Top > Search of Japanese Patents > FLYING ORGANISM DETECTION DEVICE

FLYING ORGANISM DETECTION DEVICE UPDATE_EN

Patent code P170014715
File No. 171
Posted date Dec 14, 2017
Application number P2016-048358
Publication number P2017-161453A
Patent number P6558701
Date of filing Mar 11, 2016
Date of publication of application Sep 14, 2017
Date of registration Jul 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)吉岡 明良
  • (In Japanese)清水 明
  • (In Japanese)小熊 宏之
  • (In Japanese)深澤 圭太
  • (In Japanese)三島 啓雄
  • (In Japanese)熊田 那央
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人国立環境研究所
Title FLYING ORGANISM DETECTION DEVICE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flying organism detection device capable of accurately detecting a flying organism.
SOLUTION: A flying organism detection device 10 for detecting a flying organism comprises; a rod-like member 11; a first light receiving unit 12 provided in a distal end portion of the rod-like member and configured to detect quantity of light made incident on the distal end portion of the rod-like member; light shield member 14 surrounding the first light receiving unit along a circumferential direction of an outer circumferential surface of the rod-like member; a second light receiving unit 13 provided at an intermediate position of the rod-like member and configured to detect quantity of light made incident on the intermediate position; and a determination unit 17 configured to determine whether or not a flying organism is at rest on the distal end portion of the rod-like member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1には、飛翔生物を検出するための飛翔生物検出装置が記載されている。この飛翔生物検出装置は、光を照射する投光部、及び投光部から照射される光の光量を検出する受光部を備えている。投光部から照射される光を飛翔生物が横切ると、飛翔生物によって光が遮られ、受光部により検出される光量が低下する。飛翔生物検出装置は、受光部によって検出された光量の低下に基づいて飛翔生物を検出している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、飛翔生物検出装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
飛翔生物を検出する飛翔生物検出装置であって、
棒状部材と、
前記棒状部材の先端部に設けられ、前記棒状部材の先端部に入射する光量を検出する第1の受光部と、
前記第1の受光部を前記棒状部材の外周面の周方向に沿って囲む遮光部材と、
前記棒状部材において前記第1の受光部から前記棒状部材の基端部側に向かって所定長さ離れた中間位置に設けられ、前記中間位置に入射する光量を検出する第2の受光部と、
前記第1の受光部によって検出された第1の検出値及び前記第2の受光部によって検出された第2の検出値に基づいて、前記飛翔生物が前記棒状部材の先端部に静止しているか否かを判定する判定部と、を備える飛翔生物検出装置。

【請求項2】
 
前記第2の受光部を囲み、透過する光を拡散させる光透過拡散部を更に備える請求項1に記載の飛翔生物検出装置。

【請求項3】
 
前記判定部は、前記第1の検出値と前記第2の検出値との比の変化に基づいて、前記飛翔生物が前記棒状部材の先端部に静止しているか否かを判定する、請求項1又は2に記載の飛翔生物検出装置。

【請求項4】
 
前記第1の検出値の所定の期間の平均値と前記第2の検出値の所定の期間の平均値との比をPeとし、
前記第1の検出値と前記第2の検出値との比をPtとしたときに、
前記判定部は、Peに対してPtが所定値を超えて変化した場合に、前記飛翔生物が前記棒状部材の先端部に静止したと判定する、請求項3に記載の飛翔生物検出装置。

【請求項5】
 
前記判定部は、Peに対してPtが所定値を超えて変化する状態が所定時間以上継続した場合に、前記飛翔生物が前記棒状部材の先端部に静止したと判定する、請求項4に記載の飛翔生物検出装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 2G105AA01
  • 2G105BB17
  • 2G105CC03
  • 2G105DD01
  • 2G105EE02
  • 2G105FF02
  • 2G105FF04
  • 2G105FF12
  • 2G105HH04
  • 2G105KK01
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016048358thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close