Top > Search of Japanese Patents > DIAGNOSTIC SYSTEM, DIAGNOSTIC METHOD, AND DIAGNOSTIC PROGRAM

DIAGNOSTIC SYSTEM, DIAGNOSTIC METHOD, AND DIAGNOSTIC PROGRAM

Patent code P170014611
File No. S2016-0390-N0
Posted date Oct 4, 2017
Application number P2016-036988
Publication number P2017-156402A
Date of filing Feb 29, 2016
Date of publication of application Sep 7, 2017
Inventor
  • (In Japanese)荒牧 英治
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
Title DIAGNOSTIC SYSTEM, DIAGNOSTIC METHOD, AND DIAGNOSTIC PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To simply and accurately determine whether a person may suffer from disease that appears in a speech without depending on the speech.
SOLUTION: A sound collection section 101 collects voice that a person uttered. A voice recognition section 201 performs voice recognition processing to voice data uttered by the person to convert it to text data. A compression section 301 performs reversible compression of the text data transmitted from a voice recognition server 200. A compressibility ratio calculation section 302 calculates a compressibility ratio of the text data compressed by the compression section 301. A determination section 303 determines that a person to be diagnosed may suffers from dementia or not when the compressibility ratio calculated by the compressibility ratio calculation section 302 is larger than a prescribed threshold value.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


認知症患者は、症状が進行するにつれて、使用できる単語数が減少傾向へ向かうので、認知症は言語能力と相関があることが知られている。ここで、言語能力の測定は、肉体的侵襲がないため、認知症を早期に発見する手法として注目されている。



また、早期に認知症を発見する手法として、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)や、Me-CDTが知られており、これらの手法を用いて認知症の疑いのある高齢者と健常高齢者との発話の傾向及び特徴を抽出する研究も報告されている(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、言語に症状が現れる疾患を診断する診断装置等に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
言語に症状が現れる疾患を診断する診断装置であって、
人物の発話内容又は前記人物が書き起こした文書を示すテキストデータを取得する取得部と、
前記取得部により取得されたテキストデータを可逆圧縮する圧縮部と、
前記圧縮部により可逆圧縮されたテキストデータの圧縮率を算出する圧縮率算出部と、
前記圧縮率算出部により算出された圧縮率に基づいて、前記人物が前記疾患の疑いを持つか否かを判定する判定部とを備える診断装置。

【請求項2】
 
前記人物が発話した音声を収音する収音部と、
前記収音された音声を音声認識することで、前記収音した音声を前記テキストデータに変換し、前記取得部に出力する音声認識部とを更に備える請求項1記載の診断装置。

【請求項3】
 
前記取得部は、前記人物の発話内容が記載された文書又は前記人物が書き起こした文書をテキスト認識することで前記テキストデータを取得する請求項1又は2記載の診断装置。

【請求項4】
 
前記判定部は、前記圧縮率が所定の閾値より高い場合、前記人物は前記疾患を持つと判定する請求項1~3のいずれかに記載の診断装置。

【請求項5】
 
前記判定部は、前記圧縮率が高くなるにつれて前記疾患の度合いが高いと判定する請求項1~4のいずれかに記載の診断装置。

【請求項6】
 
前記疾患は、認知症、脳疾患、及び精神障害を含む請求項1~5のいずれかに記載の診断装置。

【請求項7】
 
言語に症状が現れる疾患を診断する診断方法であって、
前記人物の発話内容又は前記人物が書き起こした文書を示すテキストデータを取得し、
前記取得したテキストデータを可逆圧縮し、
前記可逆圧縮されたテキストデータの圧縮率を算出し、
前記算出された圧縮率に基づいて、前記人物が前記疾患の疑いを持つか否かを判定する診断方法。

【請求項8】
 
言語に症状が現れる疾患を診断するための診断プログラムであって、
コンピュータを請求項1~6のいずれかに記載の診断装置が備える各部として機能させる診断プログラム。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016036988thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close