Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ユーシェアリライド類の製造方法

(In Japanese)ユーシェアリライド類の製造方法

Patent code P170014539
File No. (S2015-0093-N0)
Posted date Aug 24, 2017
Application number P2016-556615
Date of filing Oct 28, 2015
International application number JP2015080469
International publication number WO2016068220
Date of international filing Oct 28, 2015
Date of international publication May 6, 2016
Priority data
  • P2014-220491 (Oct 29, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)椎名 勇
  • (In Japanese)殿井 貴之
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title (In Japanese)ユーシェアリライド類の製造方法
Abstract (In Japanese)ユーシェアリライド類、ユーシェアリライド類の製造方法、製造中間体、ユーシェアリライド類を含有する医薬組成物を提供する。
Wittig反応工程、向山アルドール反応工程、マクロラクトン化工程などを鍵工程とすることにより、式(I)で表されるユーシェアリライド類を効率的に製造する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ユーシェアリライド(Eushearilide)は、2006年に青かびの一種であるEupenicillium shearii IMF54447より単離された天然のマクロライドであり、医薬としての応用が期待されている(非特許文献1)。

これまでユーシェアリライドの推定構造は上記非特許文献1に提案されている。前記文献によれば、ユーシェアリライドはオレフィンを2か所、不斉炭素原子を2か所持つ24員環マクロライドであり、他のマクロライド化合物には見られない特徴的な構造を有することが分かっているが、全ての立体構造はいまだに決定されていない。

ユーシェアリライド類縁体の全合成例は知られているが(非特許文献2)、生理活性を研究するにあたり、ユーシェアリライド及びその誘導体を効率的かつ大量に供給するためのさらなる製造方法が必要とされている。また、ユーシェアリライドをリード化合物とする医薬研究のために、様々なユーシェアリライド誘導体を供給することが必要とされている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ユーシェアリライド類、ユーシェアリライド類の製造方法、製造中間体、ユーシェアリライド類を含有する医薬組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記1~10で示される工程を含む、式(I)で表されるユーシェアリライド類の製造方法。
工程1:式(I-1)
【化1】
 
(省略)
(式中、P1は保護基を表す。)
で表される化合物と、
式(I-2)
【化2】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、P2は保護基を表し、Xはハロゲン原子を表す。)
で表される化合物とを塩基の存在下にカップリングして式(I-3)
【化3】
 
(省略)
(式中、R1、P1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程2:式(I-3)で表される化合物を脱保護して式(I-4)
【化4】
 
(省略)
(式中、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程3:式(I-4)で表される化合物を酸化して式(I-5)
【化5】
 
(省略)
(式中、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程4:式(I-5)で表される化合物をアルドール反応に付して式(I-6)
【化6】
 
(省略)
(式中、R5は炭化水素基を表し、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程5:式(I-6)で表される化合物をエステル交換して式(I-7)
【化7】
 
(省略)
(式中、R1、R5及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程6:式(I-7)で表される化合物を保護、脱保護して式(I-8)
【化8】
 
(省略)
(式中、P3は保護基を表し、R1及びR5は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程7:式(I-8)で表される化合物を加水分解して式(I-9)
【化9】
 
(省略)
(式中、R1及びP3は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程8:式(I-9)で表される化合物を環化して式(I-10)
【化10】
 
(省略)
(式中、R1及びP3は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程9:式(I-10)で表される化合物を脱保護して式(I-11)
【化11】
 
(省略)
(式中、R1は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
工程10:式(I-11)で表される化合物をリン化合物、続いてアミンR2R3R4Nと反応させて式(I)
【化12】
 
(省略)
(式中、R1は前記のとおりであり、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物を得る工程。

【請求項2】
 
式(Ia-11)
【化13】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物をリン化合物、続いてアミンR2R3R4Nと反応させることによる、式(Ia)
【化14】
 
(省略)
(式中、R1、R2、R3及びR4は、独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表されるユーシェアリライド類の製造方法。

【請求項3】
 
式(Ia-11)で表される化合物が、式(Ia-9)
【化15】
 
(省略)
(式中、R1は前記のとおりであり、P3は保護基を表す。)
で表される化合物を2-メチル-6-ニトロ安息香酸無水物と反応させて式(Ia-10)
【化16】
 
(省略)
(式中、R1及びP3は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-10)で表される化合物を脱保護する工程により得られる、請求項2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
式(Ia-9)で表される化合物が、式(I-1)
【化17】
 
(省略)
(式中、P1は保護基を表す。)
で表される化合物と、
式(Ia-2)
【化18】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、P2は保護基を表し、Xはハロゲン原子を表す。)
で表される化合物とを塩基の存在下にカップリングして式(Ia-3)
【化19】
 
(省略)
(式中、R1、P1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-3)で表される化合物を脱保護して式(Ia-4)
【化20】
 
(省略)
(式中、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-4)で表される化合物を酸化して式(Ia-5)
【化21】
 
(省略)
(式中、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-5)で表される化合物をアルドール反応に付して式(Ia-6)
【化22】
 
(省略)
(式中、R5は炭化水素基を表し、R1及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-6)で表される化合物をエステル交換して式(Ia-7)
【化23】
 
(省略)
(式中、R1、R5及びP2は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-7)で表される化合物を保護、脱保護して式(Ia-8)
【化24】
 
(省略)
(式中、P3は保護基を表し、R1及びR5は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
式(Ia-8)で表される化合物を加水分解する工程により得られる、請求項3に記載の製造方法。

【請求項5】
 
式(Ia)で表されるユーシェアリライド化合物が、式(A)
【化25】
 
(省略)
で表される化合物である請求項2~4いずれか1項に記載の製造方法。

【請求項6】
 
式(II)で表される化合物。
【化26】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、P3は水素原子又は保護基を表す。)
ただし、前記式(II)中、R1がメチル基であり、かつ、P3が水素原子又はベンジル基である化合物を除く。

【請求項7】
 
式(A)、(E)、(F)又は(G)で表される化合物。
【化27】
 
(省略)
【化28】
 
(省略)
【化29】
 
(省略)
【化30】
 
(省略)

【請求項8】
 
式(I)
【化31】
 
(省略)
(式中、R1、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物(ただし、下記化合物(D)を除く。)を含有する医薬組成物。
【化32】
 
(省略)

【請求項9】
 
抗菌剤である請求項8に記載の医薬組成物。

【請求項10】
 
式(I)で表される化合物が、下記式(A)、(B)、(C)、(E)、(F)、(G)、又は(H)
【化33】
 
(省略)
【化34】
 
(省略)
【化35】
 
(省略)
【化36】
 
(省略)
【化37】
 
(省略)
【化38】
 
(省略)
【化39】
 
(省略)
で表される化合物である請求項9又は10に記載の医薬組成物。

【請求項11】
 
式(I)
【化40】
 
(省略)
(式中、R1、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物を含有する耐性菌用抗菌剤。

【請求項12】
 
式(I)で表される化合物が、下記式(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)、(G)、又は(H)
【化41】
 
(省略)
【化42】
 
(省略)
【化43】
 
(省略)
【化44】
 
(省略)
【化45】
 
(省略)
【化46】
 
(省略)
【化47】
 
(省略)
【化48】
 
(省略)
で表される化合物である請求項11に記載の耐性菌用抗菌剤。

【請求項13】
 
耐性菌がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)又はバンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)である請求項11又は12に記載の耐性菌用抗菌剤。

【請求項14】
 
式(I)
【化49】
 
(省略)
(式中、R1、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物を含有する医薬組成物の治療有効量を、それを必要としている対象に投与することを含む、耐性菌感染症の治療または予防の方法。

【請求項15】
 
耐性菌用抗菌剤を製造するための、式(I)
【化50】
 
(省略)
(式中、R1、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表される化合物の使用。

【請求項16】
 
式(I-7)
【化51】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、P2は保護基を表し、R5は炭化水素基を表す。)
で表される化合物を脱保護し、次いで環化する工程を含む、式(I)
【化52】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、R2、R3及びR4は独立に水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表す。)
で表されるユーシェアリライド類の製造方法。

【請求項17】
 
式(I-7)
【化53】
 
(省略)
(式中、R1は水素原子又は置換されていてもよい炭化水素基を表し、P2は保護基を表し、R5は炭化水素基を表す。)
で表される化合物を脱保護して式(I-12)
【化54】
 
(省略)
(式中、R1は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程、
前記式(I-12)で表される化合物を環化して式(I-11)
【化55】
 
(省略)
(式中、R1は前記のとおりである。)
で表される化合物を得る工程
を含む請求項16に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close