Top > Search of Japanese Patents > SITUATION COMMUNICATION DEVICE TO DRIVER

SITUATION COMMUNICATION DEVICE TO DRIVER meetings

Patent code P170014523
File No. IPU2014006
Posted date Aug 22, 2017
Application number P2015-090896
Publication number P2016-207097A
Date of filing Apr 27, 2015
Date of publication of application Dec 8, 2016
Inventor
  • (In Japanese)村田 嘉利
  • (In Japanese)鈴木 彰真
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人岩手県立大学
Title SITUATION COMMUNICATION DEVICE TO DRIVER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a situation communication device to a driver that can communicate obstacles, especially an obstacle the driver is not aware of among the obstacles.
SOLUTION: A situation providing device 10 comprises: detection means 11 for detecting information on a vehicle, a pedestrian, or the like that can be an obstacle for a driver; stimulus providing means 12 attached to a seat and stimulating the tactile sense of the driver; and drive control means 13 that receives a detection signal from the detection means 11 and drives the stimulus providing means 12 if there is a need to communicate to the driver. The stimulus providing means 12 driven by the drive control means 13 stimulates the driver, and thereby communicates surrounding circumstances to the driver.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、運転者が乗車している車両(これを自車両という)のサイドやバックにある車両の有無の確認は、運転者自身による振り返り動作、車両に取り付けられたドアミラーやルームミラーを用いてなされ、運転者の視覚情報によっている。また、近年では、車両の周囲にカメラやレーダその他のセンサを一又は複数種類取り付け、周囲の自動車や障害物などの検出を行なっている。

自車両の周囲に存在する複数の障害物に関する情報を運転者に伝える方法として、例えば特許文献1乃至3がある。特許文献1では、レインマーカに対する自車両のリスクポテンシャルと後側方車両に対するリスクポテンシャルとを算出し、算出したリスクポテンシャルは、運転席の形状を変化させ、運転席のサイド部を運転席に押し付けることで伝達する。

一方、ナビゲーションシステムにおいて、特許文献4では、交差点を通過するときの誘導方向を運転者用シートに取り付けた振動を駆使したり、特許文献5では運転の煩わしさを感じさせずに適切に先行車の先行車発進警告を発したりして、運転者に注意を喚起している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、運転者に対して周囲の状況を伝達する、運転者への状況伝達装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
運転者に対して車両、歩行者などの障害物となる情報を検知する検知手段と、
車両の座席シートに取り付けられ、運転者の触覚を刺激する刺激提供手段と、
前記検知手段からの検知信号を受け、運転者へ伝達する必要性がある場合には、前記刺激提供手段を駆動する駆動制御手段と、
を備え、前記駆動制御手段により前記刺激提供手段から運転者に刺激を与えることにより、運転者へ周囲状況を伝達する、運転者への状況伝達装置。

【請求項2】
 
前記刺激提供手段は、前記座席シートのうちシート、シートバックの何れか一方又は双方に、振動モータ又は押上機構その他のアクチュエータが、複数配置されて構成されている、請求項1に記載の運転者への状況伝達装置。

【請求項3】
 
前記刺激提供手段は、前記振動モータ又は前記押上機構その他のアクチュエータが、前記シート、前記シートバックの左右に分かれて、それぞれ複数配置されて構成されている、請求項2に記載の運転者への状況伝達装置。

【請求項4】
 
前記駆動制御手段が、前記検知手段からの検知信号によりその検知信号の種類に応じて、前記刺激提供の度合いを変化させる、請求項1に記載の運転者への状況伝達装置。

【請求項5】
 
前記駆動制御手段は、前記検知手段からの検知信号が、車両に対するどの方向の障害物に関する情報であるかに応じて、複数の前記刺激提供手段の少なくとも特定の一つを制御する、請求項1乃至4の何れかに記載の運転者への状況伝達装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015090896thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close