Top > Search of Japanese Patents > ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING DEVICE, ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING METHOD, AND ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING PROGRAM

ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING DEVICE, ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING METHOD, AND ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING PROGRAM meetings

Patent code P170014455
File No. H27-001
Posted date Jul 19, 2017
Application number P2015-154569
Publication number P2017-029549A
Patent number P6566395
Date of filing Aug 4, 2015
Date of publication of application Feb 9, 2017
Date of registration Aug 9, 2019
Inventor
  • (In Japanese)皆本 晃弥
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING DEVICE, ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING METHOD, AND ENDOSCOPE IMAGE PROCESSING PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an endoscope image processing device and the like, capable of mitigating a load on a medical specialist by highlighting a lesion capable of being identified using an endoscope by performing image processing on a color endoscope image.
SOLUTION: An endoscope image processing device comprises: a color space conversion unit 22 for converting a color endoscope image's color space to any color space; a frequency conversion unit 23 for performing frequency resolution processing on image information after conversion; and a contrast emphasis unit 24 for applying contrast emphasis processing for emphasizing an edge in the image information to a coefficient in the frequency resolution processing. The endoscope image processing device also comprises: a value lowering processing unit 26 for performing value lowering or bit-plane segmentation on an image obtained by a frequency reverse conversion unit 25; a complexity calculation unit 51 for calculating complexity of an image; and a lesion identification unit 52 for identifying a part at which the calculated complexity is high, as a lesion part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、内視鏡画像を用いた早期癌の診断は、専門医の主観的な判断によるものであり、その経験や知識に大きく左右される。また、専門医は癌の有無を調べる過程で、数多くの正常な部位の画像も確認しなければならない。このことは、専門医の負担を非常に大きくする要因となっている。

早期癌の診断に用いる内視鏡画像システムには、白色光照明を用いたものと、レーザ光源を用いたものが広く知られている。特にレーザ光源を用いたものは、白色光照明の撮像では表現し難かった血管や表面構造を強調することが可能となっており、癌の早期発見に大きく寄与している。例えば、非特許文献1では、内視鏡画像に基づいて、早期食道癌の検出を行う技術が提案されている。この手法では、Gabor特徴量を用いて、RGB色空間、HSI色空間、YCbCr色空間での検出性能を評価し、サポートベクタマシン(SVM)を用いて、血管を基に早期癌の部位と正常部位の画像分類を行っている。

しかしながら、非特許文献1で扱っている画像は、専門的な知識がなくても明らかに異常とわかるものが多く、専門医の負担軽減という観点からは十分な技術ではない。すなわち、異常部位を明らかに判断することができるような内視鏡画像ではなく、正常部位と異常部位との区別が専門医でないと判断できないような内視鏡画像について、異常部位を強調できる技術が望まれている。

また、画像処理の技術を医療診断等に利用する技術として、例えば、特許文献1、2に示す技術が開示されている。特許文献1に示す技術は、少なくとも1つの医療映像を変換することにより、少なくとも1つの医療映像を、マルチスケールの複数方向を有する映像情報に分解する段階と、マルチスケールの映像情報において、各スケールの映像情報の係数分散を推定する段階と、推定された分散と、各スケールを含む複数個のスケールの映像情報の係数と、を利用し、各スケールの映像情報の係数値を調整する段階と、調整されたマルチスケールの複数方向を有する映像情報を逆変換することにより、少なくとも1つの医療映像の復元映像を生成する段階と、を含む医療映像処理方法である。

特許文献2に示す技術は、皮膚ゾーンにおける皮膚症状を検出して数量化する方法であって、予め決められた複数の肌の色の濃淡度の分類と複数のタイプの皮膚症状とに対して、選択された複数の波長を識別することにより、皮膚症状のタイプと肌の色の濃淡度の分類との各組み合わせに対して、上記波長の1つによって、この分類に属する肌の色の濃淡度を有する人の肌の皮膚におけるこのようなタイプの症状を、コントラストによって検出でき、白色光による画像を撮影し、この画像から肌の色の濃淡度と、対応する分類とを自動的に識別し、この肌の色の濃淡度の分類に応じて、この肌の色の濃淡度の分類と、検出しようとしているタイプの皮膚症状との組み合わせに対応する波長の画像を自動的に捕捉し、次いで、このように捕捉された画像を少なくとも処理して、前記検出しようとする上記タイプの皮膚症状を検出する方法である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、カラーの内視鏡画像を画像処理することで病変部位を強調する内視鏡画像処理装置等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カラーの内視鏡画像を任意の色空間に変換する色空間変換手段と、
変換後の画像情報に対して周波数分解の処理を行う周波数変換処理手段と、
前記周波数分解の処理における係数に前記画像情報のエッジを強調するコントラスト強調処理を適用するコントラスト強調処理手段と
コントラストが強調された前記画像情報を低値化又はビットプレーン分解する低値化処理手段と、
低値化された前記画像情報における複雑性が高い箇所を抽出する複雑性抽出手段と、
前記画像情報における複雑性が高い箇所を癌の病変箇所として出力する病変出力手段とを備えることを特徴とする内視鏡画像処理装置。

【請求項2】
 
コンピュータが、
カラーの内視鏡画像を任意の色空間に変換する色空間変換ステップと、
変換後の画像情報に対して周波数分解の処理を行う周波数変換処理ステップと、
前記周波数分解の処理における係数に前記画像情報のエッジを強調するコントラスト強調処理を適用するコントラスト強調処理ステップと、
コントラストが強調された前記画像情報を低値化又はビットプレーン分解する低値化処理ステップと、
低値化された前記画像情報における複雑性が高い箇所を抽出する複雑性抽出ステップと、
前記画像情報における複雑性が高い箇所を癌の病変箇所として出力する病変出力ステップとを実行することを特徴とする内視鏡画像処理方法。

【請求項3】
 
カラーの内視鏡画像を任意の色空間に変換する色空間変換手段、
変換後の画像情報に対して周波数分解の処理を行う周波数変換処理手段、
前記周波数分解の処理における係数に前記画像情報のエッジを強調するコントラスト強調処理を適用するコントラスト強調処理手段、
コントラストが強調された前記画像情報を低値化又はビットプレーン分解する低値化処理手段、
低値化された前記画像情報における複雑性が高い箇所を抽出する複雑性抽出手段、
前記画像情報における複雑性が高い箇所を癌の病変箇所として出力する病変出力手段としてコンピュータを機能させることを特徴とする内視鏡画像処理プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015154569thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close