Top > Search of Japanese Patents > THREE-DIMENSIONAL OBJECT SHAPE ESTIMATION DEVICE

THREE-DIMENSIONAL OBJECT SHAPE ESTIMATION DEVICE

Patent code P170014558
File No. S2015-2098-N0
Posted date Aug 29, 2017
Application number P2016-008446
Publication number P2017-130008A
Patent number P6652253
Date of filing Jan 20, 2016
Date of publication of application Jul 27, 2017
Date of registration Jan 27, 2020
Inventor
  • (In Japanese)北原 格
  • (In Japanese)川村 洋平
  • (In Japanese)ジャン ヒョンドゥ
  • (In Japanese)トパル エルカン
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title THREE-DIMENSIONAL OBJECT SHAPE ESTIMATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a three-dimensional object shape estimation device capable of introducing, with an extremely easy method, a size in the real world into a photogrammetry technology having an unknown size in the real world.
SOLUTION: An inter-camera distance adding unit adds an inter-camera distance to an object reproduction technology in a virtual three-dimensional space using an existing SFM processing unit, and a data conversion processing unit performs data conversion processing. Thus, an object in an absolute three-dimensional space can be reproduced and a length and size are provided to the object.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

自然災害や土木施工、あるいは鉱山等の現場では、日々繰り返される測量がもっとも重要なタスクである。そして、現場では測量の技術改良が強く望まれている。
一般的な測量はレーザースキャニングが利用されているが、機材が高価な上に取り扱いが難しいという短所がある。また、レーザースキャニングによって得られるデータは点データであるので、現場の全体像を把握する用途には不十分である。したがって、今日の現場では多くの場合、レーザースキャニングと写真撮影が併用されている。

一方、近年の画像処理技術及びコンピュータ処理速度の向上により、フォトグラメトリーが注目を集め始めている。フォトグラメトリー技術は、様々な角度から撮影した写真から、その画像や位置を精密にデータ化し、そこからリアルな三次元オブジェクトを再現する技術である。
なお、非特許文献1には、本発明において使用するフォトグラメトリー技術を実現するオープンソースソフトウェアが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、三次元被写体形状推定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の撮影対象を第一の撮影ポイントにて撮影した画像データを含む第一画像ファイルと、前記撮影対象を前記第一の撮影ポイントとは異なる第二の撮影ポイントにて撮影した画像データを含む第二画像ファイルとを含む画像ファイル群を読み込み、前記画像ファイル群における画像データからそれぞれ特徴点を抽出し、前記画像ファイル群における前記特徴点の二次元座標情報よりなる特徴点データを出力する特徴点抽出部と、
前記特徴点データを読み込み、前記画像ファイル群を構成する画像ファイルの数に一致するカメラの数と、前記特徴点データに存在する全ての特徴点の数と、仮想三次元空間内における前記カメラの位置を表す情報と、前記仮想三次元空間内における前記特徴点の位置を表す情報とを有する相対三次元特徴データを出力するフォトグラメトリー処理部と、
前記相対三次元特徴データに含まれる、前記第一画像ファイル及び前記第二画像ファイルに紐付けられる前記カメラの位置を表す情報に対し、前記第一の撮影ポイントと前記第二の撮影ポイントとの間の距離を与えて演算処理を行うことで、前記仮想三次元空間を絶対距離にて定められる三次元空間に変換するデータ変換処理部と
を具備する三次元被写体形状推定装置。

【請求項2】
 
前記データ変換処理部に与えられる、前記第一の撮影ポイントと前記第二の撮影ポイントとの間の距離は、前記第一の撮影ポイントにおける緯度及び経度と、前記第二の撮影ポイントにおける緯度及び経度から導き出される、
請求項1に記載の三次元被写体形状推定装置。

【請求項3】
 
前記データ変換処理部に与えられる、前記第一の撮影ポイントと前記第二の撮影ポイントとの間の距離は、前記第一の撮影ポイントと前記第二の撮影ポイントとの間の距離を実測した結果である、
請求項1に記載の三次元被写体形状推定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016008446thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close