Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTING REACTIVE CIRCUIT

SUPERCONDUCTING REACTIVE CIRCUIT

Patent code P170014452
File No. S2017-0190-N0
Posted date Jul 18, 2017
Application number P2016-256446
Publication number P2018-110290A
Date of filing Dec 28, 2016
Date of publication of application Jul 12, 2018
Inventor
  • (In Japanese)小川 純
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人新潟大学
Title SUPERCONDUCTING REACTIVE CIRCUIT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a superconducting reactive circuit for high power/low frequency with low loss.
SOLUTION: A high temperature superconducting reactive circuit 100 includes: a high temperature superconducting reactor 10 composed of a coil of a first part of a first high temperature superconducting line 11; and a high temperature superconducting capacitor 20 composed of coils of a second part of the first high temperature superconducting line 11 and of a second high temperature superconducting line 21 arranged opposite the second part. A resonance circuit or an anti-resonance circuit is configured. The first high temperature superconducting line 11 and the second high temperature superconducting line 21 have flexibility, and are configured by high temperature superconducting lines formed into long belt-shapes. The high temperature superconducting capacitor 20 is composed of the second part of the first high temperature superconducting line 11, the second high temperature superconducting line 21, and a dielectric layer arranged so that a main surface faces them.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

超伝導による電気回路は通信系の分野では既に多数提案されている。例えば、特許文献1には、超伝導固形エレメントを備える電気回路が開示されている。超伝導固形エレメントは、基板上に形成されたエピタキシャル層から構成されたコンデンサとインダクタを含む。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、超伝導リアクタンス回路に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の超伝導線の第1の部分の巻線から構成された超伝導リアクトルと、
前記第1の超伝導線の第2の部分と該第2の部分に対向して配置された第2の超伝導線とから形成された超伝導コンデンサと、
を備える超伝導リアクタンス回路。

【請求項2】
 
前記第1の超伝導線と前記第2の超伝導線とは、それぞれ、一本の超伝導線から構成された請求項1に記載の超伝導リアクタンス回路。

【請求項3】
 
前記第1の超伝導線の第2の部分と前記第2の超伝導線とは、巻線を形成している、
ことを特徴とする請求項1又は2に記載の超伝導リアクタンス回路。

【請求項4】
 
前記第1の超伝導線と前記第2の超伝導線とは、それぞれ、可撓性を有し、長尺の帯状に形成された超伝導線から構成され、
前記超伝導リアクトルは、主面が対向するように前記巻線に整形された前記第1の超伝導線の前記第1の部分と前記第1の超伝導線の間に配置された絶縁体とから構成され、
前記超伝導コンデンサは、主面が対向するように配置された前記第1の超伝導線の第2の部分と、前記第2の超伝導線と、前記第2の部分と前記第2の超伝導線の間に配置された誘電体層とから構成される、
ことを特徴とする請求項1、2又は3に記載の超伝導リアクタンス回路。

【請求項5】
 
前記超伝導リアクトルと前記超伝導コンデンサは、直列共振回路又は並列共振回路を形成し、
その共振周波数又は反共振周波数は、10kHz以下である、
ことを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の超伝導リアクタンス回路。

【請求項6】
 
前記第1の超伝導線と前記第2の超伝導線は、それぞれ、幅1~20mm、厚さ0.1~1mmの断面サイズを有する、
ことを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載の超伝導リアクタンス回路。

【請求項7】
 
前記第1の超伝導線と前記第2の超伝導線は、それぞれ、可撓性を有する高温超伝導線から構成される、
ことを特徴とする請求項1から6のいずれか1項に記載の超伝導リアクタンス回路。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016256446thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close