Top > Search of Japanese Patents > ANALYSIS METHOD AND ANALYZER

ANALYSIS METHOD AND ANALYZER UPDATE_EN

Patent code P170014646
File No. S2016-0579-N0
Posted date Oct 24, 2017
Application number P2016-062825
Publication number P2017-173281A
Patent number P6716087
Date of filing Mar 25, 2016
Date of publication of application Sep 28, 2017
Date of registration Jun 12, 2020
Inventor
  • (In Japanese)北村 進一
  • (In Japanese)小谷口 美也子
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪
Title ANALYSIS METHOD AND ANALYZER UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an analysis method for which detection sensitivity and detection accuracy have been heightened by reducing overlaps of detection peaks in multi-dimensional chromatography.
SOLUTION: Provided is an analyzer comprising a first separation column 1, a second separation column 2, a trap column 3, a first channel 10 connecting the first separation column 1 and the trap column 3, a second channel 11 for connecting the trap column 3 and the second separation column 2, and a selector valve 3 for switching between the connection of the first channel 10 and the connection of the second channel 11. When the connection of the second channel 11 is selected, a second liquid sending pump 6 of a second phase for sending out a component captured in the trap column 3 is connected to the side of the trap column 3 opposite the connection side to which the first channel 10 is connected, sending out a second movement phase in a direction opposite the moving phase sending-out direction when components are captured in the trap column 3 and moving the captured component to the second separation column 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リン脂質は構造中にリン酸エステル部位を有する脂質の1種であり、グリセリンを骨格とするグリセロリン脂質と、スフィンゴシンを骨格とするスフィンゴリン脂質とに大別される。前者のグリセロリン脂質は、グリセリンに脂肪酸とリン酸が結合し、さらにリン酸にアルコールがエステル結合した構造を有する。グリセロリン脂質を構成する脂肪酸はグリセリンの1位及び2位に結合するために、脂肪酸の種類やリン酸に結合するアルコールの種類や結合位置を考慮したグリセロリン脂質の分子種は非常に多岐にわたる。

このように多岐にわたる脂質の分子種を分離分析する方法としては、種々の試料から脂質画分を抽出した後、得られた脂質画分について例えば液体クロマトグラフィなどの分析手法を用いて分離分析することが一般的である。

ところで、試料中に含まれている成分を分析するための方法として、2つの分離カラムとトラップカラムを用いて、第1の分離カラムから溶出された成分をトラップカラムに捕捉させた後、捕捉させた成分をさらに第2の分離カラムで分離する2次元クロマトグラフィが知られている。この方法では、第1の分離カラムと第2の分離カラムにはそれぞれ特性の異なる分離カラムが用いられ、それぞれの分離カラムにおいてそれぞれ特性の異なる移動相(溶離液)が用いられる。例えば、試料中の脂質を分離分析する場合、まず第1の分離カラムで脂質を順相クロマトグラフィにて各脂質画分(例えば、トリグリセライド画分、フォスファチジルエタノールアミン画分、フォスファチジルコリン画分、飽和脂肪酸画分など)に分離して、各画分ごとにトラップカラムに捕捉させる。その後、捕捉した脂質画分を第2の分離カラムで逆相クロマトグラフィにて分析することが多い。これまでに、こうした複数の分離カラムと1又は2以上のトラップカラムを備えた多次元のクロマトグラフ装置が数々と提案されている(例えば特許文献1や特許文献2参照)。これらの装置においては、トラップカラムには、第1の分離カラムが接続された接続側に第2の分離カラムが接続される。従って、捕捉された成分を第2の分離カラムで分離させる際、トラップカラムには、第1の分離カラムからトラップカラムへの供給方向と同じ方向に第2の分離カラムで使用される移動相が供給され、捕捉された成分がトラップカラムから第2の分離カラムに送り出される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は分析方法及び分析装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の分離カラムと、
第2の分離カラムと、
トラップカラムと、
前記第1の分離カラムと前記トラップカラムを接続する第1の流路と、
前記トラップカラムと前記第2の分離カラムを接続する第2の流路と、
前記第1の流路の接続と前記第2の流路の接続を切り替える唯一の切替手段と、
を備え、
前記第2の流路の接続が選択された際、前記第1の流路が接続される前記トラップカラムの接続側と反対側に、前記トラップカラムに保持された成分を送り出す移動相の供給装置が接続される分析装置を用いて分離分析を行う方法であって、
前記第1の分離カラムを用いた順相クロマトグラフィにより分離したリン脂質を前記トラップカラムに捕捉させた後、当該トラップカラムから、前記順相クロマトグラフィにおける移動相の送出方向と逆方向に移動相を送出して溶出させたリン脂質を前記第2の分離カラムを用いた逆相クロマトグラフィで分離分析する方法。

【請求項2】
 
2つの分離カラムを用いた脂質の2次元クロマトグラフィによる分析方法であって、第1の分離カラムで脂質を各脂質画分に分離した後に、所望する脂質画分をトラップカラムに捕捉し、次いでトラップカラムから溶出した前記脂質画分を第2の分離カラムで分子種分析を行うことを特徴とする請求項1に記載の分析方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016062825thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close