Top > Search of Japanese Patents > DEPTH DETECTION SYSTEM AND METHOD

DEPTH DETECTION SYSTEM AND METHOD

Patent code P170014457
File No. H27-018
Posted date Jul 19, 2017
Application number P2015-199663
Publication number P2017-072486A
Patent number P6579467
Date of filing Oct 7, 2015
Date of publication of application Apr 13, 2017
Date of registration Sep 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中島 翔太
  • (In Japanese)田中 幹也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title DEPTH DETECTION SYSTEM AND METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable detection of a distance between a primary-order luminance distribution detection device and an object person and the like without adding a distance sensor and the like to the primary-order luminance distribution detection device.
SOLUTION: A line sensor 1 and slit plate 2 of a primary-order luminance distribution detection device are arranged vertical to a floor surface 7 at a position opposing a monitor object space, and a depth distance E such as the object person and the like is an expression (1) or expression (2). E=H*d/(y-a).....(1), and E=H/tan(θ-φ).....(2) (where H of a slit represents a height from the floor surface 7, d represents a distance between the line sensor 1 and the slit plate 2, y represents half a length of the line sensor 1, θ represents half a viewing angle, a represents a distance from an upper end of a light reception element corresponding to a point 8, and φ represents an angle formed with the light reception element and slit center corresponding to the point 8, and the upper end of the line sensor 1.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

監視対象空間内における対象者等の有無、位置又は動作状態を把握するには、通常のカメラを用いた二次元画像が使用されているが、プライバシー保護の面から居宅などでの使用が制限されている。
そこで、特許文献1(特許第3816404号公報)では、複数の距離センサを壁又は天井にマトリクス状に配置し、各距離センサの監視エリア内における人物の存在や存在する人物の位置情報に基づいて、人物の存在、姿勢、位置、移動状態を判断する監視システムが提案されている(特に段落0074~0075及び段落0081を参照)。

また、本発明者らは、特許文献2(特開2015-163868号公報)に開示されているとおり、対象者等の有無、位置又は動作状態の監視ができるラインセンサとロッドレンズ又はスリットを備えた輝度分布センサを提案している。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、二次元画像を用いずに監視対象空間内における監視対象となる人(以下「対象者」という。)やペット等(以下「対象物」という。)の有無、位置又は動作状態を把握することができる監視装置において、監視用の一次元輝度分布検知装置から対象者又は対象物(以下「対象者等」という。)までの距離を検知するための奥行き検知システム及び方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象者又は対象物が移動する床面を含む監視対象空間と対向する位置に設置されたラインセンサと、該ラインセンサの前記監視対象空間側に所定距離をおいて設置されスリット又は棒状レンズを有するスリット板とを備える一次元輝度分布検知装置を用いて、対象者又は対象物の奥行き距離を検知する奥行き検知システムであって、
前記ラインセンサの長手方向に延びる直線を含み前記監視対象空間側に延びるラインセンサ延長平面と前記スリット若しくは前記棒状レンズ及び前記ラインセンサ延長平面と前記床面は直交しており、
前記ラインセンサが有する複数の受光素子によって検知された光強度信号に基づいて、対象者若しくは対象物と前記床面との境界部領域のうち前記スリット板を延長したスリット板延長平面に最も近い近接境界部領域の光強度を検知した受光素子を判別する境界受光素子判別手段と、
前記近接境界部領域の光強度を検知した受光素子の位置に基づいて、前記近接境界部領域と前記スリット板延長平面との距離を演算する奥行き距離演算手段と、
前記奥行き距離演算手段で演算した距離と前記光強度信号に基づいて、前記対象者若しくは対象物の水平方向の幅を演算する幅演算手段を備える
ことを特徴とする奥行き検知システム。

【請求項2】
 
前記奥行き距離演算手段で演算した距離と前記光強度信号に基づいて、前記対象者若しくは対象物の上下方向の大きさを演算する大きさ演算手段を備える
ことを特徴とする請求項1に記載の奥行き検知システム。

【請求項3】
 
対象者又は対象物が移動する床面を含む監視対象空間に対向する位置に設置されたラインセンサと、該ラインセンサの前記監視対象空間側に所定距離をおいて設置されスリット又は棒状レンズを有するスリット板とを備える一次元輝度分布検知装置を用いて、対象者又は対象物の奥行き距離を検知する奥行き検知方法であって、
前記ラインセンサの長手方向に延びる直線を含み前記監視対象空間側に延びるラインセンサ延長平面と前記スリット若しくは前記棒状レンズを直交させるとともに、前記ラインセンサ延長平面と前記床面を直交させ、
前記ラインセンサが有する複数の受光素子によって検知された光強度信号に基づいて、対象者若しくは対象物と前記床面との境界部領域のうち前記スリット板を延長したスリット板延長平面に最も近い近接境界部領域の光強度を検知した受光素子を判別し、
前記近接境界部領域の光強度を検知した受光素子の位置に基づいて、前記近接境界部領域と前記スリット板延長平面との距離を演算し、
前記近接境界部領域と前記スリット板延長平面との距離と前記光強度信号に基づいて、前記対象者若しくは対象物の水平方向の幅を演算する
ことを特徴とする奥行き検知方法。

【請求項4】
 
前記近接境界部領域と前記スリット板延長平面との距離と前記光強度信号に基づいて、前記対象者若しくは対象物の上下方向の大きさを演算する
ことを特徴とする請求項3に記載の奥行き検知方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015199663thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close