Top > Search of Japanese Patents > VENTILATION RESPONSE MEASUREMENT SYSTEM

VENTILATION RESPONSE MEASUREMENT SYSTEM

Patent code P170014709
File No. (S2016-0475-N0)
Posted date Dec 7, 2017
Application number P2017-041152
Publication number P2017-159039A
Date of filing Mar 3, 2017
Date of publication of application Sep 14, 2017
Priority data
  • P2016-042821 (Mar 4, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)水上 勝義
  • (In Japanese)本間 敏明
  • (In Japanese)小泉 充弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
  • (In Japanese)学校法人帝京大学
  • (In Japanese)チェスト株式会社
Title VENTILATION RESPONSE MEASUREMENT SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a ventilation response measurement system capable of selecting a DLB patient with a simple device.
SOLUTION: The ventilation response measurement system includes: a breathing tube; a storage container connectable to the breathing tube and also larger than the breathing tube; an oxygen supply device for supplying oxygen to the storage container; a flow sensor for measuring the flow of breathing; a blood oxygen saturation degree sensor for measuring a blood oxygen saturation degree; an information processing device for storing information on the flow sensor, information on a body surface area, and a threshold; and an output device for outputting a determination result which is different in accordance with a signal from the information processing device. The information processing device calculates a first minute ventilation amount on the basis of the information on the flow sensor in a state without the storage container, calculates a second minute ventilation amount on the basis of the information on the flow sensor in a state with the storage container, and changes the determination result of the output device on the basis of a diagnostic index calculated on the basis of the first minute ventilation amount, the second minute ventilation amount and the body surface area, and the threshold.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

三大認知症として、アルツハイマー型認知症、血管性認知症、及びレビー小体型認知症(Dementia with Lewy Bodies(以下、DLBという))が知られている。DLBの患者においては、呼吸調節機能障害の1つとして高炭酸ガス換気応答(Hypercapnic Ventilatory Response(以下HCVRという))での異常が認められる。例えば非特許文献1に記載されているように、高炭酸ガス換気応答の測定がDLBの診断において有用であることが知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、換気応答測定システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験者の呼吸器に接続される呼吸管と、
前記呼吸管に接続可能であって且つ前記呼吸管の容積よりも大きな容積を有する貯留容器と、
前記貯留容器に酸素を供給する酸素供給装置と、
前記被験者の呼気の流量を測定する流量センサと、
前記被験者の血中酸素飽和度を測定する血中酸素飽和度センサと、
前記流量センサの情報、前記被験者の体表面積の情報、及び所定のしきい値を記憶する情報処理装置と、
前記情報処理装置からの信号に応じて異なる判定結果を出力する出力装置と、
を備え、
前記情報処理装置は、
前記貯留容器が前記呼吸管に接続されていない状態において、前記流量センサから受け取った情報に基づいて第1の分時換気量を演算し、
前記貯留容器が前記呼吸管に接続された状態において、前記流量センサから受け取った情報に基づいて第2の分時換気量を演算し、
前記第1の分時換気量、前記第2の分時換気量及び前記体表面積に基づいて診断指標を演算し、
前記診断指標及び前記しきい値に基づいて前記出力装置に出力させる判定結果を変化させる
換気応答測定システム。

【請求項2】
 
被験者の呼吸器に接続される呼吸管と、
前記呼吸管に接続可能であって且つ前記呼吸管の容積よりも大きな容積を有する貯留容器と、
前記貯留容器に酸素を供給する酸素供給装置と、
前記被験者の呼気の流量を測定する流量センサと、
前記被験者の呼気に含まれる二酸化炭素分圧を測定する二酸化炭素分圧センサと、
前記被験者の血中酸素飽和度を測定する血中酸素飽和度センサと、
前記流量センサの情報、前記二酸化炭素分圧センサの情報、前記被験者の体表面積の情報、及び所定のしきい値を記憶する情報処理装置と、
前記情報処理装置からの信号に応じて異なる判定結果を出力する出力装置と、
を備え、
前記情報処理装置は、
前記貯留容器が前記呼吸管に接続されていない状態において、前記流量センサから受け取った情報に基づいて第1の分時換気量を演算し、且つ前記二酸化炭素分圧センサから受け取った情報に基づいて第1の呼気終末二酸化炭素分圧を演算し、
前記貯留容器が前記呼吸管に接続された状態において、前記流量センサから受け取った情報に基づいて第2の分時換気量を演算し、且つ前記二酸化炭素分圧センサから受け取った情報に基づいて第2の呼気終末二酸化炭素分圧を演算し、
前記第1の分時換気量、前記第2の分時換気量、前記第1の呼気終末二酸化炭素分圧、前記第2の呼気終末二酸化炭素分圧及び前記体表面積に基づいて前記診断指標を演算し、
前記診断指標及び前記しきい値に基づいて前記出力装置に出力させる判定結果を変化させる
換気応答測定システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017041152thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close