Top > Search of Japanese Patents > ULTRAVIOLET ABSORBER AND SKIN EXTERNAL PREPARATION

ULTRAVIOLET ABSORBER AND SKIN EXTERNAL PREPARATION meetings

Patent code P170014542
File No. S2016-0242-N0
Posted date Aug 24, 2017
Application number P2016-007352
Publication number P2017-128515A
Patent number P6693652
Date of filing Jan 18, 2016
Date of publication of application Jul 27, 2017
Date of registration Apr 20, 2020
Inventor
  • (In Japanese)秋津 貴城
  • (In Japanese)吉田 菜々美
  • (In Japanese)島田 知果
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title ULTRAVIOLET ABSORBER AND SKIN EXTERNAL PREPARATION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ultraviolet absorber excellent in UV-A absorbency, and a skin external preparation excellent in UV-A absorbency.
SOLUTION: The invention provides an ultraviolet absorber represented by the general formula (I) in the figure, and a skin external preparation containing the ultraviolet absorber. In the general formula (I), R1 and R2 each independently represent a hydrogen atom or monovalent substituent; m represents an integer from 0 to 4; X each represent a monovalent substituent, and may be identical to or different from each other if multiple X are present; and L represents a ligand.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

皮膚外用剤に使用される紫外線を遮断する化合物は種々知られている。紫外線を遮断する化合物としては、例えば、酸化チタン、酸化亜鉛等の紫外線散乱剤、メトキシケイ皮酸オクチル、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル等の有機化合物である紫外線吸収剤が挙げられる。
紫外線は、波長400nm以下の範囲を指し、人間の健康や環境への影響の観点から、波長280nm~315nmのUV-Bと、波長315nm~400nmのUV-Aが注目される。
紫外線のうち、比較的波長の短いUV-Bは、酸化チタン等の紫外線散乱剤、汎用されている有機紫外線吸収剤等により遮断し易い。
比較的波長の長い紫外線であるUV-Aは、皮膚の真皮層に到達し、タンパク質を変性させたり、皮膚の老化を促進したりすることが知られており、近年、UV-Aを遮断することが求められている。
しかし、汎用の有機紫外線吸収剤では、紫外線の遮蔽力が十分ではなく、UV-Aを効果的に吸収しうる化合物が種々検討されている。
例えば、UV-A吸収剤として、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンが知られており(例えば、特許文献1参照)、特許文献1には、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンを含有する日焼け止め化粧料が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、紫外線吸収剤および皮膚外用剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(I)で表される紫外線吸収剤。
【化1】
 
(省略)
前記一般式(I)中、R1およびR2は、それぞれ独立に水素原子または1価の置換基を表す。mは0を表す。Xは1価の置換基を表し、Xが複数存在する場合、互いに同じでも異なっていてもよい。Lは配位子を表し、前記配位子は、1価のアルコール由来の配位子である

【請求項2】
 
請求項1に記載の紫外線吸収剤を含有する皮膚外用剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close