Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF USEFUL METABOLITE, AND SCREENING METHOD OF METABOLITE PRODUCTION CONDITION

PRODUCTION METHOD OF USEFUL METABOLITE, AND SCREENING METHOD OF METABOLITE PRODUCTION CONDITION commons

Patent code P170014763
File No. L17013
Posted date Dec 25, 2017
Application number P2017-189266
Publication number P2018-057371A
Date of filing Sep 29, 2017
Date of publication of application Apr 12, 2018
Priority data
  • P2016-192235 (Sep 29, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)小嶋 政信
  • (In Japanese)保坂 毅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title PRODUCTION METHOD OF USEFUL METABOLITE, AND SCREENING METHOD OF METABOLITE PRODUCTION CONDITION commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide production methods of useful metabolite which can obtain a useful metabolite different from the case of culturing actinomyces in a dark place, and to provide screening methods of metabolite production conditions which evaluate the effect of light stimulation to actinomyces based on metabolite change or the amount of metabolite change.
SOLUTION: The present invention provides a method for producing useful metabolites comprising a light stimulation culturing step of culturing actinomycetes while applying light stimulation. The invention also provides a screening method of metabolite production conditions comprising in this order the light stimulation culturing step of culturing actinomyces while applying light stimulation, and a metabolite product confirmation step of confirming the actinomyces metabolite. The invention also provides a production method of a useful metabolite further comprising a culturing step of culturing the actinomyces in a dark place before or after the light stimulation culturing step.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

放線菌は真正細菌の一種である。放線菌は動植物における病原菌となることもある一方
で、有用な物質を生産することも広く知られている。当該有用な物質の代表例としては、
抗生物質を挙げることができる。なお、本明細書では、放線菌等の微生物が生産(代謝)
する物質のことを「代謝産物」といい、代謝産物の中でも有用な効果や用途があるものの
ことを「有用代謝産物」という。

放線菌による有用代謝産物の生産は、通常、培地上で放線菌を培養することにより行わ
れる。このとき、培地の組成を調整する、培地に2種類以上の放線菌を植菌する等の方法
により、同じ放線菌から異なる種類の代謝産物が得られることが広く知られている。また
、放線菌に放射線や紫外線を照射することで当該放線菌の遺伝子を変異させ、通常とは異
なる種類の代謝産物を得る試みも広く行われている。

ところで、放線菌のような微生物を培養する際には、暗所で培養することが一般的であ
る。
ここで、菌類の一種である糸状菌については、光刺激を付与しながら培養することで有
用代謝産物を生産する方法が知られている(例えば、特許文献1参照。)。
しかしながら、放線菌については、光刺激を付与しながら培養することで有用代謝産物
を生産する方法については知られていない。また、放線菌については、光刺激を付与しな
がら培養する工程を含む代謝産物のスクリーニング方法についても知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、放線菌に関する有用代謝産物の生産方法及び代謝産物生産条件のスクリーニ
ング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光刺激を付与しながら放線菌を培養する光刺激培養工程を含むことを特徴とする有用代謝産物の生産方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の有用代謝産物の生産方法において、
前記光刺激培養工程の前又は後に、暗所で前記放線菌を培養する暗所培養工程をさらに含むことを特徴とする有用代謝産物の生産方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の有用代謝産物の生産方法において、
前記有用代謝産物は、抗生物質であることを特徴とする有用代謝産物の生産方法。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の有用代謝産物の生産方法において、
前記光刺激培養工程では、前記光刺激の光量子束密度が5μmolm-2s-1以上である条件で前記放線菌を培養することを特徴とする有用代謝産物の生産方法。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれかに記載の有用代謝産物の生産方法において、
前記放線菌は、Streptomyces coelicolor、Streptomyces griseus、Streptomyces parvulusのいずれかであることを特徴とする有用代謝産物の生産方法。

【請求項6】
 
光刺激を付与しながら放線菌を培養する光刺激培養工程と、
前記放線菌の代謝産物を確認する代謝産物確認工程とをこの順序で含むことを特徴とする代謝産物生産条件のスクリーニング方法。

【請求項7】
 
請求項6に記載の代謝産物生産条件のスクリーニング方法において、
前記光刺激培養工程では、複数のサンプルにそれぞれ異なる波長の光による前記光刺激を付与することを特徴とする代謝産物生産条件のスクリーニング方法。

【請求項8】
 
請求項6又は7に記載の代謝産物生産条件のスクリーニング方法において、
前記光刺激培養工程の前又は後かつ前記代謝産物確認工程の前に、暗所で前記放線菌を培養する暗所培養工程をさらに含むことを特徴とする代謝産物生産条件のスクリーニング方法。

【請求項9】
 
請求項6~8のいずれかに記載の代謝産物生産条件のスクリーニング方法において、
前記代謝産物確認工程では、暗所培養による場合と光刺激を付与する培養による場合での代謝産物の生産量の増減を比較して、放線菌の代謝産物を確認することを特徴とする代謝産物生産条件のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017189266thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close