Top > Search of Japanese Patents > ZWITTERION, AND ADDITIVE FOR CULTURE MEDIUM CONTAINING ZWITTERION AND POORLY-SOLUBLE MATERIAL DISSOLVING AGENT

ZWITTERION, AND ADDITIVE FOR CULTURE MEDIUM CONTAINING ZWITTERION AND POORLY-SOLUBLE MATERIAL DISSOLVING AGENT meetings

Patent code P170014421
File No. P17-007
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2017-101161
Publication number P2018-191623A
Date of filing May 22, 2017
Date of publication of application Dec 6, 2018
Inventor
  • (In Japanese)黒田 浩介
  • (In Japanese)高橋 憲司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title ZWITTERION, AND ADDITIVE FOR CULTURE MEDIUM CONTAINING ZWITTERION AND POORLY-SOLUBLE MATERIAL DISSOLVING AGENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an additive for culture medium that has small toxicity to cells and can be used instead of conventional DMSO as a solvent.
SOLUTION: An additive for culture medium contains a zwitterion represented by the following formula (1) (where A is an anion selected from the group consisting of SO3-, -COO-, -OP=O (H) O-, -OP=O (CH3) O- and -OP=O (OR3) O-, R1 is a C1-5 alkyl group optionally having one or two oxygen atoms in the molecular chain, R2 is a C3-5 alkylene group, R3 is an alkyl group optionally having a hetero atom in the molecular chain.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、細胞を用いたアッセイにおいて薬剤等の水難溶性の物質(以下、「難溶性物質」という)を培地に添加する場合には、その難溶性物質の溶媒としてジメチルスルホキシド(DMSO)がしばしば用いられる。しかし、DMSOはその濃度が高くなると、細胞毒性を呈することが知られていた(非特許文献1)。そのため、難溶性物質を培地に添加する際には、例えば、添加した物質量の100倍から1000倍になるようにDMSOで溶解し、培地に必要量添加することによって、培地中のDMSO濃度が1%~0.1%になるように調整している。しかし、細胞に対するDMSOの悪影響は避けられず、したがって、DMSOに代替でき、細胞に対する毒性がより小さく、難溶性物質を良く溶解するような、溶媒として用いられる培地用の新規添加剤の開発が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、双性イオン、並びに双性イオンを含む培地用添加剤及び難溶性物質溶解剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
双性イオンを含む培地用添加剤。

【請求項2】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン、アンモニウムカチオン、スルホニウムカチオン、ピラゾリウムカチオン、ピリジニウムカチオン、ピロリジニウムカチオン、モルホリニウムカチオン、シクロプロペニリウムカチオン及びピペリジニウムカチオンからなる群から選択されるカチオンである請求項1に記載の培地用添加剤。

【請求項3】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン又はホスホニウムカチオンである請求項1に記載の培地用添加剤。

【請求項4】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、置換基として分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個のアルキル基を1個以上有する請求項1~3のいずれか1項に記載の培地用添加剤。

【請求項5】
 
前記双性イオンのカチオン部位とアニオン部位との間が、分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個の1個以上のアルキレン基を介して結合される請求項1~4のいずれか1項に記載の培地用添加剤。

【請求項6】
 
前記双性イオンが、下記式(1)
【化1】
 
(省略)
(式中、Aは、SO3、-COO、-OP=O(H)O、-OP=O(CH3)O及び-OP=O(OR3)Oからなる群から選択されるアニオンであり、R1は、分子鎖中に1又は2個の酸素原子を含んでいても良い炭素数1~5個のアルキル基であり、R2は、炭素数3~5個のアルキレン基であり、R3は、分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)
で表される請求項1に記載の培地用添加剤。

【請求項7】
 
前記双性イオンが、下記式(2)
【化2】
 
(省略)
(式中、R1及びR2は、請求項6で定義したとおりである。)
で表される請求項6に記載の培地用添加剤。

【請求項8】
 
双性イオンを含む難溶性物質溶解剤。

【請求項9】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン、アンモニウムカチオン、スルホニウムカチオン、ピラゾリウムカチオン、ピリジニウムカチオン、ピロリジニウムカチオン、モルホリニウムカチオン、シクロプロペニリウムカチオン及びピペリジニウムカチオンからなる群から選択されるカチオンである請求項8に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項10】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン又はホスホニウムカチオンである請求項8に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項11】
 
前記双性イオンのカチオン部位が、置換基として分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個のアルキル基を1個以上有する請求項8~10のいずれか1項に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項12】
 
前記双性イオンのカチオン部位とアニオン部位との間が、分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個の1個以上のアルキレン基を介して結合される請求項8~11のいずれか1項に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項13】
 
前記双性イオンが、下記式(1)
【化3】
 
(省略)
(式中、Aは、SO3、-COO、-OP=O(H)O、-OP=O(CH3)O及び-OP=O(OR3)Oからなる群から選択されるアニオンであり、R1は、分子鎖中に1又は2個の酸素原子を含んでいても良い炭素数1~5個のアルキル基であり、R2は、炭素数3~5個のアルキレン基であり、R3は、分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)
で表される請求項8に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項14】
 
前記双性イオンが、下記式(2)
【化4】
 
(省略)
(式中、R1及びR2は、請求項13で定義したとおりである。)
で表される請求項13に記載の難溶性物質溶解剤。

【請求項15】
 
下記式(4)
【化5】
 
(省略)
で表される双性イオン。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017101161thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close