Top > Search of Japanese Patents > HEAT-SENSITIVE RESPONSIVE POLYMER COMPOUND, AND SUSTAINED RELEASE BIODEGRADABLE BIOMEDICAL MATERIAL USING COMPOUND

HEAT-SENSITIVE RESPONSIVE POLYMER COMPOUND, AND SUSTAINED RELEASE BIODEGRADABLE BIOMEDICAL MATERIAL USING COMPOUND

Patent code P170014712
File No. S2017-0746-N0
Posted date Dec 12, 2017
Application number P2017-103673
Publication number P2018-199747A
Date of filing May 25, 2017
Date of publication of application Dec 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)網代 広治
  • (In Japanese)川谷 諒
Applicant
  • Nara Institute of Science and Technology
Title HEAT-SENSITIVE RESPONSIVE POLYMER COMPOUND, AND SUSTAINED RELEASE BIODEGRADABLE BIOMEDICAL MATERIAL USING COMPOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat-sensitive responsive polymer that does not induce degradation of heat-sensitive responsiveness even when a structure of the heat-sensitive responsive polymer is modified to control a phase transition temperature.
SOLUTION: A heat-sensitive responsive polymer compound according to the present invention is obtained by introducing an oligoethylene glycol chain in at least a part of N-sites of monomer units constituting an N-vinyl amide-based polymer or an N-vinyl amide-based copolymer and is specifically represented by the following general formula (1). (Chemical Formula 1)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

水溶性(親水性)高分子化合物の中には、温度によって水分子と高分子鎖との相互作用が可逆的に変化するものがある。その一つに、水溶液中の高分子化合物が所定の温度以上になると不溶化して析出し、所定の温度以下になると再び溶解する高分子化合物がある。このような性質は感熱応答性(又は親水性-疎水性熱可逆性)と呼ばれ、薬物送達システム(DDS)の薬物担体や生体内管状組織の閉塞防止剤等の医用材料、温度センサ材料(特許文献4)等、様々な分野での応用が期待されている(特許文献1~4)。

感熱応答性を示す高分子化合物の一つにN-ビニルアミド系ポリマーがある。N-ビニルアミド系ポリマーは側鎖が加水分解しても有毒な低分子アミンを放出せず、環境適合性や生体適合性に優れることから、特に環境分野や医療分野で利用される高分子材料の開発が進められている。

感熱応答性高分子化合物が水溶液中で不溶化する温度、或いは不溶化したものが再び溶解する温度は相転移温度と呼ばれる。高分子材料の利用目的によって該高分子材料に用いられる高分子化合物に要求される相転移温度が異なるため、感熱応答性高分子化合物のモノマーに疎水性モノマーを共重合したり、感熱応答性高分子化合物の側鎖に疎水性基を導入したりすることにより相転移温度を制御することが行われている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ドラッグデリバリーシステムの薬物担体等に用いられる高分子材料として有用な新規な感熱応答性高分子化合物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
N-ビニルアミド系重合体又はN-ビニルアミド系共重合体であって、該重合体又は該共重合体を構成する単量体単位の少なくとも一部のN-位にオリゴエチレングリコール鎖が導入されて成る、感熱応答性高分子化合物。

【請求項2】
 
N-ビニルアミド系重合体又はN-ビニルアミド系共重合体であった、該重合体又は該共重合体を構成する単量体単位の少なくとも一部のN-位にオリゴエチレングリコール鎖を介して炭化水素基(アルキル基)が結合して成る、感熱応答性高分子化合物。

【請求項3】
 
オリゴエチレングリコール鎖が導入されている単量体単位の含有割合が50~100%である、請求項1又は2に記載の感熱応答性高分子化合物。

【請求項4】
 
オリゴエチレングリコール鎖がジエチレングリコール鎖である、請求項1~3のいずれかに記載の感熱応答性高分子化合物。

【請求項5】
 
以下の一般式(1)で表される、請求項1~4のいずれかに記載の感熱応答性高分子化合物。
【化1】
 
(省略)
式中、式中、R1~R6は独立に水素原子又はアルキル基を表し、mは2以上の整数を表す。また、n1、n2は構成単位のモル比を表し、n1:n2=0:100~50:50を満たす。

【請求項6】
 
以下の一般式(2)で表される、請求項5に記載の感熱応答性高分子化合物。
【化2】
 
(省略)

【請求項7】
 
以下の一般式(3)で表される、請求項5に記載の感熱応答性高分子化合物。
【化3】
 
(省略)

【請求項8】
 
以下の式(4)で表される、請求項5に記載の感熱応答性高分子化合物。
【化4】
 
(省略)

【請求項9】
 
請求項1~8のいずれかに記載の感熱応答性高分子化合物を含む徐放性生体分解性医用材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close