Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)基質抗原同時検出バイオセンサ、電極、基質抗原同時検出方法、および、プログラム

(In Japanese)基質抗原同時検出バイオセンサ、電極、基質抗原同時検出方法、および、プログラム meetings

Patent code P170014565
File No. (S2015-1988-N11)
Posted date Sep 6, 2017
Application number P2016-548838
Date of filing Sep 7, 2015
International application number JP2015075310
International publication number WO2016043078
Date of international filing Sep 7, 2015
Date of international publication Mar 24, 2016
Priority data
  • P2014-191697 (Sep 19, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)馬場 暁
  • (In Japanese)ジャンマニー ラピパン
  • (In Japanese)山本 格
  • (In Japanese)新保 一成
  • (In Japanese)加藤 景三
  • (In Japanese)金子 双男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人新潟大学
Title (In Japanese)基質抗原同時検出バイオセンサ、電極、基質抗原同時検出方法、および、プログラム meetings
Abstract (In Japanese)本発明は、酵素および抗体が固定された導電性高分子における酵素反応に基づく、導電性高分子上での電流値の変化を検出し、導電性高分子における抗原抗体反応に基づく、作用電極により反射される光の反射率の変化を検出する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、バイオセンサに関する技術が開示されている。

特許文献1に記載の酵素-免疫化学的試験方法においては、内在性キャリブレーターを用いるアナライトの連結された酵素-免疫化学的検出方法による、酵素反応および免疫反応を検出することが開示されている。

また、特許文献2に記載のフローセルにおいては、表面プラズモン共鳴測定と電気化学測定を同一金属表面で同時に測定することが開示されている。

また、非特許文献1に記載のキャピラリセンサにおいては、酵素結合免疫吸着(Enzyme-Linked Immunosorbent Assay:ELISA)を用いて酵素と抗原とを同時に蛍光で検出することが開示されている。

また、非特許文献2に記載の電気化学的バイオセンサにおいては、導電性高分子を用いて抗原およびグルコースを検出することが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、基質抗原同時検出バイオセンサ、電極、基質抗原同時検出方法、および、プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
酵素および抗体が固定された導電性高分子を堆積させた作用電極と、
前記導電性高分子における酵素反応に基づく、前記導電性高分子上での電流値の変化を検出する電流値検出手段と、
前記導電性高分子における抗原抗体反応に基づく、前記作用電極により反射される光の反射率の変化を検出する反射率検出手段と、
を備えたことを特徴とする、基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項2】
 
前記導電性高分子に接する液体を満たした溶液漕、
を更に備えたことを特徴とする、請求項1に記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項3】
 
前記液体は、
体液を含むことを特徴とする、請求項2に記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項4】
 
前記体液は、
尿、生体液、または、血液であることを特徴とする、請求項3に記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項5】
 
前記酵素は、
グルコースオキシダーゼ、または、クレアチナーゼであることを特徴とする、請求項1乃至4のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項6】
 
抗原は、
アルブミン、前記アルブミン以外のタンパク質、または、タンパク質の分解産物であるペプチドであることを特徴とする、請求項1乃至5のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項7】
 
前記導電性高分子は、
ポリピロールカルボン酸であることを特徴とする、請求項1乃至6のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項8】
 
前記反射率検出手段は、
表面プラズモン共鳴法を用いて、前記導電性高分子における前記抗原抗体反応に基づく、前記作用電極により反射される前記光の前記反射率の変化を検出することを特徴とする、請求項1乃至7のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項9】
 
前記電流値検出手段は、
電気化学測定法を用いて、前記導電性高分子における前記酵素反応に基づく、前記導電性高分子上での前記電流値の変化を検出することを特徴とする、請求項1乃至8のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項10】
 
前記電流値の変化、および、前記反射率の変化に基づく解析結果を取得する解析手段と、
前記解析結果を出力させる解析結果出力手段と、
を更に備えたことを特徴とする、請求項1乃至9のいずれか一つに記載の基質抗原同時検出バイオセンサ。

【請求項11】
 
酵素および抗体が固定された導電性高分子を堆積させたことを特徴とする、電極。

【請求項12】
 
基質抗原同時検出バイオセンサにおいて実行される基質抗原同時検出方法であって、
酵素および抗体が固定された導電性高分子を堆積させた作用電極上の前記導電性高分子における酵素反応に基づく、前記導電性高分子上での電流値の変化を検出する電流値検出ステップと、
前記導電性高分子における抗原抗体反応に基づく、前記作用電極により反射される光の反射率の変化を検出する反射率検出ステップと、
を含むことを特徴とする、基質抗原同時検出方法。

【請求項13】
 
基質抗原同時検出バイオセンサに実行させるためのプログラムであって、
酵素および抗体が固定された導電性高分子を堆積させた作用電極上の前記導電性高分子における酵素反応に基づく、前記導電性高分子上での電流値の変化を検出する電流値検出ステップと、
前記導電性高分子における抗原抗体反応に基づく、前記作用電極により反射される光の反射率の変化を検出する反射率検出ステップと、
を実行させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016548838thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close