Top > Search of Japanese Patents > DRUG DETECTION METHOD

DRUG DETECTION METHOD

Patent code P170014441
File No. N16093
Posted date Jul 13, 2017
Application number P2017-032781
Publication number P2018-136281A
Date of filing Feb 24, 2017
Date of publication of application Aug 30, 2018
Inventor
  • (In Japanese)▲高▼橋 史樹
  • (In Japanese)金 継業
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title DRUG DETECTION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new drug detection method capable of clearly distinguishing drugs including methamphetamine from other substances.
SOLUTION: A drug detection method includes the steps of: adding an organic solvent to a sample; extracting only the organic solvent from the mixed solution; adding a dispersant to the organic solvent after the extraction; and analyzing mixed solution of the organic solvent and the dispersant. The drug detection method according to the present invention allows only methamphetamine to be selectively detected with accuracy even if a drug is detected by using the sample containing substances indicating the same electrochemiluminescence activity as a detection object.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、レクリエーション薬としての薬物乱用は、薬物依存につながる可能性があるとして、世界中で深刻な社会問題として認識されている。特にアンフェタミン系の薬物は覚醒及び食欲不振作用を誘発する強力な中枢神経系刺激剤であることが知られている(非特許文献1-3)。

メタンフェタミン(以下、「MA」という。)は、日本における乱用薬物として最も一般的に使用されているもので、違法な所持、使用等により毎年1万人以上が逮捕されているため、薬物問題における我が国における最重要課題とされている(非特許文献4)。

尿、血液、唾液などの生体試料を用いたMAの定量は、MAの接種による乱用を直接確認できるため有効な手段として普及している。MAの定量を行う方法としては、ガスクロマトグラフィー、液体クロマトグラフィーおよびキャピラリー電気泳動クロマトグラフィー等と組み合わせた質量分析法が高感度検出のために使用されている(非特許文献1、5)。

電気化学発光(以下、「ECL」という。)は、電極反応によって生じた発光化学種が、後続化学反応によって励起状態となり、発光する現象である(非特許文献6、7)。この方法は、蛍光分光法のような励起光源は不要であるため高感度の分析が可能である上、装置が比較的小型であるため、各種現場におけるその場分析が可能である特長を有する。さらに、この方法は前述した尿や血液などの半透明な生体試料でも検出器の構成を工夫することで分析が行えるという特徴がある。このため、ECL法は、生物学的試料中の薬物検出の手段として、注目を集めている(非特許文献7-9)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、薬物の検出方法に関し、特に、検出対象となる薬物を他の物質と区別し、誤検出を防ぐことが可能な、薬物の検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
試料に有機溶媒を添加する工程と、
前記混合溶液から有機溶媒のみを抽出する工程と、
前記抽出後の有機溶媒に分散剤を添加する工程と、
前記有機溶媒と分散剤との混合溶液の分析を行う工程と、
を備えることを特徴とする、薬物の検出方法。

【請求項2】
 
前記有機溶媒の溶液は、ヘキサン、酢酸エチル、n-オクタノール、クロロホルムから選択される1または2以上の溶液であることを特徴とする請求項1記載の検出方法。

【請求項3】
 
前記分散剤の溶液は、メタノール、エタノール、n-プロパノール、アセトン、アセトニトリルから選択される1または2以上の溶液であることを特徴とする請求項1または2記載の検出方法。

【請求項4】
 
前記試料と前記有機溶媒の混合溶液に機械的作用を印加する工程と、
をさらに備えることを特徴とする、請求項1-3のいずれか1項記載の検出方法。

【請求項5】
 
前記薬物がメタンフェタミンであることを特徴とする、請求項1-4のいずれか1項記載の検出方法。

【請求項6】
 
前記分析の方法が、電気化学発光の反応を利用した方法であることを特徴とする、請求項1-5のいずれか1項記載の検出方法。

【請求項7】
 
前記有機溶媒と前記分散剤の混合溶媒のpH値を調製する工程と、
をさらに備えることを特徴とする、請求項1-6のいずれか1項記載の検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017032781thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close