Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法

(In Japanese)有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法 UPDATE_EN

Patent code P170014468
File No. (S2014-1439-N0)
Posted date Jul 20, 2017
Application number P2016-547479
Patent number P6583735
Date of filing Sep 9, 2015
Date of registration Sep 13, 2019
International application number JP2015075625
International publication number WO2016039385
Date of international filing Sep 9, 2015
Date of international publication Mar 17, 2016
Priority data
  • P2014-183398 (Sep 9, 2014) JP
  • P2015-042436 (Mar 4, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)福原 長寿
  • (In Japanese)渡部 綾
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title (In Japanese)有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法 UPDATE_EN
Abstract (In Japanese)アナターゼ型酸化チタンを含む担体と、該担体に担持された白金を含む触媒金属と、を含む、有機ハイドライド用脱水素触媒が開示される。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

水素の効率的な貯蔵及び輸送のために、有機ハイドライドの脱水素反応を利用する方法が検討されている(例えば、特許文献1~3。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、有機ハイドライド用脱水素触媒及びその製造方法に関する。本発明はまた、有機ハイドライド用脱水素触媒を含む触媒を備える水素発生装置、及び有機ハイドライドから水素を回収する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アナターゼ型酸化チタンを含む担体と、該担体に担持された白金及びレニウムを含む触媒金属と、を含み、前記レニウムの前記白金に対する質量割合が0.7以下である、有機ハイドライド用脱水素触媒。

【請求項2】
 
前記レニウムの前記白金に対する質量割合が0.1以上0.7以下である、請求項1に記載の有機ハイドライド用脱水素触媒。

【請求項3】
 
レニウムを含むアニオン及び水を含有する、酸性の溶液を、前記担体と接触させることにより、前記担体に前記アニオンを吸着させ、その後、前記担体を焼成して、前記担体に前記レニウムを担持させる工程と、
白金を含むアニオン及び水を含有する、酸性の溶液を、前記担体と接触させることにより、前記担体に前記アニオンを吸着させ、その後、前記担体を焼成して、前記担体に白金を担持させる工程と、
を備える、請求項1又は2に記載の有機ハイドライド用脱水触媒を製造する方法。

【請求項4】
 
白金を含む前記アニオンがヘキサクロロ白金(IV)酸イオンである、請求項3に記載の方法。

【請求項5】
 
請求項1又は2に記載の有機ハイドライド用脱水素触媒を含む触媒層を備える、水素発生装置。

【請求項6】
 
請求項1又は2に記載の有機ハイドライド用脱水素触媒の存在下で、有機ハイドライドの脱水素により水素を生成させる工程を備える、有機ハイドライドから水素を回収する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016547479thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close