Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING FIBER, MONOFILAMENT AND MULTIFILAMENT

METHOD FOR PRODUCING FIBER, MONOFILAMENT AND MULTIFILAMENT commons meetings

Patent code P170014526
Posted date Aug 24, 2017
Application number P2017-127024
Publication number P2019-011521A
Date of filing Jun 29, 2017
Date of publication of application Jan 24, 2019
Inventor
  • (In Japanese)入澤 寿平
  • (In Japanese)田邊 靖博
  • (In Japanese)武重 一成
  • (In Japanese)土井 玄太
  • (In Japanese)島本 太介
  • (In Japanese)堀田 裕司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
Title METHOD FOR PRODUCING FIBER, MONOFILAMENT AND MULTIFILAMENT commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an improved technology for producing the fiber.
SOLUTION: The method for producing the fiber comprises melt-spinning a thermoplastic resin containing a crushed carbon nanomaterial and applying a drawing treatment, wherein a carbon nanomaterial is crushed to have a relative filling rate reduction rate of 4% or less which represents a decrease rate of the volume occupied by the carbon nanomaterial settled after standing for a predetermined time based on a volume occupied by the carbon nanomaterial when the carbon nanomaterial is dispersed in a mixed solvent of distilled water and t-butyl alcohol at a volume ratio of 5:1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

優れた特性を有する新規な繊維が開発されている。例えば、本発明者は、特許文献1に記載の繊維を開発している。

Field of industrial application (In Japanese)

本開示は繊維の製造技術に関し、とくに、モノフィラメント及びマルチフィラメントの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カーボンナノ材料を体積比で5:1の蒸留水とt-ブチルアルコールの混合溶媒中に分散させたときにカーボンナノ材料が占める体積を基準として、所定時間静置後に沈降したカーボンナノ材料が占める体積の減少率を表す相対充填量減少率が4%以下となるように解砕されたカーボンナノ材料を含有する熱可塑性樹脂を、溶融紡糸し、延伸処理を施すことを特徴とする繊維の製造方法。

【請求項2】
 
カーボンナノ材料を体積比で5:1の蒸留水とt-ブチルアルコールの混合溶媒中に分散させたときにカーボンナノ材料が占める体積を基準として、所定時間静置後に沈降したカーボンナノ材料が占める体積の減少率を表す相対充填量減少率が4%以下となるように解砕されたカーボンナノ材料と、第1の熱可塑性樹脂と、前記第1の熱可塑性樹脂とは異なる種類の第2の熱可塑性樹脂とを溶融混練したポリマーアロイを、溶融紡糸し、延伸処理を施すことを特徴とする繊維の製造方法。

【請求項3】
 
前記第1の熱可塑性樹脂と前記第2の熱可塑性樹脂は、溶融混練されることにより海島構造を形成することを特徴とする請求項2に記載の繊維の製造方法。

【請求項4】
 
前記カーボンナノ材料と前記第1の熱可塑性樹脂とを溶融混練した混練物を、前記第2の熱可塑性樹脂と溶融混練してポリマーアロイとすることを特徴とする請求項2又は3に記載の繊維の製造方法。

【請求項5】
 
前記カーボンナノ材料と前記第2の熱可塑性樹脂とを溶融混練した混練物を、前記第1の熱可塑性樹脂と溶融混練してポリマーアロイとすることを特徴とする請求項2又は3に記載の繊維の製造方法。

【請求項6】
 
前記カーボンナノ材料と前記第1の熱可塑性樹脂とを溶融混練した混練物と、前記カーボンナノ材料と前記第2の熱可塑性樹脂とを溶融混練した混練物とを溶融混練してポリマーアロイとすることを特徴とする請求項2又は3に記載の繊維の製造方法。

【請求項7】
 
製造される繊維が、モノフィラメントであることを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の繊維の製造方法。

【請求項8】
 
請求項7に記載の製造方法によって少なくとも1種のモノフィラメントを製造し、製造されたモノフィラメントを複数合わせることによりマルチフィラメントとすることを特徴とする繊維の製造方法。

【請求項9】
 
熱可塑性樹脂と、
カーボンナノ材料を体積比で5:1の蒸留水とt-ブチルアルコールの混合溶媒中に分散させたときにカーボンナノ材料が占める体積を基準として、所定時間静置後に沈降したカーボンナノ材料が占める体積の減少率を表す相対充填量減少率が4%以下となるように解砕されたカーボンナノ材料と、
を含み、
前記熱可塑性樹脂に前記カーボンナノ材料が分散して存在することを特徴とするモノフィラメント。

【請求項10】
 
海島構造が形成されたポリマーアロイと、
カーボンナノ材料を体積比で5:1の蒸留水とt-ブチルアルコールの混合溶媒中に分散させたときにカーボンナノ材料が占める体積を基準として、所定時間静置後に沈降したカーボンナノ材料が占める体積の減少率を表す相対充填量減少率が4%以下となるように解砕されたカーボンナノ材料と、
を含み、
前記ポリマーアロイは、
第1の熱可塑性樹脂を含む海部と、
前記第1の熱可塑性樹脂とは異なる第2の熱可塑性樹脂を含む島部と、
を有し、
前記カーボンナノ材料は、前記海部及び前記島部の少なくとも一方に分散して存在することを特徴とするモノフィラメント。

【請求項11】
 
請求項9又は請求項10に記載のモノフィラメントを複数含むことを特徴とするマルチフィラメント。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017127024thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close