Top > Search of Japanese Patents > PHOTOCATALYST AND PRODUCTION METHOD OF PHOTOCATALYST

PHOTOCATALYST AND PRODUCTION METHOD OF PHOTOCATALYST

Patent code P170014668
File No. S2016-0652-N0
Posted date Nov 14, 2017
Application number P2016-078680
Publication number P2017-189718A
Date of filing Apr 11, 2016
Date of publication of application Oct 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)中里 勉
  • (In Japanese)岩田 大樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title PHOTOCATALYST AND PRODUCTION METHOD OF PHOTOCATALYST
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photocatalyst of which the photocatalytic activity can be more easily improved, and a production method of the photocatalyst.
SOLUTION: The photocatalyst contains titanium- substituted hydroxyapatite and calcium sulfate dihydrate. In this case, the photocatalyst may contain 0.5 to 1.3 pts.mass of the calcium sulfate dihydrate based on 1 pts.mass of the titanium-substituted hydroxyapatite. The photocatalyst may contain 1 pts.mass of the calcium sulfate dihydrate based on 1 pts.mass of the titanium-substituted hydroxyapatite.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

水酸アパタイト(以下、単に「HAp」とする)は、Ca10(PO46(OH)2で示されるリン酸カルシウム化合物である。近年、HApを利用した光触媒の研究が行われている。例えば、特許文献1には、HAp中の一部のCa2+イオンをTi4+イオンに置換したチタン置換水酸アパタイト(以下、単に「TiHAp」とする)が光触媒として機能することが開示されている。光触媒にHApを用いる利点として、光触媒が有機物に対して高い吸着能を持つこと、表面を不活性化して医療に利用できること、及び光触媒反応の影響を受けやすい材料と複合利用が可能であること等が挙げられる。

TiHApは、吸着質であるHAp自体が光触媒であるため、吸着した物質のほとんどを分解することができる。上記のTiHApの特性から空気清浄機のフィルター、抗菌まな板及びウイルス対策のマスク等の用途が期待されている。

TiHApの用途の拡大が期待されるとともに、TiHApによる光触媒のさらなる高性能化が望まれている。TiHApの高性能化の例として、特許文献2では、TiHApに亜鉛又はゲルマニウムがドープされた光触媒が開示されている。当該光触媒は、可視光を含む光に対しても吸収性を示し、広帯域の光に対して光触媒活性を有する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光触媒及び光触媒の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
チタン置換水酸アパタイトと、
硫酸カルシウム二水和物と、
を含む、光触媒。

【請求項2】
 
前記チタン置換水酸アパタイト1質量部に対する前記硫酸カルシウム二水和物の質量部が、
0.5~1.3である、
請求項1に記載の光触媒。

【請求項3】
 
前記チタン置換水酸アパタイト1質量部に対する前記硫酸カルシウム二水和物の質量部が、
1である、
請求項2に記載の光触媒。

【請求項4】
 
チタン置換水酸アパタイトと硫酸カルシウム二水和物とを混合する混合ステップを含む、
光触媒の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016078680thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close