Top > Search of Japanese Patents > TRANSMISSION CIRCUIT, BIOLOGICAL MOLECULE DETECTION DEVICE, DETECTION DATA COLLECTION METHOD, AND DETECTION DATA COLLECTION SYSTEM

TRANSMISSION CIRCUIT, BIOLOGICAL MOLECULE DETECTION DEVICE, DETECTION DATA COLLECTION METHOD, AND DETECTION DATA COLLECTION SYSTEM meetings

Patent code P170014514
File No. K110P02
Posted date Aug 16, 2017
Application number P2016-004336
Publication number P2017-125914A
Patent number P6687938
Date of filing Jan 13, 2016
Date of publication of application Jul 20, 2017
Date of registration Apr 7, 2020
Inventor
  • (In Japanese)新津 葵一
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title TRANSMISSION CIRCUIT, BIOLOGICAL MOLECULE DETECTION DEVICE, DETECTION DATA COLLECTION METHOD, AND DETECTION DATA COLLECTION SYSTEM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To transmit information by using a voltage output from power generation utilizing biological molecules.
SOLUTION: A transmission circuit comprises: a power generation part that performs power generation by utilizing decomposition reaction of biological molecules with a solid catalyst; and a transmission part that transmits a signal based on the amount of power generated in the power generation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生体の状態の観察や、研究に有用なデータの取得等をするため、生体において生体情報を計測しつつ、得られた検出データを送信する装置が提案されている。特許文献1では、コンタクトレンズの着用者に関するそれぞれの特徴を検出するよう構成された複数のセンサと、検出した特徴を示す情報を、ポータブル高周波装置(以下、RF装置と呼ぶ)に伝送するように構成された通信用要素と、を具備する回路を備えるコンタクトレンズが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、送信回路と、生体分子検出装置と、検出データ収集方法と、検出データ収集システムとに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カソードと基板によって囲まれたアノードに備えられた固体触媒による生体分子の分解反応を利用して発電を行う発電部と、
前記発電による発電量に基づいて発振周波数が決まる発振部が生成し、低オン・オフ比でパルス列化された信号に基づいてマイクロ波を送信する送信部と、を備える集積回路を備える送信回路。

【請求項2】
 
請求項1に記載の送信回路において、
前記発電量は、前記生体分子の濃度により変化する送信回路。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の送信回路において、
前記送信回路は、前記発電部により発電されて得られた電気エネルギーのみにより前記マイクロ波を送信する送信回路。

【請求項4】
 
請求項1から3までのいずれか一項に記載の送信回路を備える生体分子検出装置であって、
前記生体分子検出装置は、生体の一部と接触する接触部を備え、
前記生体分子は、前記生体が生産する生体分子である生体分子検出装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の生体分子検出装置において、
前記生体分子は、少なくとも一種類の、前記生体で生産される糖類である生体分子検出装置。

【請求項6】
 
請求項5に記載の生体分子検出装置において、
前記固体触媒は、白金を含む生体分子検出装置。

【請求項7】
 
請求項5または6に記載の生体分子検出装置において、
前記生体分子検出装置は、コンタクトレンズであり、
前記糖類は、前記コンタクトレンズの装着者の涙液に含まれる糖類である生体分子検出装置。

【請求項8】
 
請求項5または6に記載の生体分子検出装置において、
前記生体分子は、少なくとも一種類の、前記生体の真皮または皮下組織に含まれる糖類である生体分子検出装置。

【請求項9】
 
請求項5または6に記載の生体分子検出装置において、
前記生体分子検出装置は、前記生体の内部への埋め込み型装置である生体分子検出装置。

【請求項10】
 
請求項5または6に記載の生体分子検出装置において、
前記生体分子検出装置は、前記生体の口内に固定され、
前記糖類は、前記生体の唾液に含まれる糖類である生体分子検出装置。

【請求項11】
 
受信装置と、生体分子の検出信号を送信する生体分子検出装置とにより検出データを収集する検出データ収集方法であって、
前記生体分子検出装置は、発電部と送信部とを備える集積回路を備え、
前記発電部が、カソードと基板によって囲まれたアノードに備えられた固体触媒による生体分子の分解反応を利用した発電を行うことと、
前記送信部が前記発電による発電量に基づいて発振周波数が決まる発振部が生成し、低オン・オフ比でパルス列化された信号に基づいてマイクロ波を送信することと、
前記受信装置が前記マイクロ波を受信することと、
を含む検出データ収集方法。

【請求項12】
 
受信装置と、生体分子の検出信号を送信する生体分子検出装置とにより検出データを収集する検出データ収集システムであって、
前記生体分子検出装置は、
カソードと基板によって囲まれたアノードに備えられた固体触媒による生体分子の分解反応を利用して発電を行う発電部と、
前記発電による発電量に基づいて発振周波数が決まる発振部が生成し、低オン・オフ比でパルス列化された信号に基づいてマイクロ波を送信する送信部と、を備える集積回路を備え、
前記受信装置は、前記マイクロ波を受信する検出データ収集システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016004336thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Design of Information Infrastructure Technologies Harmonized with Societies AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close