Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING FOAM

METHOD FOR PRODUCING FOAM

Patent code P170014688
File No. S2016-0714-N0
Posted date Nov 28, 2017
Application number P2016-090447
Publication number P2017-197827A
Date of filing Apr 28, 2016
Date of publication of application Nov 2, 2017
Inventor
  • (In Japanese)半谷 禎彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title METHOD FOR PRODUCING FOAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a foam that makes it possible to increase the size of a foam and make a precursor foam at various places.
SOLUTION: The present invention provides a method in which a precursor 12 containing a foaming agent inside a base material is brought into contact with a metal plate 11, heat is generated by friction using a frictional agitation tool 13 with respect to the metal plate 11, the generated heat is conducted by the metal plate 11, and the precursor 12 is made to foam, so that a foam 14 having pores inside the base material is produced.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

金属や樹脂等を発泡させた発泡体は、内部に気孔を有することにより、軽量化や衝撃吸収性の付与が可能になることから、様々な用途に使用することが考えられている。

発泡体のうち、金属から成る発泡金属は、例えば、プリカーサ法により製造することができる。このプリカーサ法は、母材である金属中に発泡剤を混合して前駆体を作製し、この前駆体を加熱して発泡させる方法である。
プリカーサ用の前駆体を作製する方法としては、母材粉末と発泡剤粉末とを混合した混合粉末を熱間押出や熱間圧延等で固化させる粉末冶金法や、母材の板材に発泡剤を挟んで圧延して板材を接合する圧延接合法がある。

しかしながら、粉末冶金法や圧延接合法は、生産性が低いことや、エネルギー消費が大きいこと等の問題がある。
そこで、母材の間に発泡剤を配置して、高速回転したツールにより摩擦攪拌を行うことにより、母材と発泡剤を混合して前駆体を作製する方法が提案されている(例えば、特許文献1、特許文献2を参照。)。
この方法によれば、粉末冶金法や圧延接合法と比較して、生産性を向上させることや、エネルギー消費を低減させることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、母材の内部に気孔を有する発泡体を製造することができる、発泡体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
母材の内部に気孔を有する発泡体を製造する方法であって、
前記母材の内部に発泡剤を含有する前駆体に、金属板を接触させ、
前記金属板に対する摩擦により熱を発生させ、発生した熱を前記金属板によって伝導させて、前記前駆体を発泡させて発泡体を製造する
発泡体の製造方法。

【請求項2】
 
前記母材に金属を用い、前記金属板に前記母材の金属よりも融点の高い金属を用いて、前記発泡体として発泡金属を製造する請求項1に記載の発泡体の製造方法。

【請求項3】
 
前記母材に樹脂を用いて、前記発泡体として発泡樹脂を製造する請求項1に記載の発泡体の製造方法。

【請求項4】
 
前記金属板に設けられた孔の内部に前記前駆体を入れて、前記孔以外の部分の前記金属板に対して前記摩擦を行う請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の発泡体の製造方法。

【請求項5】
 
前記金属板の表面に前記前駆体を接触させ、前記金属板と前記前駆体が接触している部分の裏面の前記金属板に対して、前記摩擦を行う請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の発泡体の製造方法。

【請求項6】
 
前記前駆体の周囲に、発泡後の前記発泡体の形状を制御する型枠を設けて、前記摩擦を行う請求項1~請求項5のいずれか1項に記載の発泡体の製造方法。

【請求項7】
 
複数枚の板状の前記母材の間に前記発泡剤を挟んで摩擦攪拌を行うことにより、前記母材と前記発泡剤を混合して前記前駆体を作製し、作製した前記前駆体を前記金属板に接触させる、請求項1又は請求項2に記載の発泡体の製造方法。

【請求項8】
 
前記金属板と他の金属板を使用して、前記金属板と前記他の金属板を摩擦により接合させると同時に前記前駆体を発泡させる、請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の発泡体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016090447thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close