Top > Search of Japanese Patents > IL-6 EXPRESSION PROMOTER

IL-6 EXPRESSION PROMOTER

Patent code P170014442
File No. L16021
Posted date Jul 13, 2017
Application number P2017-042670
Publication number P2018-143185A
Date of filing Mar 7, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)下里 剛士
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title IL-6 EXPRESSION PROMOTER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an agent that enhances IL-6 expression and has a high immune induction effect.
SOLUTION: An IL-6 expression promoter is obtained by combining CpG-oligodeoxynucleotide having CpG motif with immune synergistic oligodeoxynucleotide having a base sequence having 90% or more homology with a sequence represented by a specific sequence.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細菌DNAは脊椎動物の免疫システムによって認識される病原体関連分子パターン(PAMP)の一つであり、自然免疫システムを誘導しつつ、獲得免疫システムを制御することが知られている(例えば特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はオリゴDANを用いたIL-6発現促進剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CpGモチーフを有するCpG-オリゴDNAと、配列番号1に示される配列と相同性が90%以上の塩基配列を有する免疫相乗オリゴDNAと、を組み合わせてなることを特徴とする、IL-6発現促進剤。

【請求項2】
 
前記免疫相乗オリゴDNAは、配列番号2に示される配列に対して90%以上の相同性を有する塩基配列を含むオリゴDNAであることを特徴とする、請求項1記載の剤。

【請求項3】
 
前記免疫相乗オリゴDNAは、配列番号37に示される配列に対して90%以上の相同性を有する塩基配列を含むオリゴDNAであることを特徴とする、請求項1または2記載の剤。

【請求項4】
 
前記CpG-オリゴDNAは、B型のCpG-オリゴDNAであることを特徴とする、請求項1-3のいずれか1項記載の剤。

【請求項5】
 
請求項1-4のいずれか1項記載の剤を含むことを特徴とする免疫誘導剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close