Top > Search of Japanese Patents > ZEOLITE SEPARATION MEMBRANE AND PRODUCTION METHOD THEREOF

ZEOLITE SEPARATION MEMBRANE AND PRODUCTION METHOD THEREOF UPDATE_EN

Patent code P170014746
File No. N17009
Posted date Dec 25, 2017
Application number P2017-095333
Publication number P2018-192378A
Date of filing May 12, 2017
Date of publication of application Dec 6, 2018
Inventor
  • (In Japanese)金子 克美
  • (In Japanese)クコバット ラドバン
  • (In Japanese)バエホス ブルゴス フェルナンド エステバン
  • (In Japanese)二村 竜祐
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
  • (In Japanese)株式会社寿通商
Title ZEOLITE SEPARATION MEMBRANE AND PRODUCTION METHOD THEREOF UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a zeolite membrane in which separation action by a pore of a zeolite crystal can be surely used, and a suitable production method of the zeolite membrane.
SOLUTION: According to one embodiment of the present invention, the zeolite separation membrane is provided which is formed by joining zeolite fine crystals together and in which the surfaces of the respective zeolite fine crystals are coated with graphene oxide, and the zeolite fine crystals are closely joined together via the graphene oxide. According to another embodiment, the zeolite separation membrane is provided which is formed by joining the zeolite fine crystals together and in which the surfaces of the respective zeolite fine crystals are coated with graphene, and the zeolite fine crystals are closely joined together via the graphene.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ゼオライトは結晶固有の細孔があり、理想的な分子篩性が期待できる物質である。しかし、一般にゼオライトは粉末結晶として得られ、結晶間クラックのないマクロなゼオライト膜を創製することは多くのノウハウの集積が必要である。
ゼオライト微結晶を用いてマクロなゼオライト膜を作製する方法としては、アルミナ等の多孔質体の支持体上に、シリカとアルミナを出発材料として水熱合成法あるいは気相法等によりゼオライト膜を析出させる方法がある(特許文献1)。また、ゼオライト微結晶を種結晶として支持体上にゼオライト膜を形成する方法も報告されている(特許文献3)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ゼオライト分離膜及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ゼオライト微結晶体が相互に結合してなるゼオライト分離膜であって、
前記各々のゼオライト微結晶体の表面が酸化グラフェンにより被覆され、前記酸化グラフェンを介してゼオライト微結晶体が隙間なく結合されてなることを特徴とするゼオライト分離膜。

【請求項2】
 
ゼオライト微結晶体が相互に結合してなるゼオライト分離膜であって、
前記各々のゼオライト微結晶体の表面がグラフェンにより被覆され、前記グラフェンを介してゼオライト微結晶体が隙間なく結合されてなることを特徴とするゼオライト分離膜。

【請求項3】
 
ゼオライト微結晶体と酸化グラフェンとを水に分散させた分散液を調製する工程と、
前記分散液中でゼオライト微結晶体の表面に酸化グラフェンを被着させ、酸化グラフェンで被覆されたゼオライト微結晶体の分散液を得る工程と、
酸化グラフェンで被覆されたゼオライト微結晶体が分散する分散液から酸化グラフェンで被覆されたゼオライト微結晶体をろ過し、ゼオライト微結晶体の表面を被覆する酸化グラフェンを介してゼオライト微結晶体が隙間なく結合されてなるゼオライト分離膜を得る工程とを備えることを特徴とするゼオライト分離膜の製造方法。

【請求項4】
 
前記酸化グラフェンで被覆されたゼオライト微結晶体の分散液を調製する工程において、
前記分散液を、酸化グラフェンと前記ゼオライト微結晶体とが相互作用し、ゼオライト微結晶体の表面に酸化グラフェンが被着するpH値に調整することを特徴とする請求項3記載のゼオライト分離膜の製造方法。

【請求項5】
 
ゼオライト微結晶体の表面を被覆する酸化グラフェンを介してゼオライト微結晶体が隙間なく結合されてなるゼオライト分離膜を得た後工程として、
前記ゼオライト微結晶体の表面を被覆する酸化グラフェンを還元し、前記ゼオライト微結晶体の表面を被覆するグラフェンを介してゼオライト微結晶体が隙間なく結合されてなるゼオライト分離膜を得る工程を備えることを特徴とする請求項3または4記載のゼオライト分離膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017095333thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close