TOP > 国内特許検索 > アモルファスカーボンの製造方法及びアモルファスカーボン

アモルファスカーボンの製造方法及びアモルファスカーボン

国内特許コード P170014653
整理番号 H28-028
掲載日 2017年10月30日
出願番号 特願2016-183910
公開番号 特開2018-048368
出願日 平成28年9月21日(2016.9.21)
公開日 平成30年3月29日(2018.3.29)
発明者
  • 本多 謙介
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 アモルファスカーボンの製造方法及びアモルファスカーボン
発明の概要 【課題】本発明の課題は、酸素還元反応の活性が高く、耐久性の高い触媒材料を提供することにある。
【解決手段】特定の構造を有するニトリル、アミド及びアミンである第1の化合物と、環内に窒素原子を1個又は2個以上含む複素環式化合物である第2の化合物とを含む原料ガスを反応容器内に導入し、前記原料ガスを前記反応容器内で反応させて、窒素を含有するアモルファスカーボンを反応容器内に設置した基板上に堆積させることを特徴とする窒素を含有するアモルファスカーボンの製造方法。
【選択図】図5
従来技術、競合技術の概要


現在、高活性かつ低コストな光・電気化学触媒材料の開発は、エネルギー問題や環境問題の進展に伴い急務となっている。例えば、酸素と水素を使用し生成物が水だけであるため、クリーンな発電装置として期待されている固体高分子燃料電池(PFFC)では、一般的に白金が触媒として使われている。しかし、白金表面での酸素還元反応速度(O+4H+4e→2HO)は比較的低いため、多量の白金触媒が必要となる。燃料電池自動車を例にとると1台あたり100gの白金が必要とされ、これは、コストが高く経済的な面及び資源的な面からみて現実的な値ではなく、固体高分子燃料電池の実用化に向けての大きな障害となっている。また、白金は有機物などによって被毒されてしまい、電極として利用した場合に反応性の低下が起こり長期作動信頼性にも問題がある。そこで、白金を使用しない触媒の開発が望まれている。



そのため、炭素粒子に白金を担持した触媒が提案されているが、これは白金を使用することにかわりはなく大きなコスト低下は期待できない。また、炭素材料そのものを触媒として使用することも検討され、グラフェンのエッジにキノリジニウム構造を導入した材料が報告されている(非特許文献1)。しかし、グラフェンやグラフェンが積層したグラファイトでは、エッジの数が少なく、酸素還元反応の反応点となるキノリジニウム構造を多く導入することができない。また、グラファイトは層間が酸化され剥離するため、長時間の使用に対する耐久性が低い等の問題がある。一方、ダイヤモンドライクカーボンに窒素を添加して導電性を付与することが提案されているが(非特許文献2、特許文献1)、得られるダイヤモンドライクカーボンの酸素還元反応性は低く、触媒として使用することは難しかった。

産業上の利用分野


窒素を含有するアモルファスカーボンの製造方法、該製造方法により得られるアモルファスカーボン、及び該アモルファスカーボンを含む触媒等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
式(I)、(II)又は(III)で表される第1の化合物と、環内に窒素原子を1個又は2個以上含む複素環式化合物である第2の化合物とを含む原料ガスを反応容器内に導入し、前記原料ガスを前記反応容器内で反応させて、窒素を含有するアモルファスカーボンを反応容器内に設置した基板上に堆積させることを特徴とする窒素を含有するアモルファスカーボンの製造方法。
【化1】


【化2】


【化3】


(式(I)~(III)中、R、R、R、R、R、R及びRは、H又は置換基を有してもよいアルキル基を表し、それぞれの式中で同一でも異なっていてもよい。)

【請求項2】
原料ガスをプラズマ化させることを特徴とする請求項1記載のアモルファスカーボンの製造方法。

【請求項3】
第2の化合物が、六員環からなる単環式芳香族化合物又は2個若しくは3個の六員環の縮合環からなる二環式若しくは三環式芳香族化合物であることを特徴とする請求項1又は2記載のアモルファスカーボンの製造方法。

【請求項4】
第2の化合物が、ピリジン、ピラジン及びトリアジンからなる群から選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載のアモルファスカーボンの製造方法。

【請求項5】
式(I)、(II)又は(III)で表される第1の化合物と、環内に窒素原子を1個又は2個以上含む複素環式化合物である第2の化合物とを含む原料ガスを反応容器内に導入し、前記原料ガスを反応容器内でプラズマ化して反応させ、反応容器内に設置した基板上に堆積させて得られる窒素を含有するアモルファスカーボン。
【化4】


【化5】


【化6】


(式(I)~(III)中、R、R、R、R、R、R及びRは、H又は置換基を有してもよいアルキル基を表し、それぞれの式中で同一でも異なっていてもよい。)

【請求項6】
キノリジニウム構造を有し、対流ボルタンメトリー測定から算出される酸素還元反応に対する反応電子数が1.5以上であることを特徴とする窒素を含有するアモルファスカーボン。

【請求項7】
請求項5又は6記載の窒素を含有するアモルファスカーボンを含む触媒。

【請求項8】
キノリジニウム構造を有するアモルファスカーボン酸素還元触媒。

【請求項9】
請求項7又は8記載の触媒を備える電極。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016183910thum.jpg
出願権利状態 公開
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close