Top > Search of Japanese Patents > COLORECTAL CANCER MARKER

COLORECTAL CANCER MARKER

Patent code P170014690
File No. S2016-0684-N0
Posted date Nov 28, 2017
Application number P2016-088419
Publication number P2017-198509A
Date of filing Apr 26, 2016
Date of publication of application Nov 2, 2017
Inventor
  • (In Japanese)多賀 淳
  • (In Japanese)山本 哲志
  • (In Japanese)内藤 善哉
  • (In Japanese)工藤 光洋
Applicant
  • (In Japanese)学校法人近畿大学
  • (In Japanese)学校法人日本医科大学
Title COLORECTAL CANCER MARKER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a marker that enables accurate detection of colorectal cancer cells.
SOLUTION: A colorectal cancer marker comprised of aldolase A is strongly expressed in colorectal cancer cells, and is also secreted out of normal cells but not out of colorectal cancer cells. Thus, the present invention provides a method of collecting data that acts as an indicator for determining the presence of colorectal cancer cells from deviation in the amount of aldolase A from a reference amount using a human-derived sample, which involves measuring an actual amount of aldolase A in the sample and determining the presence of colorectal cancer cells when the actual amount is less than the reference amount.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

大腸癌(Colorectal cancer、CRC)は、世界で最も罹患者数の多い癌の一種である。腫瘍が粘膜層に限局している場合は、外科的治療や内視鏡手術により完治させることが可能であるが、患者の多くは、既に進行している状態で発見されている。そのため、早期発見法が必要とされている。現在、癌胎児性抗原(CEA)が大腸癌細胞検出のための血液検査マーカーとして広く用いられているが、早期ステージにおける感受性は、5-10%ほどと非常に低い。

したがって、感受性の高いマーカーが強く求められている。例えば、大腸癌細胞により分泌される新たな候補物質の同定は、早期診断の改善に繋がると考えられる。

ホルマリン固定パラフィン包埋(以下「FFPE」と呼ぶ。)組織は、患者の病歴、治療成績、薬物応答性などの詳細な臨床情報と共に、病院で保存されている。また、FFPE組織は、免疫組織学(IHC)やin situハイブリダイゼーション法を用いた、癌を初めとした様々な疾患の診断や研究に日常的に使用されている。

以前は、FFPE組織はプロテオーム解析を行うための素材としては不適切だと考えられていた。しかし、近年、プロテオーム解析を行うためのFFPE組織からのタンパク質抽出法が開発されたことにより、様々なFFPE組織を用いたプロテオーム研究が報告されるようになった。そのため、保管されているFFPE組織は、新たなバイオマーカーを探索するための有用な素材になったといえる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は大腸癌を精度よく検出できる可能性を有する大腸癌マーカーと大腸癌細胞の存在を判定する指針となるデータの収集方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヒト由来の試料を用いて、アルドラーゼAの基準量からの変化で大腸癌細胞の存在を判定するための指標となるデータ収集方法であって、前記アルドラーゼAの前記試料中の実量を測定し、前記実量が基準量より低い場合は大腸癌細胞が存在すると判定される、前記データを収集する方法。

【請求項2】
 
ヒト被検体由来の試料中のアルドラーゼAの実量を分析する工程と、
前記アルドラーゼAの実量を基準量と比較する工程とを有し、前記実量が前記基準量より低値を指標として前記被検体中の大腸癌細胞を検出する方法。

【請求項3】
 
大腸癌マーカーとしてのアルドラーゼAの生体試料中における実量を測定する工程と、
アルドラーゼAの基準量と、前記実量を比較する工程を含む大腸癌マーカーの分析方法。

【請求項4】
 
アルドラーゼAからなる大腸癌マーカー。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close