Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)アブシナゾール

(In Japanese)アブシナゾール UPDATE_EN

Patent code P170014467
File No. (S2014-1578-N0)
Posted date Jul 20, 2017
Application number P2016-550138
Patent number P6599342
Date of filing Sep 16, 2015
Date of registration Oct 11, 2019
International application number JP2015076336
International publication number WO2016047533
Date of international filing Sep 16, 2015
Date of international publication Mar 31, 2016
Priority data
  • P2014-196773 (Sep 26, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)轟 泰司
  • (In Japanese)久保尻 由貴
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title (In Japanese)アブシナゾール UPDATE_EN
Abstract (In Japanese)式(I)で表される化合物又はその塩は、アブシジン酸8’位水酸化酵素CYP707Aの阻害作用を有する。かかる化合物又はその塩は、植物成長調節剤として利用可能である。
【化1】
 
(省略)
[RはC1-6アルキル基であり、C1-6アルキル基はハロゲン原子及びC1-6アルコキシ基からなる群から選択される置換基を有していてもよい。]
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

アブシジン酸は、種子の休眠及び環境ストレス応答において重要な役割を担う植物ホルモンである。アブシジン酸の異化による不活性化は、主にアブシジン酸8’位水酸化酵素CYP707Aによって制御されている。

植物矮化剤であるS-ウニコナゾールは、ジベレリンの生合成に関与する酵素であるent-カウレンオキシダーゼCYP701Aを阻害することにより、その機能を発揮するが、S-ウニコナゾールはCYP707Aをも阻害する。そこで、S-ウニコナゾールの機能からCYP701A阻害活性を除去し、CYP707A阻害活性を残した化合物群が開発され、この化合物群はアブシナゾールと名付けられている。例えば、アブシナゾールの一つであるアブシナゾール-E2Bを植物に投与すると、内生のアブシジン酸が分解されず、植物に乾燥耐性を付与できることが報告されている(特許文献1及び非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アブシナゾールに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(I)で表される化合物又はその塩。
【化1】
 
(省略)
[RはC1-6アルキル基であり、C1-6アルキル基はハロゲン原子及びC1-6アルコキシ基からなる群から選択される置換基を有していてもよい。]

【請求項2】
 
Rがn-ブチル基又は2-メトキシエチル基である、請求項1記載の化合物又はその塩。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の化合物又はその塩を含む、アブシジン酸8’位水酸化酵素CYP707Aの阻害剤。

【請求項4】
 
請求項1又は2記載の化合物又はその塩を含む、植物成長調節剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016550138thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close