、請求項5に記載の化合物。

【請求項7】
前記一般式(z1)中のXC+は、ホスホニウムカチオン基である、請求項5に記載の化合物。

【請求項8】
請求項1~4のいずれか一項に記載の有機塩からなるイオン液体。

【請求項9】
請求項8に記載のイオン液体を電気抵抗体として用いた可変抵抗器。

【請求項10】
請求項8に記載のイオン液体を電気抵抗体として用いることにより抵抗値を制御する、抵抗値の制御方法。

【請求項11】
請求項8に記載のイオン液体を抽出媒体としたバイオエタノール製造装置。

【請求項12】
バイオマスからエタノールを製造するバイオエタノールの製造方法において、
バイオマスから得られ、不純物として無機塩を含むグルコース原料と、請求項8に記載のイオン液体と、の混合液に、窒素ガスを供給しつつ電気透析を行うことによって、前記混合液から無機塩を除去する工程(I)と、
前記工程(I)の後、無機塩が除去された混合液に、二酸化炭素ガスを供給しつつ電気透析を行うことにより、イオン液体とグルコースとを分離する工程(II)と、
前記工程(II)の後、分離したグルコースを発酵させて、バイオエタノールを得る工程(III)と、
を有する、バイオエタノールの製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close